マジで来年発売…! トヨタとスバル共同開発の新SUVは新ブランドのフラッグシップ!!


 2021年4月19日、上海モーターショーのプレスデーに合わせて、トヨタは電動フルラインアップ化の一環として、新EVシリーズ「TOYOTA bZ(ビーズィー)」を発表。今後、このシリーズモデルを少なくとも2025年までに7車種導入していくことを発表しました(トヨタ全体では2025年までにEVを15車種発表する)。

 そのプロジェクトに先立ち、bZシリーズ第一弾としてコンセプトモデル「TOYOTA bZ4X」を公開。なんと2022年の年央(夏頃)までにグローバルで販売するという。本稿ではこの新型SUVの概要を解説します。

文/ベストカーWeb編集部 写真/トヨタ

【画像ギャラリー】う…美しい…これがトヨタ+スバルの新フラッグシップSUVか!!(画像13枚)

■「2022年年央までに販売開始」と明言

 中国・上海で開催された2021年上海モーターショー(第19回上海国際自動車工業展覧会、プレスデー:4月19日~20日 トレードデー:4月21日~23日 一般公開日:4月24日~28日)にて、トヨタが新ブランド「bZ」を発表。そのブランド車の第一弾となる(市販前提の)コンセプトカーが発表された。

「TOYOTA bZ4X」である。

トヨタが上海ショーで発表したコンセプトカー「bZ4X」。クーペSUVで、ハリアーとRAV4の「いいとこどり」をしたようなデザイン。Dセグメントセダンなみの室内空間を持つ、純EVであるとのこと

 このモデルは(86/BRZと同じく)スバルとの共同開発車であり、トヨタの電動化技術とスバルのAWD技術が組み込まれている。

 さまざまな注目点があるが、特に気になるのは2つ。

 ひとつめは公式発表として「TOYOTA bZ4Xは、日本と中国での生産を予定しており、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画」と明言されているところ。

 トヨタとスバルが共同で新型SUVを開発している…という情報は当編集部でもキャッチしていたが、それがEVで、しかも来年の中頃に発売する(「発表」ではなく「販売開始」)という予想を超える急ピッチだったとは驚きだ。

なんと来年(2022年)8月頃までにはグローバルで販売するとのこと。ということは、今秋の東京モーターショーには市販型の展示もありうるということか

【画像ギャラリー】う…美しい…これがトヨタ+スバルの新フラッグシップSUVか!!(画像13枚)

■「Dセグメントセダン並みの室内」の意味

 ふたつめの注目点はこのコンセプトカーの特徴を(これも公式から)「Dセグメントセダン並みの室内空間」と表現しているところ。

 今回の上海ショーで公開された「bZ4X」はあくまでコンセプトカーであり、このデザインがどこまで市販モデルに反映されるかはまだ不明だが、それでも特徴的な内装とサイズ感は継承されるだろう。

左ハンドルのインパネが公開。なにより特徴的なのが、インパネとヘッドアップディスプレイの視認性を極限まで上げるために採用された異形ステアリング。「持ち替え」の必要はない、ということか

 特に気になる異形ステアリングや未来的なインパネは、どこまで市販型に受け継がれるか、注目したい。

 トヨタとしては、低迷するDセグメントセダンカテゴリー(クラウンなど)の代替需要としてSUVラインアップを拡充しており、このbZ4Xもそうした需要を見込む新型車として投入されることになる。日本市場だけ見れば「電動化を進めたいのであれば、アルファードのEVを出せばいいのでは…?」と考えてしまうが、アメリカ、中国、欧州、東南アジアと、グローバル需要を考えるとSUV一択だったのだなと考えられる。

2列5人乗りシートを示す内装も公開。市販が近いことがわかる

次ページは : ■スバルだけでなくスズキやダイハツとも連携!??