シエンタが新型へ&新型クラウン予約開始など最新情報続々入荷!!


 2018年は中盤以降も新型クラウンをはじめ、いろいろなニューモデルが登場予定。レクサスは新規モデルを年内に2車種投入し、さらにホンダN-VAN、シエンタの改良など盛りだくさん。

 そのほか売れゆき動向を含め、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が足で稼いだ最新情報をお伝えします!
文:遠藤徹


■シエンタが7月にマイナーチェンジし安全対策強化

 トヨタはシエンタを2018年7月にマイナーチェンジするのを前に、5月いっぱいで従来モデルをオーダーストップする見込みです。

こちらは現行型のトヨタシエンタ。販売好調で3列シート車の中では常にトップクラス
こちらは現行型のトヨタシエンタ。販売好調で3列シート車の中では常にトップクラス

 今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定、安全対策強化などで商品ラインアップを強化します。現行モデルの発売が2015年7月9日であり、3年ぶりのビッグマイナーチェンジとなります。

 外装の主な改良ポイントは、フロント周りのグリルデザインやバンパー形状の変更、LEDヘッドランプの標準装備など。安全運転支援システムである「トヨタセーフティセンスC」は、名称の「C」を外し、最新の歩行者も検知する自動ブレーキへと進化させて安全対策を強化します。

■新型クラウンは5月下旬から予約受付を開始

 6月26日に発表、発売する新型クラウン(15代目)は、発売1カ月前となる5月下旬に価格を決め、事前の予約受付を開始する見通しです。

 扱う全国トヨタ店(一部トヨペット店)での発表展示会は7月第1週末の7~8日両日を予定しています。

 現行モデルは3月26日に生産終了となり、在庫一掃セールに入っていましたが、それも4月いっぱいでほぼ売りつくした状況にあります。

次ページは : ■ランクルプラドの売れゆきが絶好調