フリードの凄さにトヨタ営業マンも舌を巻く!? 累計100万台を実現した根源

累計100万台の“ちょうどいいホンダ” トヨタ営業マンから見たフリードの凄さ

 2008年5月に、モビリオの後継車として登場したホンダのフリードが、国内累計販売台数100万台を突破した。デビュー当時、CMで流れていたキャッチコピーは「This is 最高にちょうどいいホンダ」である。

 この「ちょうどいい」というコピーは現在も使用されており、フリードの魅力を的確に言い表しているだろう。

 2008年のデビュー以降、フリードは順調に販売台数を伸ばしていく。トヨタで営業マンをしていた筆者も、販売現場でフリードの脅威を感じていた一人だ。フリードはいったい何が魅力的で、どこがちょうどいいのだろうか。その凄さの根源を考えていきたい。

文/佐々木亘、写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】ホンダ「フリード」シリーズ累計販売台数100万台突破!! 初代・現行モデルをチェックする


フリードは核家族にハマった“ちょうどいい提案”

2008年にモビリオの後継モデルとして販売開始された初代フリード。販売当時にはなかったミニバンの新しいスタイルで人気モデルとなった。2012年には年間販売台数10万台を超えた(全長4215×全幅1695×全高1715mm)

 当時、5ナンバーミニバンといえば、トヨタのヴォクシーやホンダのステップワゴンなど、ハイトな箱型が主流だった。スタイリッシュでコンパクトなミニバンとなると、ヒンジドアで全高の低い、ウィッシュやストリームのようなクルマになる。

 この時代に、スタイリッシュな外観ながら、室内は箱型ミニバンに負けない広さを誇り、両側スライドドアで、利便性も高いフリードは、ミニバンの新しい形を提案した一台だ。

 ホンダの「ちょうどいい」クルマの提案は、日本の核家族にピタリとハマった。デビューからおよそ半年で、販売台数は5万台を超えていく。2011年にはハイブリッドモデルを追加し人気はさらに加速。2012年、年間販売台数が10万台を超えた。

 ライバルのトヨタ シエンタが現れた2015年には、年間販売台数は5万台を下回ったが、直近3年間は7万台以上の販売台数を記録し、復活を果たしている。好調に販売を続けるフリードの凄さは、2つの点に集約されていると筆者は考える。

「お父さんの支持」を掴み取るフリードの凄さ

フリードは、従来のコンパクトミニバンよりスタイリッシュな外観で男性から強い支持を得た。マーケットニーズを研究して作られた(販売期間:2016年~/全長4265×全幅1695×全高1710mm)

 フリードを強く支持するユーザー層は、ライバルのシエンタとは少し違う。どちらもファミリー層ではあるのだが、シエンタはお母さんから支持され、フリードはお父さんの支持が強い。支持層の違いは、実際に販売現場で仕事をしていると、強く感じる点である。

 コンパクトミニバンは、核家族化が顕著な日本に、ぴったりのクルマなのだが、メインカーとして使用する場合、運転するお父さんの気持ちは少々複雑。

 クルマは「コンパクト」という言葉がつくと、途端に女性向けになりがちだ。実際に、初代シエンタやパッソセッテ、日産のキューブキュービックなどは、どこか可愛らしく、柔らかいデザインになっている。現行のシエンタも例外ではない。

「もう少しかっこいいクルマを運転したい」、「可愛らしいクルマでは恥ずかしい」、「俺は家族の運転手ではない」という、お父さんたちの悲痛な叫びを、筆者は商談時に何度も聞いてきた。

トヨタシエンタはファミリー層から強い支持を得ている。どことなく可愛く、柔らかいデザインが特徴である(販売期間:2015年~/全長4260×全幅1695×全高1675mm)

 そこに、彗星のように現れたのが、フリードである。「小さい」、「かわいい」に不満を持っていた世のお父さんに、スタイリッシュな外観がズバリ刺さった。コンパクトミニバンでも、女性ではなく男性からの人気が高いフリードは、定石を崩し、マーケットニーズをしっかりと把握して作られたクルマだ。

 コンパクトミニバンに対して不支持に回っていたお父さん層を、一気に支持層へ変えたのが、フリードの凄さの1つ目である。

次ページは : 4人用ミニバンに必要な要素に特化したフリード

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ