新RAV4発売日判明! アルファード絶好調!! 次期タントなど新車の「いま」が全部判明

■CX-5が追加モデル、特別仕様車の設定で同クラスのトップセラーに

 ミディアムクラスのSUV、CX-5が好調な販売推移を見せています。2018年11月における登録台数は5193台でミディアムクラスのSUVではトヨタハリアー、日産エクストレイル、スバルフォレスター、ホンダCR-Vという強豪を抑えトップブランドに浮上しているのです。SUVジャンル全体ではトヨタC-HRに次いで2位であり、ホンダヴェゼルも抜いています。

 CX-5は2018年10月中旬に一部改良が行われ、2.5Lターボや特別仕様車「エクスクルーシブモード」を設定し、商品ラインナップを強化したのが好調な売れゆきに貢献しました。成約後の納期は約2カ月待ちであり、生産が追いつかないほどの人気ぶりとなっています。

マツダの新世代を代表するCX-5。ディーゼル仕様も評判が高く、ミドルクラスSUVのなかでも存在感を増している

■新型フォレスターが絶好調で納期は2019年4月以降に

 2018年6月下旬にフルモデルチェンジした新型フォレスターが、引き続き好調な販売推移を見せています。これによって、2018年12月上旬現在の納期は3月上旬ですが、2019年に入ると4月以降にずれ込む状況になっています。

 また、発売当初は2Lのe-BOXERエンジンを搭載したグレードの「アドバンス」の受注構成比は40%でしたが、これが直近では60%に跳ね上がり、納期がより長期化する傾向が強くなっています。それでもスバルとしては、増産を控え、しばらく様子を見ることにしており、納期の長期化はもう少し続きそうな状況が伺えます。

■次期型タントに派生モデル設定か?

 ダイハツは2019年中にも投入する次期型タントに派生モデルを設定する方向で開発を進めている模様です。

 ライバルのホンダN-BOXに「スラッシュ」、スズキスペーシアに「ギア」を設定していることに対抗させる狙いがあるようなのです。

 どのようなコンセプトになるのか明らかになっていませんが、最もニーズの高い「スペーシア・ギア」のようなSUV色の強い仕様になる可能性が高いです。

 次期型タントは新開発プラットフォームによってクラス最大の居住空間や安全性の大幅向上を実現し、EV走行可能なフルハイブリッドを採用するなど、強力なウリが盛りだくさんになることから、その派生モデルは次期型の投入後1〜2年後の発売に先送りされる可能性もあります。

2019年内に発売が予想される新型タント(本誌予想CG)。登録車を含む2018年の暦年販売台数トップがホンダN-BOX、2位がスズキスペーシア。そうしたライバルに追いつき追い越すため、ダイハツタントは商品力を高めてデビュー予定

■新型デリカD:5ディーゼル車の人気は高いか? それとも今一歩か?

 2019年2月に発売するビッグマイナーチェンジしたデリカD:5のディーゼル車は2018年11月下旬から事前の予約受付を開始しています。

 その予約状況は、首都圏にある三菱自動車の販売店によると「滑り出しは好評か不評かの判断が難しい状況にある」といいます。フロントマスクは個性が強く、好き嫌いが明確に分かれているようなのです。また、従来モデルに比べると価格が約40万円もアップして、高過ぎるといった声も強くあります。

 マイチェンした新型の走りは2.2Lクリーンディーゼルと、ATが6速から8速に切り替わったことで、パワフルかつ静かでなめらかといったことがウリになっています。そのため発売後は、試乗を通じて売り込みの強化を進める方針です。

2018年末にデザインが公開されたビッグマイチェン版デリカD:5。正式発表発売は2019年2月を予定

次ページは : ■レクサスUXの売れゆきが好調にスタート

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!