ヴィッツ&アクア新型情報入電!! 新型ヴェゼル&CR-Vなど新情報盛り沢山!!


 毎日新車ディーラーを回り、「生」の新型車情報を届けてくれる流通ジャーナリスト遠藤徹氏。今回は、トヨタアクアとヴィッツの世代交代を皮切りに、ホンダ・ヴェゼル&CR-Vのフルモデルチェンジ、マツダ デミオのマイナーチェンジ、ダイハツ111周年キャンペーン、スバル新型フォレスターの売れ行きなどなど、最新情報盛り沢山でお届けします!

文:遠藤徹
初出:『ベストカー』2018年8月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


世代交代はアクアが先か、それともヴィッツか?

 コンパクトハッチのアクアとヴィッツがともに世代交代の時期を迎えています。現行モデルの登場はヴィッツが2010年12月、アクアが2011年12月ですから、それぞれ2019年か2020年に新型へと切り替わることが予想されます。

 普通に考えると、モデルチェンジする順番はモデルの古いヴィッツが先になると思われますが、次期型についてはそれが逆になりそうです。

 なお次期型(新型)ヴィッツは欧州販売名「ヤリス」に車名変更されるらしい、という情報も入ってきています。

 今年の4月3日にアクア、5月31日にヴィッツがそれぞれ一部改良し、予防安全装備「トヨタセーフティセンス」の検知機能などを進化させました。次期型は新開発のプラットフォームを採用してパワートレインも全面一新し、燃費、走行性能の向上やクオリティアップを図る方向で開発を進めています。

2011年12月にデビューしたアクア。登場したタイミングはヴィッツよりも後だが、フルモデルチェンジの時期はアクアのほうが先になる見込み

ホンダは2019年秋にヴェゼルを一新か?

 ホンダの関係者によると、同社は2019年秋にもコンパクトSUVのヴェゼルをフルモデルチェンジする方向で開発を進めているようです。フィットファミリーのモデルはフィットを皮切りに世代交代をするのが慣例になっていますが、次期型ではヴェゼルが最初となりそうです。

 ヴェゼルは、ライバルのトヨタC-HRが発売になってから、同クラスのトップブランドの地位を奪われ、2位のポジションに甘んじています。そのためフィットファミリーで先陣を切るフルモデルチェンジを実施し、人気回復を目指す狙いです。

 次期モデルは新開発のプラットフォームを採用し、1.5Lガソリンのほか、従来の1モーター方式から2モーター方式に切り替えた1.5Lハイブリッドを搭載して、燃費&動力性能の両立を高いレベルで図る見込みです。

 なお現行型は今秋には走りのポテンシャルアップを図った1.5Lターボ車を加え、商品ラインアップを強化する方針です。これらによってライバルのC-HRを凌ぎ、同クラスのトップセラー奪還を目指す構えです。

次ページは : ■新型CR-Vのライバルはハリアー&CX-8?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ