ヤリスが2020年度販売台数で覇者N-BOXを逆転した最大の要因は?


 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表している2020年度(2020年4月~2021年3月)の通称名別新車販売台数で、トヨタ『ヤリス(ヤリス+ヤリスクロス)』がホンダ『N-BOX』をついに逆転した。

 N-BOXは19万7900台、ヤリスは20万2652台でその差は4752台。ヤリスは単独ではなく、ヤリスファミリーである『ヤリスクロス』を含めての結果で、分割してみるとヤリスクロスの好調さが要因と考えられる。

 ヤリス&ヤリスクロスは、N-BOXだけでなく、ほかのコンパクトカーに比べた際の強みとは何なのか? また販売台数ランキングで知っておきたいカラクリについて分析していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】合算とはいえ実力は文句なし! ヤリス&ヤリスクロスを徹底チェック!


■「ヤリスの販売台数」はヤリスだけの数字ではない

 2020年度(2020年4月から2021年3月)における軽自動車/小型車/普通車の新車販売台数ランキングを見ると、トヨタ『ヤリス』が20万2652台を登録して総合1位になった。2位は軽自動車のホンダ『N-BOX』で、19万7900台を届け出している。

 過去を振り返ると、N-BOXは2017年度から2019年度まで、連続して軽自動車/小型車/普通車の総合1位であった。この実績を2020年度にはヤリスに譲った。

 ただし20万台を超えたヤリスの登録台数には、SUVの『ヤリスクロス』と、スポーツモデルの『GRヤリス』も含まれる。「ヤリスシリーズ」の合計台数だ。

軽快な走りとWLTC燃費35km/L超え(HV車)を強みに持つ『ヤリス』&それよりひと回り大きく、使い勝手とのバランスがいい『ヤリスクロス』
ラリー競技を意識し、1.6Lターボ+4駆で武装した『GRヤリス』

 一般的な認識として、ヤリスとヤリスクロスは別の車種になる。購入時にライバル車と比べる場合も、ヤリスの相手はホンダ『フィット』や日産『ノート』だ。ヤリスクロスはコンパクトSUVだから、競争相手はホンダ『ヴェゼル』や日産『キックス』になる。

 登録台数を毎月公表しているのは、日本自動車販売協会連合会で、ヤリスのような例はほかにも見られる。トヨタ『カローラ』の登録台数には、セダン/ツーリング/スポーツに加えて、継続生産車になる『カローラアクシオ/フィールダー』も含まれる。トヨタ『プリウス』には、『PHV』や生産を終えた先代型がベースの『α』も含まれた。スバル『インプレッサ』の登録台数には『XV』も入っている。

 また軽自動車の届け出台数を集計するのは全国軽自動車協会連合会だが、ダイハツ『ムーヴ』には『ムーヴキャンバス』、スズキ『アルト』には『アルトラパン』が含まれる。ダイハツ『ミラ』は『ミライース』と『ミラトコット』の合計だ。

 本来自動車業界では、車両の銘柄は型式で表記される。前述の登録台数や届け出台数は「通称名」に位置付けられ、型式と違って厳密な定義はない。

 それでもクルマを買う時に、公表される販売実績を参考にするのだから、ユーザーの視線に沿った数値であるべきだ。そこでトヨタに2020年度のヤリスシリーズの登録台数を尋ねると、以下のとおりであった。

●2020年度:2020年4月から2021年3月/ヤリスシリーズ登録台数
・ヤリス(2020年2月発売):13万1110台
・ヤリスクロス(2020年8月発売):6万4550台
・GRヤリス(2020年9月発売):7000台

 上記のように登録台数は、主にヤリスとヤリスクロスで分散された。N-BOXの届け出台数は19万7900台、スズキ『スペーシア』は14万5319台だから、正確にはヤリスは1位ではない。

■ヤリスとヤリスクロス、それぞれ堅調に売れている

 またヤリスクロスの発売は2020年8月だから、販売されていた期間が短い。2020年度の登録台数には、ヤリスクロスの本来の人気度は反映されていない。そこで直近となる2021年1~3月の1カ月平均登録台数を算出すると、以下のようになった。

●2020年1月から3月/1カ月平均の登録・届け出台数
[1]N-BOX:2万708台
[2]スペーシア:1万5967台
[3]タント:1万4245台
[4]ルーミー:1万3132台
[5]アルファード:1万1368台
[6]ヤリス:1万820台
[7]ヤリスクロス:1万577台

 以上のように直近3カ月の登録・届け出台数ランキングでは、N-BOXが依然として1位だ。直近3カ月には決算期の3月も含まれるため、1カ月平均の届け出台数が2万台を超えた。

N-BOXやスペーシアは派生機種を含まない数字だ

 2位はスズキ『スペーシア』、3位はダイハツ『タント』だから、上位3車種はすべて全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車だ。これらのスーパーハイトワゴンは、軽乗用車の販売総数の内、約50%を占める。そのために国内販売のトップ3車になった。

 4位には登録車(小型/普通車)が入ったが、ヤリスではなくトヨタ『ルーミー』だ。コンパクトカーだが、全高は1700mmを上まわり、後席側にはスライドドアを装着する。軽自動車のスーパーハイトワゴンに似たボディを備えることで、好調に売れている。

ルーミーはダイハツ『トール』のOEM車両。なので予防安全機能も「スマートアシスト」が搭載される

 以前は同じトヨタに、ルーミーの姉妹車として『タンク』が用意されていたが、トヨタの全店で全車を扱う販売体制に移行したのを受けて廃止された。その結果、需要がルーミーに集中して登録台数を一層増やしている。

 5位はトヨタ『アルファード』だ。売れ筋価格帯が400~550万円に達するLサイズミニバンだが、絶好調に売れている。全店で全車を扱うようになり、トヨタ店やトヨタカローラ店でも売れ行きを増やした。姉妹車の『ヴェルファイア』は今でも用意されるが、アルファードの約10%しか売れていない。全店が全車を扱う体制になり、フロントマスクのデザインの違いが大幅な販売格差に繋がった。

 そしてようやく、6位にヤリス、7位にヤリスクロスが入る。人気車であることに変わりはないが、4位に同じトヨタが手掛けるコンパクトカーのルーミー、5位にもトヨタの高価格車となるアルファードが入ったことを考えると、ヤリスは注目すべき売れ行きではないだろう。

 それでもヤリスクロスは好調と判断される。ヤリスに比べると約30万円高いSUVだが、2021年1~3月には同程度の台数を登録したからだ。

 一方、2020年の前半に絶好調に売れたコンパクトSUVのトヨタ『ライズ』は、ヤリスクロスの登場に伴って登録台数を下げた。ライズは登録車の1位になった時期もあるが、2021年1~3月の1カ月平均は9053台だ。堅調ではあるが以前の勢いは薄れた。

次ページは : ■逆に、あえてバラバラ算出されるノア/ヴォク3姉妹

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ