ヒュンダイ新型ピックアップ「サンタクルーズ」が超斬新!!! 攻めのクルマ作りを象徴!?


 ここ数年、韓国の現代自動車(ヒュンダイ)の大躍進は、10年ほど前と比較して薄れた感もあったが、2021年に入って再び勢いを感じる新型車を出し始めている。

 本稿では、そんな勢いを象徴する、2021年4月米国発表、今夏発売のミドルピックアップトラック「サンタクルーズ」を紹介したい。

文/永田恵一 写真/Hyundai Motor America

【画像ギャラリー】未掲載写真含む写真30枚!! ヒュンダイ初ピックアップトラック 新型サンタクルーズをみる


乗用SUVベースの今風ピックアップ「サンタクルーズ」

韓国の自動車メーカー ヒュンダイ初のピックアップトラック 新型「サンタクルーズ」が、2021年夏に発売開始(全長4970×全幅1905×全高1694mm)

 日本ではトヨタ ハイラックスが意外な人気車となっているくらいのピックアップトラックだが、世界的に見ると北米を含めドル箱的な存在だけに、ヒュンダイもラインナップに欲しかったモデルなのだろう。

 ヒュンダイとしては初のピックアップトラックとなるサンタクルーズは、成り立ちなどズバリ、ホンダ リッジラインに近いピックアップトラックである。

 というのもピックアップトラックはエンジン縦置きのFR構造にラダーフレームのボディ骨格というヘビーな成り立ちのものが多いなか、サンタクルーズはリッジライン同様のエンジン横置きのFF構造+モノコックボディという乗用SUVベースのピックアップトラックなのだ。

乗用SUVベースのピックアップトラックで、エンジンは、2.5L 4気筒直噴NA(最上級グレードは2.5L 4気筒直噴ターボ)を搭載予定。それぞれFFと電子制御4WDが設定される

 また、サンタクルーズのボディサイズは全長4970mm×全幅1905mm×全高1694mm、ホイールベース3004mmと、全長がリッジラインなどに対し400mm近く短いのも特徴だ。

 サンタクルーズは全長が短いぶん、荷台もリッジラインなどに比べると250mmほど短いが、荷台が全長の差ほど短くないというのはFF化のメリットなのかもしれない。

 サンタクルーズは、従来のピックアップトラックとは一線を画す乗用車的なアグレッシブかつスポーティなエクステリアとなっており、ヒュンダイがサンタクルーズを「スポーツアドベンチャービークル」と呼ぶのもよくわかる。

インテリアもポップな雰囲気を演出

新型サンタクルーズの液晶メーター。スピードメーター、タコメーターをグラフィックで表示する意匠となっている

 インテリアも全体像の写真はないものの、公開されている細部の写真を見ただけでも液晶メーターやモニター内のラジオの周波数の表示など、全体的にポップで楽しげな雰囲気に仕上がっているようだ。

 さらに、サンタクルーズはリアシート下にプラスチックケースとなった収納や荷台に床下収納を備えており、このあたりにもリッジラインの影響を感じる。

 パワートレーンは、アメリカで販売されるミドルピックアップトラックは3.5Lから4LのV6エンジンが主力となっているが、サンタクルーズは標準グレードとなる「SE」と上級グレードの「SEL」が、2.5L 4気筒直噴NA(190馬力以上/24.9kgm以上)+8速ATを採用。

 最上級となる「SELプレミアム」も、2.5L 4気筒直噴ターボ(275馬力以上/42.9kgm以上)+8速DCTの2つで、それぞれにFFと電子制御4WDが設定される。

 2.5Lターボエンジンが、ライバル車のV6エンジンに相当する存在となるのだろうが、特に北米ではV6エンジンがない点がどう評価されるかもちょっと気になるところだ。

 今夏の発売ということもあり、サンタクルーズの価格はまだ発表されていないが、直4エンジンを搭載する点などを生かし、4WDのみで3.5L V6を搭載するリッジラインの3万6490ドル(約399万7000円)からという価格や、2ハイラックスに近いモデルとなるトヨタ タコマのダブルキャブの2万8190ドル(約308万8000円)からに対し、安い価格だと、チャレンジャーながら面白い戦いとなるかもしれない。

次ページは : 趣味性や楽しさも増してきたヒュンダイのクルマ作り

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ