大幅価格アップで歴代最高価格になった新型アルファード/ヴェルファイア! ボディサイズも国産ミニバン最大の全長に!!

大幅価格アップで歴代最高価格になった新型アルファード/ヴェルファイア! ボディサイズも国産ミニバン最大の全長に!!

 いよいよ正式発表された新型アルファード/ヴェルファイア。その価格とボディサイズはどのようなものなのか。国内フルサイズミニバンの真打ちとしてついに姿を現した「キングオブミニバン」の詳細を追った。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■新型の価格帯は540万~872万円に先代から大幅に向上へ!

ついにデビューした新型アルファード。その価格帯は540万~872万円と先代型からは大幅に向上した
ついにデビューした新型アルファード。その価格帯は540万~872万円と先代型からは大幅に向上した

 まずはアルファードの車両本体価格から。最上級グレードとなるエグゼクティブラウンジには直4、2.5LハイブリッドのFFが850万円、4WDのE-Fourは872万円。また、Zグレードには2通りのパワートレーンが用意されており、直4の2.5LハイブリッドのFFが620万円、E-Fourが642万円。同2.5LガソリンのFFが540万円、4WDが559万8000円。

 一方、ヴェルファイアはエグゼクティブラウンジの直4、2.5LハイブリッドのFFが870万円、E-Fourが892万円。Z PremierはハイブリッドのFFが690万円、E-Fourが712万円で、直4の2.4LターボFFが655万円、同4WDが674万8000円。2.4Lターボ車のみハイオク仕様となる。アルファード/ヴェルファイアともにすべて7人乗り仕様となる。

新型アルファード/ヴェルファイア価格表
新型アルファード/ヴェルファイア価格表

 先代型アルファード/ヴェルファイア最終型の価格帯が359万7000~775万2000円であったこと考えると、スターティングプライスで約200万円、最上級グレードで約100万円アップの価格設定となっている。進化した分、価格のほうもそれに合わせて上級移行した感じだ。

■ボディサイズはほぼ先代型と同じだが、全長はアップ!

新型アルファード/ヴェルファイアのインテリア。2列目シートと3列目シートの距離は先代型比で各々5mm、10mm前後席間距離を確保している
新型アルファード/ヴェルファイアのインテリア。2列目シートと3列目シートの距離は先代型比で各々5mm、10mm前後席間距離を確保している

 また、新型のボディサイズは全長4995×全幅1850×全高1945mm、ホイールベースは3000mmと先代型と比べて全長で45mmアップしたものの、全幅と全高に関してはほぼ先代型と同じサイズをキープし、ホイールベースは先代と共通だ。

 ちなみにLサイズミニバンの日産エルグランドの現行型(価格379万9400~545万9300円)は全長4965×全幅1850×全高1815mm、ホイールベース3000mmなのでエルグランドを抜いて新型アルファード/ヴェルファイアが国産ミニバンで最も全長が長いモデルとなった。

 このサイズは一般的な機械式駐車場の制限サイズとなる全長5000mm以下、全幅1850mm以下に収まるギリギリとなっている。とはいえ、平板になりがちになってしまいがちなミニバンのボディサイド部分に抑揚を持たせる意匠を採用することで堂々たるエクステリアデザインを実現している。

 このあたりは「ボディの大きさにふさわしい筋肉をつけた」とトヨタでは説明していたが、まさにその表現どおりの体躯を身につけたといっても過言ではないだろう。

次ページは : ■新型は堂々たるサイズと広い室内空間を維持しながら力強さ&躍動感を演出!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ランクルミニの確定デザイン入手!! ベストカー10月10日号

 10月10日号のベストカーは、ランドクルーザーミニの第一報をお届けします。ランドクルーザー250が…

カタログ