ジムニー5ドア完全判明! 3ドアとどこが違うのか徹底解説! 日本発売はいつになるのか?

ジムニー5ドア完全判明! 3ドアとどこが違うのか徹底解説! 日本発売はいつになるのか?

 1月12日、スズキのインドにおける子会社、マルチ・スズキ・インディア社が、5ドアのジムニー(日本名シエラ)を発表した。すでに一報をお伝えしているが、今回はスペックとエンジン、グレード、3ドアとの違いなど、今わかっている情報すべてお伝えしていこう。

文/ベストカーWeb編集部
写真/マルチ・スズキ・インディア社

■発表されたボディサイズおよびエクステリアは3ドアとどこが違う?

インドで発表されたジムニー5ドア
インドで発表されたジムニー5ドア

 インドで発表されたジムニー5ドアは、マルチスズキがインドで、スズキの上級ブランドとして展開しているNEXA店で販売される。インド・グルガオン工場で生産され、2023年度(2023年4月以降)から発売、インド市場だけでなく、南アフリカや中南米へ輸出され、順次発売される。なおもちろん右ハンドル。

 インドでの価格はまだ発表されていないが、現地メディアでは3ドアよりも20万ルピー(約30万円)高くなると予想されている。ジムニー3ドアの日本での価格は、JLグレードの5MTが186万3400~JCの4速ATが208万4500円だから、もしこのままの仕様で発売されるとなると、約220万円ほどがスタート価格か。

日本仕様のジムニーシエラ(3ドア)。よく見ると5本グリルがブラックアウトされており、5ドアのメッキ加飾とは印象が異なる
日本仕様のジムニーシエラ(3ドア)。よく見ると5本グリルがブラックアウトされており、5ドアのメッキ加飾とは印象が異なる

 ボディサイズは、全長3985×全幅1645×全高1720mm、ホイールベースは2590mm。日本仕様のジムニーシエラよりも全長435mm、全幅は同じ、全高は10mm、ホイールベースは340mm延長されている。

 エクステリアは、一見リアドアが延長された以外に変更箇所はないように見えるが、フロントグリルがメッキ加飾になっており、リアドアが追加されたのに伴い、リアのオーバーフェンダー形状が異なっている。

キネティックイエローとブルイッシュブラックのルーフカラー、ジムニー5ドア
キネティックイエローとブルイッシュブラックのルーフカラー、ジムニー5ドア

■後席の座面が極端に短い5ドア

ジムニー5ドアのコクピット。基本的には3ドアと共通
ジムニー5ドアのコクピット。基本的には3ドアと共通

 コクピットのデザインに関しては、3ドアと5ドアはほぼ共通。インドでの安いのZETAとALPHAのグレード違いで、タッチスクリーン式ディスプレイの大きさが17.88cmか、22.86cmとなる。

日本仕様のジムニーシエラのコクピット
日本仕様のジムニーシエラのコクピット

 ホイールベースが340mm=34cm延長されたぶんは当然、後席の居住性に充てられている。室内長などのデータは発表されていないため、正確にはわからない。

ジムニー5ドアのインテリア。後席の座面に長さ、ヘッドレストの形状に注目
ジムニー5ドアのインテリア。後席の座面に長さ、ヘッドレストの形状に注目

 ただし、写真を見ていだたければわかるが、後席の座面の長さやヘッドレスト、サイドサポートの形状が大きく異なっているのがわかるだろうか。かなり広くなっていることを期待したいが、ニースペースはちょっとしんどそう。

こちらは日本仕様のジムニーシエラ3ドアのインテリア
こちらは日本仕様のジムニーシエラ3ドアのインテリア

 ラゲッジスペースはリアシートを倒すと3ドアは352Lに対し、5ドアは332L(通常時208L)と20Lも少ない。

ジムニー5ドアのフロントシートを倒した状態。後席の座面が短いのがわかるだろうか
ジムニー5ドアのフロントシートを倒した状態。後席の座面が短いのがわかるだろうか

次ページは : ■エンジンは日本仕様と同じK15B型1.5L、4速ATと5速MTを用意

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ