トヨタ 新型タンドラが登場!! フルサイズピックアップ初のHV搭載

フルサイズピックアップ初のHV搭載!! トヨタ 新型タンドラの進化度は?

 2021年9月19日、トヨタのフルサイズピックアップ「タンドラ」の新型モデルが北米で発表された。7月から公式にティザー画像が公開されていたが、今回、ついにその詳細が明らかとなった。

 およそ15年ぶりのフルモデルチェンジを経て登場した、新型タンドラ。その進化ぶりは、トヨタの本気度が伝わってくるものだった…。

文/立花義人(エムスリープロダクション)
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! 威圧感バッチリな新型タンドラをギャラリーでチェック(14枚)画像ギャラリー

「ビッグスリー」に負けないスタイリングに!! 

3代目となる新型タンドラ。写真はスタンダードモデルの「Limited」

 昨今のピックアップトラックには、力強い存在感と威厳だけでなく、リッチでラグジュアリーな雰囲気がなければならない。これまでのタンドラもそれがなかったわけではなかったが、ビッグスリー(1位がFシリーズ、2位/3位がシボレー・シルバラードまたはラム・ピックアップ)の威圧感に比べたら、ややインパクトに欠けていた。

 しかし新型タンドラは、立体感のある造形のバンパーとグリル、ボリューム感たっぷりのボンネットフード、がっちりとした力強さを感じさせるフェンダーアーチ、それらの要素をさらに際立たせるヘッドランプと、タフでアグレッシブな要素とラグジュアリーな要素を見事に融合させている。ビッグスリーと見比べてもまったく引けを取らない、威厳に満ちた存在感だ。

 グレード構成は、ベーシックなSR、SR5、スタンダードのリミテッド、上質な雰囲気のプラチナ、最上級グレードの1794エディション、そしてオフロード性能を高めタフなイメージのTRDプロ、というラインアップ。TRDプロのフロントグリルはトヨタのマークではなく、「TOYOTA」の大きな文字と、そこに下線を引くようにLEDバーが配置されたユニークなデザイン。ランドクルーザー300のGRスポーツのようであり、トヨタのオフロード性能をアピールするかのような演出だ。

先進的で新世代のラグジュアリーを感じさせるインテリア

先進的な装備とラグジュアリーの融合が感じられるインテリア。助手席側のTOYOTAロゴに遊び心も感じられる

 先代タンドラのインテリアは直線基調のダッシュボードパネルに機能的なスイッチ、丸型の空調ルーバーと、比較的シンプルなデザインであった。木目調や金属調の加飾、レザーシートなどリッチな雰囲気が味わえる空間に仕上げられているのだが、15年前に登場したモデルということで、さすがに一世代前の雰囲気は拭えなかった。

 そんなインテリアも、新型では、タフなイメージにマッチさせながらも、先進性とプレステージ性を高めたデザインに一新された。直線基調のダッシュボードに、助手席側正面には「TOYOTA」のロゴが配置され、タフな印象と遊び心が与えられている。

 シートやトリム類はレザーやソフトタッチの素材が使用され、フロントシートはヒーターの他にベンチレーション機能も備わる。また、パノラマムーンルーフ、パワーバーティカルリアウィンドウなど、ピックアップの魅力を高める装備も用意されている。

 メーターパネルはアナログ+4.1インチマルチインフォーメションディスプレイ付き、もしくは12.3インチのフル液晶と、最新モデルにふさわしいデザインとなっており、インパネ中央には標準仕様で8インチ、オプションで14インチのタッチスクリーンが据えられる。

次ページは : フルサイズピックアップ初となるハイブリッドを搭載