トヨタタンドラ新型チラ見せ公開!!ド迫力でタフなところが人気の秘訣?

ドヤ顔世界一!! ド迫力でタフなトヨタタンドラ新型チラ見せ公開!! 人気の秘訣は?

 2021年7月13日、北米トヨタは、フルサイズピックアップトラック「タンドラ」の新型のティザー画像を世界初公開した。

 タンドラは、北米トヨタが販売する、全長が6m近いフルサイズピックアップトラックで、初代モデルは2000年に登場、現行モデルは2007年に登場した2代目だ。この発表をうけ、「ピックアップトラックの聖地」北米では、およそ15年ぶりとなるフルモデルチェンジに対する期待が高まっている。

 日本では正規販売はされていないものの、人気の高いタンドラ。今回は、世界的なピックアップトラック人気にも触れながら、タンドラの魅力を解説していこう。

文:エムスリープロダクション、立花義人
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】フルサイズピックアップトラック「タンドラ」の現行型と新型のティザー画像を見比べる


整備された道路が少ない東南アジアや南米では必須

 日本国内では、正規販売されているピックアップトラックは、トヨタのハイラックスのみ、とかなり希少な状況だが、世界的にみると、ピックアップトラックは、身近で人気のカテゴリーだ。

現行タンドラ。2007年デビューと、すでに13年経過したモデルではあるが、毎年改良モデルが登場しており、2014年にはビッグマイナーチェンジをうけている

 たとえば、東南アジアや南米、アフリカ、中東などでは小型から中型ピックアップの人気が高い。日本のメーカーのほか、フォード、GM、ステランティス、ルノー、フォルクスワーゲンといった欧米メーカー、そしてインドや中国のメーカーもピックアップをラインアップさせている。

 これらの地域では日本のように整備された道路が少ないため、クルマに高いオフロード性能や大きな積載容量が求められる。ピックアップトラックは、まさにこの条件にかなうモデルであり、生活において欠かすことのできない存在なのだ。

 近年は、スタイリッシュなデザインや快適な装備、セダンのような乗り心地を追求したモデルが増えていることから、仕事や生活に必要な移動、という用途だけでなく、趣味や遊びなどさまざまなシーンに適した乗用車としても選ばれるようになってきている。

海外では仕事の相棒としてピックアップトラックが使われている。日本の軽トラックのようなものだ(写真は海外のファーマー)

北米では、その生活スタイルで活躍

 一方、北米では同じピックアップでも「フルサイズ」が人気だ。北米の新車販売台数の1位~3位は「フォード・Fシリーズ」、「ダッジ・ラム」、「シボレー・シルバラード」と、フルサイズピックアップが独占、他カテゴリーを圧倒する人気を得ている(2020年のデータ)。

 北米の場合、国土が広大で道路の幅が広いため、大きなサイズでも運転がしやすく、また、ガソリンが安いため、燃費にあまり気を使う必要がない。

 また、家や家具などをDIYで修理したり塗装したりするという文化や、ガレージセール(ヤードセール)の習慣、ボート・トレーラーハウスを引っ張って出かけるレジャーなど、北米の生活スタイルにおいては、フルサイズのピックアップが活躍するシーンも多い。

 さらに、ピックアップトラックはスポーツカーと違って貨物車や商用車と同じ扱いになるため、税金や保険が安く、若い人が買いやすいということも人気の理由のようだ。

 もちろん、タフさを強調したデザインや存在感、リッチでラグジュアリーな雰囲気もピックアップ人気の理由。北米の人たちにとって、フルサイズピックアップは豊かな暮らしを象徴するステータスであり、「カッコいい」から買うのである。

小型のレジャーボートをトーイングするタンドラ

次ページは : 日本では絶対にすれ違いたくないサイズ感