新型ヴォクシー/ノア正式発表!! 爆売れ必至! 最激戦区での約束された王座の実力


MIRAIやLSの高額先進装備を、ノア/ヴォクに破格で!!

 全車速追従型レーダークルーズコントロールやLTA(レーントレーシングアシスト)といった、先進支援技術は標準装備。新型ノア/ヴォクシーではさらに、緊急時操舵支援(アクティブ操舵)や、レーンチェンジアシスト(自動車専用道でウィンカー操作をきっかけに車線変更)、そしてアドバンスドドライブ(自動車専用道での渋滞時にハンズオフが可能)までもが用意されている。

 MIRAIやレクサスLSで、60万円でオプション用意されているような新技術が、最量販ミニバンに搭載、しかも13万4000円(パッケージオプション)という破格の価格で用意されているのだから驚きだ。

 また、アクアにも搭載された、シフト操作も制御してくれるアドバンスドパークも採用。駐車スペースの横に停車したあとは、「起動」と「開始」の2プッシュするだけで、クルマがステアリングや後退へのシフトチェンジまで操作してくれるので、ドライバーはブレーキ操作のみすればよい。

 このような「駐車支援システム」は、これまでいろんなメーカーのものを何台も試してきたが、どれも動作が遅く、満足いく出来ではなかった。だが、今回のシステムは、驚くほど動作が早く、積極的に使いたくなる出来だった。駐車が苦手な方にとっては、心強い味方となるだろう。

最強のモデルに仕上がった!!

 目標台数はノアが8100台/月、ヴォクシーが5400台/月とのこと。トヨタとしては、ノアをミドルクラスミニバン販売の主力としたいようだ。だが、ブランド力はヴォクシーの方が強い。狙い通りに売れてくれるかは未知数だが、目標販売台数は余裕で越えてくるだろう。

 見た目の変化以上に、中身の進化が想像を超えている新型ノア/ヴォクシー。新世代ミドルクラスミニバンの更新の一番手は、最強のモデルに仕上がった。これに対抗するホンダステップワゴン、日産セレナも、生半可な改良では追いつくことはできないだろう。2022年のミニバン大戦争が、いよいよ幕開けする。

先代型のヴォクシーZS 煌 III (8人乗り)が290万円だったから、かなり値上がり(約30万~40万円か)した計算になる。装備内容や技術進化を考えると妥当な価格ともいえる
【画像ギャラリー】人気ミドルミニバンの大本命がついにフルモデルチェンジ!! 新型「ノア」/新型「ヴォクシー」のすべて(69枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ