オデッセイ エスティマはなぜ消えた?「もう一度乗ってみる価値あり」のミニバン3選

オデッセイ エスティマはなぜ消えた?「もう一度乗ってみる価値あり」のミニバン3選

 日本自動車販売協会連合会が発表した2021年5月の新車販売台数を見るとミニバンは、7位のトヨタアルファードをはじめ、8位のトヨタヴォクシー。そして10位にホンダフリードとベスト10に3台もランクインしている。

 ベスト20まで広げると、12位トヨタシエンタ、13位日産セレナ、16位トヨタノアと全6台がランクインしている。ファミリィカーの定番として安定したミニバンがある一方で、先日、ホンダオデッセイが2021年で生産終了が発表され驚かされたばかり。

 しかし、国産車メーカーのなかにはマツダのようにかつては、MPV、ビアンテ、プレマシーと3車種用意していたが、2016年にMPV、2018年にビアンテ、プレマシーが販売終了となりミニバンが商品ラインアップから消えている。

 かつては隆盛を誇ったミニバンにとって変わってSUVがブームになっているが、やはり家族持ちにはミニバンがいいという人も多いのではないだろうか。

 そこで今回は、すでに生産終了もしくは生産終了予定のミニバンのなかから、「もう一度乗ってみる価値あり」という、エスティマ、オデッセイ、エクシーガの3車種をピックアップし、現在の中古車相場などを紹介する。

文/萩原文博
写真/トヨタ ホンダ スバル

【画像ギャラリー】新車では買えないけど乗ってみる価値アリ!! 一時代を築いたミニバン3選


■背の低い走りのいいミニバンとして存在感のあるオデッセイ

ミニバンブームの火付け役となった初代オデッセイ(1994年10月~1999年10月)。ボディは当時のアコードがベースとなっている
ミニバンブームの火付け役となった初代オデッセイ(1994年10月~1999年10月)。ボディは当時のアコードがベースとなっている

初代オデッセイの中古車情報はこちら!

 まずは、先日、2021年12月をもって生産終了が発表されたばかりのホンダオデッセイから。

 ホンダの高級ミニバンとしてオデッセイは1994年10月に登場した。開発費と生産工場の関係で、当時流行していた背の高い1.5BOXのミニバンではなく、乗用車アコードのプラットフォームを流用して開発。車高を低く抑えたことで、従来のミニバンとは一線を画した乗り心地や走行安定性を実現し大ヒット。現在のミニバンブームの火付け役となったモデルだ。

2代目オデッセイ(1999年10月~2003年10月)。オデッセイのスポーツグレードとしておなじみのアブソルートは2代目で初登場
2代目オデッセイ(1999年10月~2003年10月)。オデッセイのスポーツグレードとしておなじみのアブソルートは2代目で初登場

2代目オデッセイの中古車情報はこちら!

 1999年10月にフルモデルチェンジを行い、2代目オデッセイが登場。外観は初代を受け継いでいるが、ボディ剛性を大幅に向上させ、よりスポーティな色彩が強まった。特に3LV6エンジンを搭載したプレステージは、ミニバンとは思えないダイナミックな走りを実現している。

 2001年のマイナーチェンジで、ローダウンサスなどを採用したスポーティグレードのアブソルートを設定。これ以降、オデッセイのスポーティモデルの名称として定着した。

3代目オデッセイ(2003年10月~2008年10月)。全長4765mm、全幅1800mm、全高は機械式駐車場に入る1550mm。低床で走りのいいミニバンとして高い評価を得た
3代目オデッセイ(2003年10月~2008年10月)。全長4765mm、全幅1800mm、全高は機械式駐車場に入る1550mm。低床で走りのいいミニバンとして高い評価を得た

3代目オデッセイの中古車情報はこちら!

 2003年10月に3代目オデッセイが登場。新開発の低床プラットフォームを採用し、全高1550mmに抑えることで、都市部に多い機械式立体駐車場に対応した優れたパッケージングが特徴。搭載するエンジンは2.4、直4の1種類だが、スポーティモデルのアブソルートはハイオクガソリン仕様で最高出力200psを発生する。

4代目オデッセイ(2008年10月~2013年10月)
4代目オデッセイ(2008年10月~2013年10月)

4代目オデッセイの中古車情報はこちら!

 2008年10月にフルモデルチェンジを行い、4代目にスイッチ。立体駐車場に対応した優れたパッケージを継承しながら、ボディ剛性やサスペンションに磨きを掛けて、さらに走行性能を向上させている。搭載するエンジンも先代と同じ2.4L、直4の1種類だが、標準モデルとアブソルートでは仕様が異なっている。

 このモデルが販売されているあたりから、ミニバンはリアスライドドアのほうが利便性は高い。というのがユーザーに浸透し、販売台数に陰りが見え始めた。

5代目オデッセイ(2013年11月~)。写真はマイナーチェンジ前のモデル
5代目オデッセイ(2013年11月~)。写真はマイナーチェンジ前のモデル

5代目現行オデッセイの中古車情報はこちら!

 そして、2013年11月に5代目となる現行モデルが登場。上級モデルのエリシオンとの統合により、オデッセイとしてはシリーズ初のリアスライドドアを採用した。オデッセイ特有の「超低床プラットフォーム」も大幅に刷新され、全高は先代より高くなっているものの、重心高をできるだけ低く抑えることで、オデッセイらしい走行性能をキープした。

 搭載するエンジンは、次世代環境技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を投入した2.4L、直4。標準車、アブソルートともに使用燃料はレギュラーガソリンとなったが、アブソルートには直噴技術を採用し、最高出力を高めている。

 2015年の一部改良からホンダ独自の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を採用。2016年には2Lガソリンエンジンと駆動・発電を行う2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム搭載車を設定。そして2017年にはマイナーチェンジで「ホンダセンシング」が全車標準装備され安全装備が充実している。

2020年11月にビッグマイナーチェンジを実施した。大規模なフェイスリフトと「脱オラオラ顔」で精悍な印象に
2020年11月にビッグマイナーチェンジを実施した。大規模なフェイスリフトと「脱オラオラ顔」で精悍な印象に

 2020年11月にビッグマイナーチェンジを行い、内外装が変更。特にフロントマスクは大きなグリルを装着し、押し出し感を強めた。このビッグマイナーチェンジで、低迷していた新車販売台数も回復を見せていたにもかかわらず、生産終了がアナウンスされた。

 オデッセイの生産終了は、なんといっても初代モデルから生産してきた狭山工場の閉鎖が大きな理由だろう。そして、ホンダの脱エンジン宣言も影響は大きい。そうしたことが重なりアルファードが一強となっているフラッグシップミニバンで、オデッセイはその役割を終えたと言えるかもしれない。

 現在オデッセイの中古車は2850台流通している。そのうち初代モデルは5台で価格帯は約33万~68万円。平均価格は約34.5万円だ。2代目モデルの流通台数は17台で、平均価格は約30万円。

 中古車の価格帯は約14万~約79万円となっている。3代目モデルの流通台数は約290台とグンと増える。平均価格は約31.5万円で、価格帯は約8万~約121万円。そして4代目は530台流通していて、平均価格は約54万円。価格帯は約15万~約198万円となっている。

 そして、現行モデルは歴代オデッセイの中で最多の約1950台を誇り、平均価格は約223万円。中古車の価格帯は約38万~約460万円と幅広くなっている。

 最安値は3代目だが、歴代モデルすべてが50万円以下で購入できるという珍しいクルマだ。個人的にはステーションワゴン感覚で使える立体駐車場に対応した優れたパッケージが特徴の4代目を100万円以下で購入するのがオススメだ。

次ページは : ■一時代を築いたエスティマも2019年5月に生産終了

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ