RVR後継モデルがついに降臨! 三菱のコンパクトSUV、ASXがワールドプレミア!!


 三菱のコンパクトクロスオーバーSUV、RVRの事実上の後継モデルとなる新型ASXが9月21日、欧州でワールドプレミアされた。欧州での三菱の事業統括会社である現地法人、「ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ」が発表したものだが、日本への早期導入にも期待したいところだ。その概要を紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日本導入は果たしてあるのか? RVR後継モデルの三菱コンパクトSUV、ASXを写真でCHECK!!(23枚)画像ギャラリー

■エクステリアはほぼ現行型ルノーキャプチャーを踏襲

三菱が欧州でワールドプレミアした新型ASX。エクステリアはほぼ現行型ルノーキャプチャーとなっていることがおわかりいただけるだろう

 時節柄、今回の新型ASXもオンラインでのワールドプレミアとなったが、そもそも先代RVR(欧州名:ASX)は2010年から欧州で販売されていた。新型ASXは、ルノー・日産・ミツビシアライアンスによるCMF-Bプラットフォームを採用。その外観は日本でも販売されている現行型ルノーキャプチャーそのものだと言える。

 生産はスペインにあるルノーのバリャドリード工場で行われ、2023年3月から欧州市場での販売がスタートする。キャプチャー同様にカテゴリーとしてはBセグのクロスオーバーSUVとなり、日本市場での直接的なライバルとなるのは、ヤリスクロスを筆頭にヴェゼル、キックスなどが該当する。

 新型ASXはフロントからリアへの流麗なシルエットとなっており、後方に向かって切れ上がっていくキャラクターラインとフローティングルーフを採用している。ルノーキャプチャー同様、クーペSUV系のフォルムとなり、躍動感のあるスタイリングが特徴だ。

■三菱デザインのコンセプト、ダイナミックシールドも反映

キャプチャー同様にボディサイドの絞り込みにより、ショルダー部分が張り出しているのが大きなASXの特徴となる

 キャプチャーとの違いでいえば、フロントバンパーにスリーダイヤモンドが入るのは当然として、三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」の要素ももちろん取り入れられている。また、キャプチャー同様にボディサイドを絞り込むことでショルダー部分を張り出させ、SUVとしてしっかりと大地を捉えて駆け抜ける力強さを表現しているという。

 パワートレーンは複数のタイプを設定。1.6Lガソリンエンジンに駆動用、発電用のふたつのモーターに10.5kWhの駆動用バッテリー、マルチモードトランスミッションを組み合わせたPHEVを筆頭に、同じ1.6Lエンジンに1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたハイブリッド、そして1.3Lガソリンターボのマイルドハイブリッドモデル、1Lガソリンターボ&NAをラインナップする。規制の厳しい欧州市場に対応するためのマルチラインナップを構成している。

トップモデルとなるのは1.6Lガソリンエンジンに駆動用と発電用のふたつのモーター、さらにマルチモードトランスミッションと駆動用バッテリーを組み合わせたPHEVだ

 インテリアでは、インパネ中央にスマホ連携ディスプレイオーディオ(SDA)を配置し、ディスプレイ上からドライバーの好みに合わせたドライブモードを選ぶことができる「マルチセンス」システムを採用。

 さらにACCに加え、三菱の高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をはじめとする先進運転支援システムを採用する。

 3代目RVRも登場からすでに12年。いよいよ欧州では2023年に次期型に切り替わることになるが、日本導入はあるのだろうか? 期待して三菱の国内広報に問い合わせてみたところ、「現時点で日本導入は未定なんです……」とのこと。

 とはいうものの、このサイズのSUVは日本での使い勝手がいいだけに導入を心待ちにしたい!

【画像ギャラリー】日本導入は果たしてあるのか? RVR後継モデルの三菱コンパクトSUV、ASXを写真でCHECK!!(23枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ