ついに本日「スバルレックス」復活!! コンパクトクロスオーバーSUV、ライズ/ロッキーのOEMで再出発だ!

ついに本日「スバルレックス」復活!! コンパクトクロスオーバーSUV、ライズ/ロッキーのOEMで再出発だ!

 すでにベストカーWebでのスクープ情報でお伝えしていたように、スバルのレックスが2022年11月11日、実に30年ぶりに復活した。クロスオーバーSUV、ダイハツロッキーとトヨタライズとのOEMモデルとしてスバルのエンブレムを付け、11月11日に正式発表されたのだが、その内容についてお届けしよう。

本文/ベストカーWeb編集部、写真/SUBARU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】30年ぶりのスバルレックス復活だ!! ライズ/ロッキーとは違い、1.2LのNAのみに(11枚)画像ギャラリー

■パワートレーンは1.2Lの直3、NAエンジン一択に

レックスに搭載されるパワートレーンは直3、1.2LNAのみ。1Lターボや1.2Lのe-SMARTは設定されず
レックスに搭載されるパワートレーンは直3、1.2LNAのみ。1Lターボや1.2Lのe-SMARTは設定されず

 スバルは2022年11月11日、新型モデルの小型SUV、その名もレックスを正式に発表した。街乗りからちょっとした遠出までまかなう、シーンを選ばずに安心して乗ることが可能なスバル初となる小型SUVだとスバルでは謳っている。

 17インチタイヤ装着車では最小回転半径5.0mという取り回しのよさを実現し、人も荷物もしっかり載せられることができるパッケージングのよさ、出足のスムーズな加速感と低燃費、ダイハツ車の先進安全装備「スマートアシスト」をはじめとする安全装備が充実していることがウリのSUVだ。

 今回、レックスに設定されるパワートレーンは1.2L直3DOHCガソリン(87s/11.5kgm)と7速CVTのみ。2次冷却システムでの専用サーモスタット機構を搭載し、排気ガスを冷却した後に再び空気と混合させて燃焼室に戻す「クールドEGRシステム」採用で、優れた燃焼効率を実現したほか、低速時のトルクを高めることでスムーズな出足の加速を可能としているという。合わせて走行モードの切り替えができるDRIVEスイッチを採用している。

 ベースモデルのライズ/ロッキー同様に厚みのあるロアボディ、コンパクトなアッパーキャビンを組み合わせたアクティブなエクステリアデザインが特徴で、大型のフロントグリルからサイドに流れる立体感とエッジの効いたバンパーコーナーに加え、シャープなヘッドライトや張り出したフェンダーなどが力強いSUVのイメージを演出している。

 ちなみに、ライズやロッキーに設定されている1Lターボや1.2Lのe-SMARTハイブリッド車は設定されず、駆動方式はFFのみとなるのは少々残念なところかもしれない。ボディカラーはモノトーン7色、Zグレードには2トーン2色を展開する。

次ページは : ■次にスバル往年の名車で名前が復活するのはどれだ?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!