北米でインフィニティQX60発表! 次期スカイラインセダンはこのSUVになるのか?

北米でインフィニティQX60発表! 次期スカイラインセダンはこのSUVになるのか?

 日産は2021年6月24日に現時点では海外専売となる、3列プレミアムラージSUVであるインフィニティQX60の2代目モデルを発表し、メインマーケットとなる北米では今年後半に発売することを公表した。

 また6月半ばには、日経新聞の「日産がスカイラインを含めたセダン4車種の開発を中止する」という報道に対し、ノートオーラの発表会で星野副社長が「日産はスカイラインを諦めない」という発言をしたことで話題となった。

 このことを考えると現行スカイラインに通じるところもある大きなフロントグリルを持つQX60や、QX60同様に海外専売となっているミドルプレミアムSUVのインフィニティQX50がスカイラインファミリーとして日本に導入されてもいいような感もある。

 という背景もあり、本企画ではQX60を中心にQX50も紹介しながら、2台の日本導入の可能性も考えてみた。

文/永田恵一
写真/日産

【画像ギャラリー】日本未発売の新型インフィニティQX60とQX50を徹底解剖!!


■インフィニティQX60ってどんなクルマ?

2021年6月24日に発表されたインフィニティQX60のデザインはどこか現行スカイラインに通じるところがある。フロントグリルのメッシュは日本の折り紙模様をモチーフにしたもので、細部に日本らしさが表現されている
2021年6月24日に発表されたインフィニティQX60のデザインはどこか現行スカイラインに通じるところがある。フロントグリルのメッシュは日本の折り紙模様をモチーフにしたもので、細部に日本らしさが表現されている
ボディサイズは全長5034mm×全幅2184mm×全高1770mm。V6、3.5Lエンジンに9速ATが組み合わされる
ボディサイズは全長5034mm×全幅2184mm×全高1770mm。V6、3.5Lエンジンに9速ATが組み合わされる

 QX60は3列ラージプレミアムSUVとして2012年に登場したインフィニティJXを起源に、2014年にインフィニティがSUVの車名をQXに統一した際にQX60に車名を変え、現在に至る。

 2代目QX60も初代モデル同様のエンジン横置きのFFベースのSUVで、その意味ではレクサスRXなどに近いところのあるモデルである。

 2代目QX60のボディサイズは全長5034mm×ドアミラーを含めた全幅2184mm×全高1770mm、ホイールベース2900mmと、やはり日本での使用にはギリギリといったところだ。

 エクステリアはフロンマスクこそ大きなグリルなどインフィニティのSUVらしいものだが、上下方向に薄く、横一直線とされたテールランプなどから、インフィニティの新しいデザインの方向性が感じられる。

ソフトタッチ素材がふんだんに使われた高級感あふれるインテリア。ダッシュボード中央には12.3インチのタッチスクリーンを備える
ソフトタッチ素材がふんだんに使われた高級感あふれるインテリア。ダッシュボード中央には12.3インチのタッチスクリーンを備える
フロントシートは慶応義塾大学と共同開発したゼログラビティシートを採用。人間工学に基づいた形状が腰への負担を軽減する
フロントシートは慶応義塾大学と共同開発したゼログラビティシートを採用。人間工学に基づいた形状が腰への負担を軽減する

 インテリアは液晶メーターやダッシュボード上部に置かれたモニター、キルティングが施されたダッシュボードやシートなどにより、エクステリア以上に新鮮さを感じる仕上がりだ。

 また、QX60の前席は「人間は無重力で脱力した状態が身体への負担が最も少なく、長時間でも姿勢が崩れにくく、疲れにくいことに着目し開発された」ゼロ​グラビティシートが採用されている。

 2列目シート以降は2列目に3人掛けベンチシートと独立したキャプテンシートを設定し、3列目は2人掛けなので、乗車定員は7人と6人となる。

 さらに2代目QX60は3列目へのアクセス性も2列目にチャイルドシートを装着したまま可能にするなど、大幅に改善されている点も大きな特徴となっている。

 機能面を見ていくと、エンジン&トランスミッションは直噴となる3.5リッターV6(295ps&37.3kgm)に、日産のFF車というとCVTというイメージが強い日本人には目新しい9速ATを組み合わせ、FFと4WDを設定。けん引能力も6000ポンド(2720kg)と高い。

 また、運転支援システムであるプロパイロットはカーナビや制限速度をカメラで読み取る機能との連携により、コーナーや高速道路の出入り口などでは適切な減速を行うナビリンク機能付きに進化している。

次ページは : ■かつて日本でもスカイラインクロスオーバーとして販売されていたインフィニティQX50

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ