イタリアの「伊達男」日本再上陸か!? イヴェコの新世代フラッグシップモデル「S-ウェイ」を徹底解説!!

  イタリアのトラックメーカー・イヴェコは2019年7月、従来の「ストラリス・ハイウェイ」に代わる長距離輸送用大型トラック「S-ウェイ」を発表した。

 イヴェコにとって、フラッグシップモデルのフルモデルチェンジは2002年のストラリスの発表以来17年ぶり。新世代モデルは空力性能を追求したキャブを採用するなど快適性や環境性能が大幅に進化!

 もしかしたらLNG仕様が日本に導入される可能性もあるイヴェコの新世代フラッグシップ「S-ウェイ」とはどんなトラックなのか見ていこう。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】LNG仕様の日本再上陸あるかも!? これがイヴェコの新世代フラッグシップモデル「S-ウェイ」だ!!(10枚)画像ギャラリー

代替燃料に積極的な
イタリアの商用車メーカー・イヴェコ

2002年のストラリス以来17年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたイヴェコの新世代モデル「S-ウェイ」

 イヴェコは1975年にフィアット、ランチア、OM、ユニック、マギルスドイツの5社の合弁によって設立された。現在はCNHインダストリアル傘下で、イタリア・トリノに本拠を置く。

 ラインナップは、長距離輸送用フラッグシップの「S-ウェイ」、ライト特装モデルの「T-ウェイ」、中型汎用モデルの「ユーロカーゴ」、小型トラック/バンの「デイリー」の4モデル。

 このほかバス、軍用車両、鉱山ダンプ、消防車両やエンジンなどの製造販売も行なっている。

 欧州メーカーの中でもとりわけ代替燃料に積極的で、大型LNG/CNGのほか、中型の「ユーロカーゴ」、小型の「デイリー」にもCNG仕様を設定。エンジンは、グループ企業のフィアット・パワートレーン・テクノロジーズ(FPT)社製だ。

天然ガス仕様を設定する
新世代の長距離モデル「S-ウェイ」

キャブは内外装を一新。運転席周りのデザインは従来のストラリスをよりアグレッシブにした印象になった

 同社が2019年7月に発表した「S-ウェイ」は、従来の長距離輸送用フラッグシップ「ストラリス・ハイウェイ」を17年ぶりにフルモデルチェンジしたもの。ラテン系のスタイルはまさにイタリアの伊達男を彷彿とさせる。

 キャブは、幅2.5m/前後長2.25mのASのハイ/ロールーフ、幅2.3m/前後長2.15mのATのミディアム/ロールーフ、幅2.3m/前後長1.7mのADのロールーフを設定。最上級のASハイルーフは95mmのトンネル段差があるフロア中央部でも室内高2150mmを誇る。

 エンジンはFPT社製のカーサ(CURSOR)シリーズを採用。8.7Lのカーサ9、11.1Lのカーサ11、12.8Lのカーサ13のディーゼル仕様に加え、8.7Lの12.8Lの天然ガス仕様を設定する。

 トランスミッションはZF社製12段AMT「ハイトロニック」を搭載。操作はプッシュボタンで前進/ニュートラル/後退を選び、ステアリングコラム右側のレバーで補助ブレーキと手動減段操作を行なう仕組みだ。

次ページは : 北海道の小型LNG充填設備実証実験にギガLNGとS-ウェイLNGが参加?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ