マツダが目指した内燃機関の最高到達点! 直6エンジン新規開発戦略の勝機と心配

マツダが目指した内燃機関の最高到達点! 直6エンジン新規開発戦略の勝機と心配

 2022年4月7日に日本プレミアされたCX-60。新世代のラージ商品群第1弾モデルとなるSUVだが、注目は新たに開発された直6エンジンだ。

 各メーカーでダウンサイジング化が進み、その生存が危ぶまれていた大排気量マルチシリンダーエンジンを、まさか今復活させるとは……と思った読者も多いだろう。

 今回は、そんなマツダが生き残りをかけて登場させる直6エンジンの期待と心配について考察していきたい。

文/西村直人
写真/MAZDA

【画像ギャラリー】クルマ好き歓喜の直6で勝負!! さらにマツダ初のPHEVも!! 新世代ラージ商品群第1弾CX-60(10枚)画像ギャラリー

■復活は嬉しいニュース! しかし歓迎する声ばかりではないマルチシリンダーエンジンの現状

 最初に結論。3.0L 直列6気筒ガソリンエンジンがCX-60に搭載される。しかも国内仕様として! これは自動車好きの我々としてはうれしいニュースだ。

 2022年4月7日、マツダの新型SUV「CX-60」が国内で発表された。FR方式/AWD方式に対応する新開発プラットフォーム「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」を新規開発。

 組み合わせるボディは、全長4740×全幅1890×全高1685mm、ホイールベース2870mm、トレッド前1640mm/後1645mmと現行「CX-5」よりもひと回り大きい。

2022年4月7日に国内初お披露目されたマツダ CX-60

 パワートレーンも新規開発だ。エンジンはすべて縦置きで、ガソリンエンジンが2.5L 直列4気筒と同プラグインハイブリッドシステム付き、ターボディーゼルエンジンが3.3L 直列6気筒と同48Vマイルドハイブリッドシステム付き、以上4タイプであることが発表された。

 筆者はCX-60欧州仕様プロトタイプの試乗を行う機会を得ていたので(本誌での試乗レポートは『マツダの新型SUVが日本プレミア!! 「CX-60」最速試乗でわかったPHEV&ディーゼルの痺れる実力』〈リンク先〉で!!)、その場で4タイプ以外のエンジン、つまり直列6気筒3.0Lガソリンエンジンの存在について開発陣上層部に対し直球取材を行った。

 そこで得たのが冒頭の情報だ。スペックや搭載時期についてはさすがに回答を得られなかったが、直6バリエーションが増えることは素直に喜びたい。

 ただ、歓迎の声ばかりではなかった。CX-60に3.3L 直列6気筒ターボディーゼルが搭載されることを知り、「何を今さら大排気量?」、「ダウンサイジングに逆行する6気筒?」など、大排気量化やマルチシリンダー化に疑問符をつける声がWebサイト上に散見されたからだ。

 確かに一理ある。2000年代に入り、トヨタ「プリウス」が市民権を得た頃からHV(ハイブリッド車)でなくとも環境問題に対し高い意識を持つことが求められた。結果、フォルクスワーゲンを筆頭に、各国の自動車メーカーではエンジン排気量のダウンサイジング化が図られた。

 さらに6気筒が4気筒に、4気筒が3気筒になるなど、部品点数の縮小化も一気に進んだ。ターボチャージャーやスーパーチャージャーの過給効果を低回転域から積極的に使うこと、さらにはガソリンの直噴化技術を組み合わせることで、マルチシリンダー並のトルク特性に富んだドライバビリティが実現できたからだ。

■長期ビジョンによる拡張性も考慮したエンジンは、電動車も視野に入れた究極進化したベース

CX-60は、車体サイズ的には現行CX-5よりもひと回り大きくなった感覚だ

 2021年6月、マツダは「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づいた2030年に向けた新たな技術・商品方針を発表。

 ここでは、直列6気筒ディーゼル/ガソリン/SKYACTIV-Xの存在に言及し、さらにPHEV(プラグインハイブリッド車)やMHV(マイルドハイブリッド車)など電動化車両についての説明も行っている。

 電動化車両の方針については多くのユーザーが納得できると思う。マツダでは具体的なプランとして、HVとPHEVをそれぞれ5モデル、BEV3モデルを日本、欧州、米国、中国、アセアンを中心に2022年から2025年にかけて順次導入。

 さらに2025年頃から2030年にかけて、BEV専用のプラットフォームである「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」を用いた複数モデルを各国各地域に導入するという。

 大風呂敷を広げるような話に聞こえるが、CX-60に搭載された電動化へのキーテクノロジー(例/1モーター2クラッチ方式8速AT)や、日本を含め各国で発売済のBEV「MX-30EVモデル」の存在からすれば合点がいく。

 懸念されるのは、直6エンジンのワイドバリエーション化だ。まずは3.3Lディーゼル、3.0Lガソリン&同SKYACTIV-Xと排気量が異なる点にも疑問が出ているようだ。

 しかしながら、排気量違いについての答えは明確。CX-5が搭載している4気筒SKYACTIV-D=2.2L/550cc、4気筒SKYACTIV-G=2.0L&2.5L/400cc&500ccから推察できるように、直6Dが3.3L(550cc×6気筒)で、直6Gが3.0L(500cc×6気筒)になるとの計算が自ずと成り立つ。

 これは「既存のSKYACTIV-D&Gエンジンを最大限活用した」という開発陣の声も裏付けになる。

 懸念の中核は、大排気量&マルチシリンダーエンジンのワイドバリエーション化だろう。しかし、これにもマツダは2007年に方針を示している。

 「2020年においてもグローバル市場における自動車の主要なエネルギーは石油であり、動力技術は内燃機関が主流だと予測しています」。これは2007年にマツダが公表した「ビルディングブロック戦略」の説明導入文だが、15年を経ても内燃機関はいまだ主流だ。

 ビルディングブロック戦略では、まず内燃機関であるエンジンの究極進化をベースにBEVを環境対策の象徴としつつ、主戦場はPHEV、HV、MHVであるとし、エネルギー効率を高めることが先決であるとした。

次ページは : ■直6SKYACTIV-Xにも期待 マツダが狙う今後の展望

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ