ついに本日「スバルレックス」復活!! コンパクトクロスオーバーSUV、ライズ/ロッキーのOEMで再出発だ!

■次にスバル往年の名車で名前が復活するのはどれだ?

レックスのZグレード。2トーン2色も展開する
レックスのZグレード。2トーン2色も展開する

 また、衝突被害軽減ブレーキをはじめ、先進安全装備となる最新のスマートアシストを搭載。衝突安全性でも歩行者被害軽減ボディ、0次安全性能でも前方視界や後方視界対策と、アクティブマルチインフォメーションメーター採用で万全を期している。

 月間の目標販売台数は150台。グレード体系は2グレード設定で、ベーシックグレードのGは車両本体価格が182万円、上級グレードのZは同217万1100円。

 今回、レックスが復活することになった理由だが、実は同日に受注開始となった新型クロストレックにある。そのラインナップに先代XVに設定されていた1.6L車がなくなったことにあるのだ。

 新型クロストレックは2Lマイルドハイブリッドのe-BOXER1本となったため、軽を除いたスバルコンパクトモデルのボトムラインとしてライズ/ロッキーのOEMとして導入したという。

 往年のスバルの軽およびコンパクトカーで自社生産モデルの名前が復活するのはジャスティに続いて2台目となるが、かつてはbBのOEMモデルに「デックス」も存在した。懐かしのスバル車の車名復活はまだあるかも!?

【画像ギャラリー】30年ぶりのスバルレックス復活だ!! ライズ/ロッキーとは違い、1.2LのNAのみに(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!