新型マツダCX-60の先行予約スタート! さっそく見積もりをもらいに行ってきた!!

価格は299.2万円から 新型マツダCX-60の先行予約スタート! さっそく見積もりをもらいに行ってきた はたしてマツダの大黒柱になるえるのか?

 4月25日から先行予約が始まったマツダの新型SUV、CX-60。すでにプロトタイプの試乗記事で読者のみなさんはご存じかもしれない。このCX-60はマツダの大黒柱になりえるのか? 「いまさらディーゼル?」という声や「マツダはどうなっちゃうの?」と心配の声も聞かれる。

 さっそくディーラーに出向いて、CX-60の見積書を作ってもらいながら、CX-60の中身はどうなのか、解説していこう。

文/柳川洋
写真/柳川洋、マツダ、ベストカーweb編集部
※本記事はディーラーからの取材情報をもとに筆者が記事化したものです

【画像ギャラリー】新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様初公開から生産ラインの様子までを写真でチェック!!(18枚)画像ギャラリー

■マツダ初のFRベースのSUV、新開発の直6クリーンディーゼルターボも選べるCX-60

2022年4月7日に新世代のラージ商品群第1弾の日本仕様として公開されたマツダ『CX-60』。マツダ初のプラグインハイブリッドと直6ディーゼル+マイルドハイブリッドを用意し、優れた環境性能と気持ちのいい走りの両立を追求した

 SUVは運転しやすく実用性も高いが、その代わりに運転の楽しみはいくぶん犠牲になる、というこれまでの定説を覆す、「妥協のない走りの楽しさ」を目指したマツダの最新SUV、CX-60。マツダ初のFRベースのSUVでエンジンは縦置き、新開発の直6クリーンディーゼルターボエンジンも選べるなど、話題に事欠かない意欲的なモデルだ。

 4月25日に先行予約が開始され、6月には顧客向けリーフレットが完成予定で9月には発売が開始され実車が見られるようになるという。

ブラックアウトされたフロントグリルや20インチホイール、サイドミラーがエクステリアを引き締める、エクスクルーシブ・プレミアムスポーツ

 現時点ではディーラーに出向いても印刷された資料を手に入れることができず、セールスマン向けの事前資料をPCの画面上で見られるだけだ。そのため、情報が一部限定的であることをあらかじめお断りしておく。

 CX-60のボディサイズは、全長4740×全幅1890×全高1685mm、ホイールベース2870mm。エンジンが縦置きになっているため、CX-5の全長4575×全幅1845×全高1690mm、ホイールベースが2700mmと比べると、全長が165mm長く、全幅が45mmワイド、ホイールベースが170mm長い。

 またCX-8の全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mmよりはコンパクトだが、CX-5とCX-8の中間というよりはCX-8寄り。ただしスポーティ感を出すために全高はCX-5よりも気持ち低められている。

 パワートレインは、新開発の3.3L直列6気筒クリーンディーゼルターボエンジンとその48Vマイルドハイブリッド版、CX-5でもお馴じみの2.5L直列4気筒ガソリンエンジンとそのPHEV版。スペックは、ディーゼルが231ps/51.0kgm、マイルドハイブリッド版は254ps/56.1kgm、2.5Lガソリンは188ps/25.5kgm、PHEV版は電気だけで60kmの走行が可能な17.8kWhのリチウムイオン電池が搭載されるという。

■CX-60のパワートレイン
・SKYACTIV-G 2.5直列4気筒ガソリンエンジン(188ps/25.5kgm)
・SKYACTIV-G 2.5(PHEV)直列4気筒ガソリンエンジン+プラグインハイブリッド327ps/51.0kgm)
・SKYACTIV-D 3.3直列6気筒ディーゼルエンジン(231ps/51.0kgm)
・SKYACTIV-D 3.3(MHEV)直列6気筒ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッド(254ps/56.1kgm)

「和の感性」を重要視し、「引き算の美学」をキーワードにデザインされたエクステリア

次ページは : ■CX-60の価格とラインナップが判明

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ