新RAV4発売日判明! アルファード絶好調!! 次期タントなど新車の「いま」が全部判明


 2018年末から2019年にかけて、早くも多くの新型車とその情報が登場し、新車市場は活況の様相を呈しています。

 本稿では毎日自動車ディーラーを回り、日々新しい新型車の情報を聞いて回ってくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏より、各メーカーの新車情報を伺った。

 今回の目玉はトヨタの新型SUV、RAV4の発表発売日、アルファード/ヴェルファイアの売れ行き、新型エクストレイルの動向などなど。今回も盛りだくさんでお届けします。

文:遠藤徹
ベストカー2019年1月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■新型RAV4は2019年4月10日の発表、発売

 トヨタは新型RAV4を2019年4月10日に発表、発売する方向でスケジュール調整を行っている模様です。販売店は、全国的には当面カローラ店、ネッツ店の併売となりそうで、東京地区などのメーカー資本店地域は4月に1法人に統合するため全店扱いとなります。

 パワーユニットは海外向けでは2.5L&3.5Lを搭載しますが、国内仕様はこれと異なる見込みです。2Lガソリンエンジン&2Lハイブリッド、もしくは2.5Lガソリンエンジン仕様で同様の組み合わせになるのが有力となっています。

 また、ハリアーがアッパーミディアムクラスなのに対して、RAV4はミディアムクラスで、ラフロードでの走破性のよさも配慮し、最低地上高が高いのが特徴となります。

 乗車人数は、2列シート5人乗りと3列シート7人乗りを設定する見込みです。

2018年3月のニューヨークショーで先行公開された次期型RAV4。日本市場での発表発売は「2019年春」と明言された。今回4月であることが判明

■アルファード/ヴェルファイアの納期が2019年4月以降に

 2018年11月に一部改良したラグジュアリーミニバンのアルファード/ヴェルファイアが好調な売れゆきを見せています。そのため、12月上旬現在の納期は2019年4月中旬で、4カ月待ちとなっています。

 この改良モデルは、見栄えのよさや安全対策強化がウリとなっています。

 一昨年のマイナーチェンジで外観を大きく変更したことによって、ヴェルファイアよりもアルファードのほうが人気は高くなっている状況は、いまも続いているようです。

次ページは : ■ノア/ヴォクに続くエスクァイアも1月7日に一部改良&2列シート5人乗り設定

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ