インド市場もビックリ仰天!? ジムニー5ドア発表現場の混沌とロングジムニーの魅力

インド市場もビックリ仰天!? ジムニー5ドア発表現場の混沌とロングジムニーの魅力

 インドはデリーにて2年に1度開催されるモーターショーにて、スズキの現地子会社マルチスズキインディア社が、ジムニー5ドアモデルを発表した。日本国内でも極めて注目度の高いこの新型車を現地からレポートする!

文/小林敦志、写真/小林敦志、スズキ

■隔年開催のインディア・エキスポマート

インドのモーターショー「インディア・エキスポマート」で、スズキのインド子会社、マルチスズキインディア社が発表したジムニー5ドア
インドのモーターショー「インディア・エキスポマート」で、スズキのインド子会社、マルチスズキインディア社が発表したジムニー5ドア

 偶数年ごとにインドの首都デリー郊外の“ノイダ市”にある、“インディア・エキスポマート”にて隔年開催されていたのが、“オートエキスポ(以下デリー・オートエキスポ)”。

 だが、今回は昨年、つまり2022年が新型コロナウイルス感染拡大により開催できなかったので、奇数年であるのにも関わらず2023年に変則的に開催されることになった。

 スズキの現地子会社が“マルチスズキインディア社(以下マルチスズキ)”だ。インド国内において、2021歴年締めとなるインド国内での一般乗用車販売台数だが、同社のシェアは63.6%とかなり高い。つまり、圧倒的にスズキブランド車がインド国内で売れているのである。

 そのマルチスズキはデリー・オートエキスポ会場においても、最大規模といってもいい広大な展示ブース面積を誇り、プレスデー期間中の2日間にプレスカンファレンスを2回から3回行い(2023年は2回)、毎回その存在感を強くアピールしている。

マルチスズキはまず、クロスオーバーSUVタイプのBEV(バッテリー電気自動車)試作車となる「eVX」
マルチスズキはまず、クロスオーバーSUVタイプのBEV(バッテリー電気自動車)試作車となる「eVX」

 デリー・オートエキスポ2023では、プレスデー初日となる1月11日に1回目のプレスカンファレンスが行われ、クロスオーバーSUVタイプのBEV(バッテリー電気自動車)試作車となる“eVX”を発表した。

 2022年末に日本のネット上で「年明け1月開催のデリー・オートエキスポにて、ジムニーの5ドアバージョンがデビューする」との情報が流れていた。だが、初日1回目のプレスカンファレンスでは発表がなかった。

 そのため、2回目のプレスカンファレンス”(トルツメ)において、ジムニー5ドアがデビューするかもと考え、プレスデー2日目はマルチスズキのプレスカンファレンスに全神経を集中させていた。

■2回目のプレスカンファレンスでジムニー5ドアが登場

リアドアを備えて5ドアとなったスズキジムニー
リアドアを備えて5ドアとなったスズキジムニー

 そんなことは筆者以外のインド内外のメディア関係者も察しており、関係者以外入れなかったマルチスズキブースがプレスカンファレンス直近にメディアだけに開放されると、一斉にメディア関係者が少しでも良い席をゲットしようとダッシュしていた。

 プレスカンファレンスでは、「インド国内のSUVセグメントにおいて、販売シェア50%を取り返し、ナンバー1になりたい」と発表。ご多聞にもれずにインドでもサイズの大小を問わず、広くSUVが良く売れるようになっている。

 ライバルメーカーの追随をこれ以上許さない意味でも、今回はより隙間のないSUVの緻密なラインナップ構築を図ろうとするなか、ジムニー5ドアはデビューしたといっていいだろう。

 なお同じプレスカンファレンスでは、全長4メートル未満となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「フロンクス」もワールドプレミアされている。

マルチスズキが発表した新型SUV「フロンクス」
マルチスズキが発表した新型SUV「フロンクス」

 ジムニー5ドアはインド国内における、マルチスズキの上級車専門の販売チャンネルとなる“NEXA(ネクサ店)”の扱いになっている。クルマの複数保有が可能な富裕層家庭のレジャービークルあたりも狙っているように見える。

 ただ、インドで一般自動車ユーザーに好まれる全長4メートル未満に収まっているので、富裕層ばかりをターゲットにしているわけでもなさそうで、中間所得層のファーストカーあたりももちろんフォローしているようである。

 プレスカンファレンスの時には、カメラマンが最前列近くで立ったまま撮り始めるなど、隙間があればドンドンメディア関係者がお構いなしで、“乱入”してくるのが、デリー・オートエキスポでの“お約束”。

 今回のカンファレンスで、セキュリティスタッフ自身が身体を使って“鉄壁のブロック”体制をとり、メディア関係者の乱入を阻止しようとしている様子をみると、インドの人の間でも大注目の新型車となっていたのは間違いないようであった。

次ページは : ■5ドア化のためホイールベースを340mm延長

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ