新型ランクル300に1000万円のGR-S新設定&レクサスLX 最新情報をお届け


新型レクサスLXはどうなる?

1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
現行レクサスLX570。新型の車名はLX600となる見込み。ランクル300とどう差別化するのか楽しみだ

 一方、兄弟車のレクサスLXはランドクルーザー300のプラットフォームを使い、さらなるハイクオリティな仕立てになるのは間違いない。

 パワーユニットは現行モデルの5.7L、V8ガソリンから、3.5L、V6ツインターボのLX600に加え、3L、V6ディーゼルのLX500d、さらにランドクルーザー300と差別を図るため、LS500hに搭載されている3.5L、V6NAガソリンのマルチステージハイブリッドシステムが搭載される可能性もある。

 新型LX600の価格は約100万円アップの1250万円程度の設定になりそうだ。2021年10月頃に価格を決めて先行予約の受付をスタートさせる見込みである。

証言1:首都圏トヨタ店営業関係者

 「ランドクルーザー300は当初5月のゴールデンウイーク明け頃の発表、発売を予定していましたが、コロナ禍や半導体製品の供給不足問題で、8月上旬にずれ込みました。

 現時点ではメーカーから第1弾としてアウトラインを記載した簡単な概要が専用WEBサイトを通じて送られてきています。それによると発表、発売は8月上旬で、8月下旬が販売店向けの発表展示会となっています。

 これまでの新型車投入のスケジュールから予想すると6月下旬~7月上旬あたりに価格が決まり、事前の先行予約の開始になると思われます。

 新開発の3.5L、V6ターボ、3.3L、V6ツインターボクリーンディーゼル、安全、安心装備の充実、クオリティアップで50万~100万円の値上げになりそうです。

次ページは : 証言2:首都圏首都圏レクサス店営業関係者