新型ロータス「エミーラ」の全貌 “最後のミドシップエンジン車”が遂にベールを脱いだ! 

内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌

 ロータスカーズが、7月6日(現地時間)、新型車「エミーラ(Emira)」を世界初公開した。このモデルは、同ブランド最後のミドシップエンジンモデルであり、最後の内燃機関搭載スポーツモデルになるという。

文/室井 圭 写真/ロータスカーズ

【画像ギャラリー】内燃機関へのオマージュ!? ロータス”最高で最後のミドシップエンジン車”が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌


美しさと、機能性を兼ね備えたエクステリア デザイン

内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌
エミーラのエクステリアは、エヴァイヤのデザインの特徴を踏襲。
ロータスの真骨頂ともいえる優れたエアロダイナミクスを具現化

 「Eh-meer-ah」と発音されるこの車名は、多くの古代言語で使用され、「司令官」または「リーダー」と訳される。このネーミングには、10年後に迎えるブランドの完全なるEV化という新時代を受け入れる前に、内燃エンジンを備えたロータスをリードするエキサイティングな新しいスポーツカーを世に送り出したいという想いが込められていると同社は説明している。

 「エミーラ」は、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの良さを活かしつつ構築された、ジュニアスーパーカーだ。息をのむような美しい流線形のフォルムは、世界初、フル電動のブリティッシュ ハイパーカー「エヴァイヤ」からインスパイアされたものという。

 実際、エッジをシャープに仕上げたボンネット、後部に向かって次第に引き締まっていくシュリンクラップされたキャビン、リアまわりに切り込まれたアーティスティックシェイプが施されたドアとベントなど、ロータスエヴァイヤのエクステリアデザインが色濃く反映されている。

  ボンネットに組み込まれたベントは、車両の空気の流れを誘導し、エアロダイナミクスを最適化する。また、ドアに切り込まれたアーティスティックシェイプセクションがドアを通してリアホイール前の吸気口に向かって空気の流れを導くことにより、エンジンに効率的に空気を供給することを可能としている。

内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌
ボンネットに組み込まれたベントにより、エンジン冷却が効率化される

AMGと初タッグで開発された直列4気筒2.0リッターターボエンジンに注目!

内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌
0-100km/h加速は4.5秒未満、最高速度は290km/hと、走行性能はジュニアスーパーカーの域を超える

 パワーユニットは、横置きで後輪を駆動となり、エンジンは2種類の設定に。MT車とAT車には、エヴォーラとエキシージに搭載されているトヨタ製V型6気筒3.5リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載。もういっぽうのDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)オートマチック車には、AMG製直列4気筒2.0リッターターボエンジンが搭載される。

 今回初となるAMGとロータスの共同開発にも注目したい。AMGはエミーラプログラムのテクニカルパートナーとして参加し、それにより直列4気筒を搭載するうえでいくつかの基本的な変更が加えられた。たとえば、横置きで後輪駆動を実現するユニットは、エミーラのキャラクターに合わせて、新しいエアインテークシステムと新しいエキゾーストに変更され、DCTと組み合わされている。

 エンジンパフォーマンスに関しては、最高出力は3365~405ps、最大トルクは430Nm(43.8kgm)、そして0-100km/h加速は4.5秒未満、最高速度は290km/hと予告されている。ちなみに、CO2排出量は180g/km以下と、環境にも配慮した設計に。

 ボディサイズは、4412×1895×1225mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2575mm。車両重量に関しては、ロータスによって新開発された軽量の接着アルミニウムシャーシを搭載することで、軽量化が図られている。現在公表されている最軽量目標値は1405kgだ。

内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌
写真は「エヴァイヤ」。エミーラの美しい流線形のフォルムエヴァイヤ譲りであることは一目瞭然だ

次ページは : 「日常使いできる」スポーツカーを目指したインテリアデザイン

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ