キリッと超精悍フェイスがいいね!! クラウン復権に大貢献!?  新型クラウンGRパーツ堂々デビュー

キリッと超精悍フェイスがいいね!! クラウン復権に大貢献!?  新型クラウンGRパーツ堂々デビュー

 2022年7月15日に新型クラウンが発表となった。クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートの4形態のデビューとなった。度肝を抜かれた人も続出したことだろう。

 そんな衝撃の新型車発表と同時にクロスオーバーのGRパーツリリース情報がトヨタカスタマイジング&ディベロップメントからリリースされた。速報でお届けしよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタカスタマイジング&ディベロップメント

【画像ギャラリー】ひと目惚れご注意!! 空力バッチリGRパーツがマジでカッコいい(8枚)画像ギャラリー

■エアロパーツをメインにクラウンをより精悍に

キリッと引き締まったボディラインをより精悍に見せるエアロパーツの数々。もちろんドレスアップだけじゃない!!
キリッと引き締まったボディラインをより精悍に見せるエアロパーツの数々。もちろんドレスアップだけじゃない!!

 今回発表となったGRパーツは新型クラウンに対応するものだが、真っ先にデビューするとみられるクロスオーバーから設定が始まった。中心となるのがボディパーツの数々。

 エアロパーツはフロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラー、リアトランクスポイラーの4種類。4種類すべての塗装済みエアロパーツセットが32万4500円となる(それぞれ単品購入も可能)。

 まだこのクルマをクラウンと呼ぶには新鮮すぎるボディデザインでドキドキしてしまうのだが、特にボディ下部の印象がスッキリした印象になり、よりスポーティーに変身することができるキットになりそうだ。

 当然「GR」の名を冠するにはドレスアップ効果だけではなく、フロントスポイラーはサイドをフィン形状とすることで整流効果をあげていたりなど、その空力効果はお墨付きなのも嬉しい。

■ハンドリング向上に伝家の宝刀の「アレ」も登場

GRドアスタビライザーもラインナップ。ドア部の剛性アップでハンドリング向上を狙える製品だ
GRドアスタビライザーもラインナップ。ドア部の剛性アップでハンドリング向上を狙える製品だ

 GRパーツはもちろんエアロパーツのみならず、トヨタ車のアクセサリーパーツでお馴染みの「パフォーマンスダンパー」も新型クラウンに設定される。

 ヤマハ発動機が手掛けるパフォーマンスダンパーはハンドリング向上に効果があり、路面からの衝撃をいなすことですっきりとしたステアリングフィールへの変化なども期待されるものだ。

 すでにトヨタ車では定評のあるパーツなので新型クラウンもワンランク上のハンドリングに変化するはずだ。しかも4万9500円と手の届く価格なのも嬉しいところ。

 GRドアスタビライザーなどの「いつもの」GRパーツもしっかりとラインナップされているから、新型クラウンを購入する際はぜひ検討してみるのもいいかもしれない。

 ここまで来るとクラウンでのモータースポーツ復帰など期待もかかるが、偶然にも新型クラウン発表会の質疑応答で注目の質疑応答があった。

「豊田社長は会見で”クラウンはトヨタで最初に国際的なモータースポーツ競技に参加した車両”と仰いました。この新型クラウンでモータースポーツに出場したり、GR仕様が出る可能性はありますか」という質問だ。

 それに対して豊田章男社長が「クラウンはそういうクルマだとは考えていないし、当面そうした予定はありません」(もちろん今後の予定はまだ決まっていないようだが)と回答していた。予定はないが否定はしない。前例打破の豊田社長だけに期待してしまうのは無理もない?

【画像ギャラリー】ひと目惚れご注意!! 空力バッチリGRパーツがマジでカッコいい(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ