シエンタが新型へ&新型クラウン予約開始など最新情報続々入荷!!


■ランクルプラドの売れゆきが絶好調

 ランドクルーザープラドの売れゆきがとても好調に推移しています。この3月の登録台数はランドクルーザーを含めたシリーズ全体では4351台で前年同月に比べ104.3%増と倍増。1〜3月累計は9968台で前年同期比81.2%増の急増ぶりを見せています。3月単月の実績ではマツダのCX-8、CX-3、そしてなんとスズキのクロスビーなど、人気の高いSUVを上回っているほどです。

現行型の登場は2009年のランクルプラド。昨年大きめのマイチェンを実施して以降、販売が絶好調
現行型の登場は2009年のランクルプラド。昨年大きめのマイチェンを実施して以降、販売が絶好調

 その要因として上げられるのは2017年9月のビッグマイナーチェンジによる商品力の大幅な強化です。内外装のデザイン変更に加えて、フロントはヘッドライトをLED化し全車標準装備、安心パッケージ「トヨタセーフティセンス」の標準装備車も設定したことなどが人気を押し上げています。マイナーチェンジ直後はクリーンディーゼル車が約70%を占めていましたが、最近はガソリンと半々となり、ガソリン車も売れ出しています。

 また、SUVは最近のトレンドになっており、この流れに乗って売れている側面もありそうです。

■新型軽商用車N-VANは乗用車的な仕様も存在

 ホンダが7月にも発売予定の新型軽商用車「N-VAN」は乗用車的なモデルも存在することがわかりました。バモス/バモスホビオ、それにN-BOXに以前存在したN-BOX+の後継モデル的存在とも位置づけています。

そろそろホンダ販売店には販売資料が届いており、見込み客には案内が届いているもよう
そろそろホンダ販売店には販売資料が届いており、見込み客には案内が届いているもよう。上記予想CGはノーマルルーフ仕様の「スタイルクール」

 N-VANは3タイプが設定され、そのうちのひとつは純粋な商用車用途ですが、あとのふたつは「乗用車」としての用途も考慮しています。

 グレード名は、商用車用途を想定しているのが「G/L」、乗用車用途を想定している2タイプはハイルーフの「スタイルファン」とロールーフの「スタイルクール」となります。

 いずれも助手席側ドア開口部はセンターピラーレスで嵩物の積載性のよさがウリです。乗用車的仕様は遊び感覚を盛り込み、シートアレンジは4座席フルフラット、助手席フラット、片側フラット、3人掛けなど5つにアレンジが可能になっています。

 パワートレインはG/Lが66OccのNA、スタイル系がNA&ターボが搭載され、FFと4WDが用意されます。

 トランスミッションはCVTとなり、G/Lには6速MTも設定されます。

 また、スタイル系は全車N-BOXと同じ安全パッケージ「ホンダセンシング」を標準装備します。

 なお、このN-VANは月販3000台規模を目指せる戦略モデルとして仕立てられており、メーカー、傘下販売店の期待は大きいといえます。

次ページは : ■レクサスUXは年末発売

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ