新型アルファード/ヴェルファイア540万円から堂々デビュー!! 「正統」はヴェルファイア!? 4代目21年目の超絶進化が凄いぞ

新型アルファード/ヴェルファイア540万円から堂々デビュー!! 「正統」はヴェルファイア!? 4代目21年目の超絶進化が凄いぞ

 新型アルファード/ヴェルファイアが2023年6月21日に発表された。アルファードは4代目となり、通算21年目を迎えた。堂々たるそのデザインと内装、そして進化を遂げた走行性能など速報でお届けしよう!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ

■最上級グレード870万円!! 日本が世界に誇るミニバンの王者よ

新型アルファード
新型アルファード

 ついに、ついに!! 新型アルファード/ヴェルファイアが発表された。グレードはパワートレイン、駆動別でアルファードが3グレード、ヴェルファイアが2グレード展開となる。

【アルファード】
・エグゼクティブラウンジ(2.5Lハイブリッド 2WD/4WD選択可)
・Z(2.5Lハイブリッド 2WD/4WD選択可)
・Z(2.5Lガソリン 2WD/4WD選択可)
・Gサイドリフトアップチルトシート装着車(2.5Lハイブリッド 2WD/4WD選択可)
・Gサイドリフトアップチルトシート装着車(2.5Lガソリン 2WD/4WD選択可)

【ヴェルファイア】
・エグゼクティブラウンジ(2.5Lハイブリッド 2WD/4WD選択可)
・Zプレミア(2.5Lハイブリッド 2WD/4WD選択可)
・Zプレミア(2.4Lターボ 2WD/4WD選択可)

 今回の大きなトピックはハイブリッドでも2WDモデルが選択できるようになったことだ。ユーザーの利便性を図るには非常に有効な戦略であることは間違いない。

ヴェルファイアにはタン内装が設定されるなど非常に上質感が増した
ヴェルファイアにはタン内装が設定されるなど非常に上質感が増した

 また福祉車両「ウェルキャブ」のサイドリフトアップチルトシート車もスタートから設定するのも大きなトピックだ。

 価格はアルファードのエグゼクティブラウンジが872万円(2WD:850万円)、ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジが892万円(2WD:870万円)となっており、先代のハイブリッドモデルのエグゼクティブラウンジが759万9000円だったことを考えると100万円アップという感じだ。

■ボトムは540万円からとなるが……

新型ヴェルファイア
新型ヴェルファイア

「高くなって買いにくい!!」と思いきや、ボトムグレードのアルファードZは540万円となっている。先代が約400万円からのスタートプライスだったことを考えればやや強気な値上げになっているものの、車両の進化を見れば既存のユーザーも満足できる範囲の価格帯になるだろう。

 また今回のフルモデルチェンジでトヨタが明確にしたのがヴェルファイアが正統になったという判断だ。これまでアルファードから派生したヴェルファイアという位置づけだったが、はっきりとここで線引きが行われたことになりそうだ。

アルファードの内装。まさに新時代のラージミニバンを予感させる
アルファードの内装。まさに新時代のラージミニバンを予感させる

 もちろん社用車などはアルファード、パーソナルユースはヴェルファイアというキャラ分けは引継がれるようだが、市場の受け入れ方はまたひとつ違ったものになるだろう。

 発売当初は7人乗りのみの設定だが、8人乗りは2024年に追加されることも判明した。内装やお買い得グレードの詳細は追ってベストカーWebの記事でお届けしよう。

【画像ギャラリー】ド迫力グリルがたまらんぞ!! 新型アルヴェルの画像ドカーンと一挙公開(17枚)画像ギャラリー

 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!