北米でインフィニティQX60発表! 次期スカイラインセダンはこのSUVになるのか?


 日産は2021年6月24日に現時点では海外専売となる、3列プレミアムラージSUVであるインフィニティQX60の2代目モデルを発表し、メインマーケットとなる北米では今年後半に発売することを公表した。

 また6月半ばには、日経新聞の「日産がスカイラインを含めたセダン4車種の開発を中止する」という報道に対し、ノートオーラの発表会で星野副社長が「日産はスカイラインを諦めない」という発言をしたことで話題となった。

 このことを考えると現行スカイラインに通じるところもある大きなフロントグリルを持つQX60や、QX60同様に海外専売となっているミドルプレミアムSUVのインフィニティQX50がスカイラインファミリーとして日本に導入されてもいいような感もある。

 という背景もあり、本企画ではQX60を中心にQX50も紹介しながら、2台の日本導入の可能性も考えてみた。

文/永田恵一
写真/日産

【画像ギャラリー】日本未発売の新型インフィニティQX60とQX50を徹底解剖!!


■インフィニティQX60ってどんなクルマ?

2021年6月24日に発表されたインフィニティQX60のデザインはどこか現行スカイラインに通じるところがある。フロントグリルのメッシュは日本の折り紙模様をモチーフにしたもので、細部に日本らしさが表現されている
ボディサイズは全長5034mm×全幅2184mm×全高1770mm。V6、3.5Lエンジンに9速ATが組み合わされる

 QX60は3列ラージプレミアムSUVとして2012年に登場したインフィニティJXを起源に、2014年にインフィニティがSUVの車名をQXに統一した際にQX60に車名を変え、現在に至る。

 2代目QX60も初代モデル同様のエンジン横置きのFFベースのSUVで、その意味ではレクサスRXなどに近いところのあるモデルである。

 2代目QX60のボディサイズは全長5034mm×ドアミラーを含めた全幅2184mm×全高1770mm、ホイールベース2900mmと、やはり日本での使用にはギリギリといったところだ。

 エクステリアはフロンマスクこそ大きなグリルなどインフィニティのSUVらしいものだが、上下方向に薄く、横一直線とされたテールランプなどから、インフィニティの新しいデザインの方向性が感じられる。

ソフトタッチ素材がふんだんに使われた高級感あふれるインテリア。ダッシュボード中央には12.3インチのタッチスクリーンを備える
フロントシートは慶応義塾大学と共同開発したゼログラビティシートを採用。人間工学に基づいた形状が腰への負担を軽減する

 インテリアは液晶メーターやダッシュボード上部に置かれたモニター、キルティングが施されたダッシュボードやシートなどにより、エクステリア以上に新鮮さを感じる仕上がりだ。

 また、QX60の前席は「人間は無重力で脱力した状態が身体への負担が最も少なく、長時間でも姿勢が崩れにくく、疲れにくいことに着目し開発された」ゼロ​グラビティシートが採用されている。

 2列目シート以降は2列目に3人掛けベンチシートと独立したキャプテンシートを設定し、3列目は2人掛けなので、乗車定員は7人と6人となる。

 さらに2代目QX60は3列目へのアクセス性も2列目にチャイルドシートを装着したまま可能にするなど、大幅に改善されている点も大きな特徴となっている。

 機能面を見ていくと、エンジン&トランスミッションは直噴となる3.5リッターV6(295ps&37.3kgm)に、日産のFF車というとCVTというイメージが強い日本人には目新しい9速ATを組み合わせ、FFと4WDを設定。けん引能力も6000ポンド(2720kg)と高い。

 また、運転支援システムであるプロパイロットはカーナビや制限速度をカメラで読み取る機能との連携により、コーナーや高速道路の出入り口などでは適切な減速を行うナビリンク機能付きに進化している。

■かつて日本でもスカイラインクロスオーバーとして販売されていたインフィニティQX50

2018年登場のインフィニティQX50。2021年モデルはレーダーとカメラによる高速道路上のハンドル支援を実現するプロパイロットアシストを廉価グレード以外に標準装備
インフィニティ独自の流れるようなボディラインと筋肉質なプロポーションが特徴。サイズは全長4699mm×全幅1900mm×全高1671mm。QX60よりも一回り小さい
2009年発売のスカイラインクロスオーバー。北米で販売されていたインフィニティEX35の日本仕様車として登場した

 ミドルプレミアムSUVとなるQX50は日本でもスカイラインクロスオーバーの車名で販売されたインフィニティEX→QX50の2代目モデルで、2018年に登場した。

 2代目QX50はスカイラインベースということでFRだった初代モデルから、QX60同様にエンジン横置きのFFベースに移行している。

 全長4699mm×全高1900mm×全高1671mmというボディサイズはレクサスでいえばNXに近く、パワートレーンは可変圧縮エンジンとなる2リッターのVCターボ(スペックはNAの3.5リッターV6NAに匹敵する268ps&38.7kgm)+CVTのみで、FFと4WDを設定する。

 インテリアはスカイラインにも通じる、操作系も含めると二段式のモニターを持つのに加え、Pレンジはボタンとなるシフトバイワイヤとなっている。

 さらに意外にも最上級グレードとなるオートグラフはステアリングとタイヤが機械的にではなく電気的に接続されるステアバイワイヤを採用し、3万8050ドル(約419万円)から5万6950ドル(約627万円)だ。

 また、QX50にはベンツGLCとGLCクーペと同様の関係となる、スペシャリティなクーペルックにより、一層プレミアムな存在となるQX55も今年春から加わっている。

 全長4732mm×全幅1900mm×全高1620mmというボディサイズを持つQX55は流麗なエクステリアに加え、インテリアは形状こそQX50とそれほど変わらない。しかし、レッドのインテリアカラーを設定するなど、コンセプトを反映しQX50より全体的に遊びの要素も備えた印象だ。

 パワートレーンはQX50同様の2リッターのVCターボ+CVTの4WDのみの設定で、価格は4万6500ドル(約512万円)から5万7050ドル(628万円)だ。

次ページは : ■QX50、QX55、QX60の日本導入の可能性は?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ