進化し続けるGT-Rはどこへ向かうのか? ついに1060万円超え!!!


■熟成し続ける姿勢は見習いたいのだが……

 2019年4月17日、日産はGT-Rの「2020年モデル」を発表(いわゆる年次改良仕様)。合わせてGT-RおよびフェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」、「フェアレディZ 50th Anniversary」を公開した。

1969年に初代スカイラインGT-Rと初代フェアレディZが誕生。生誕五十周年を記念して特別仕様車が設定され、またGT-Rは2020年モデルへと進化を遂げた

 現行型のGT-Rは2007年12月に発表されており、現在12年目に入っている。世界のスーパーカーのなかでも異例の長寿モデルといえる。

 毎年進化を重ねており、性能は大きく向上し、価格も当初777万円から用意されていたものの現行モデルで1063万1520円~となった。

 いまだ熟成を重ね、進化し続ける姿勢は立派だし、なにより日本を代表するスポーツカーとしてファンを大事にする思想も感じられる。とはいえそろそろフルモデルチェンジ、次期型開発の話も聞いてみたいが、残念なことにそうしたニュースはいっさい入ってこない。

 ブランド誕生50周年となる今年はくしくも東京モーターショーの開催年となる。

 特別仕様車を用意するのもよいが、目の覚めるような驚きのショーモデル出品にも期待したい。

■【GT-R標準仕様の変更点】

 2020年モデルでは、これまでGT-R NISMOに採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を標準仕様にも採用。レース用ターボチャージャーに多く使用されているこの技術は、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現しているという。


NISSAN GT-R 2020年モデル GT-R Premium edition。ボディカラーは新色の「ワンガンブルー(4RPM) 」。こういうネーミングセンス、日産は「わかってるなぁ、うまいなあ…」と思ってしまう

 また、街乗りからサーキットまであらゆるシーンにおいて、より最適なギア段を選択し、コーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、「Rモード」専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定。

 コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギア段を選択し、より鋭いコーナー進入と同時に、再加速時の駆動レスポンスを向上。新たなサスペンションセッティングを行い、速さはもちろん鋭い応答性と乗り心地の質の高さを実現した。

 さらに、ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるようブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを実現。

 ボディカラーには、見る角度により表情を変える新色のワンガンブルー(4RPM)を設定している。

●GT-R標準仕様新価格
GT-R Pure edition 1063万1520円
GT-R Black edition 1253万9880円
GT-R Premium edituion 1210万5720円

次ページは : ■【GT-R NISMO仕様の変更点】

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ