新型ランクル70本日発売開始! 価格は480万円で1グレード展開! 早くも注文殺到必至!

新型ランクル70本日発売開始! 価格は480万円で1グレード展開! 早くも注文殺到必至!

 2023年8月、トヨタランドクルーザー250とともに公開されたランクル70が2023年11月29日、ついにカタログモデルとして正式発売となった。注目の中身は? 速報をお伝えしていこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■価格は480万円で1グレード!

ついに正式発表されたランドクルーザー70。基本的な車体パネルは昔ながらのものだがヘッドライトは周囲がリング状に光る丸形を採用する。写真のボディカラーはアティチュードブラックマイカ(218)
ついに正式発表されたランドクルーザー70。基本的な車体パネルは昔ながらのものだがヘッドライトは周囲がリング状に光る丸形を採用する。写真のボディカラーはアティチュードブラックマイカ(218)

 11月29日、13時30分、ランドクルーザー70が正式に発売された。注目の価格は480万円、AXグレード、6速ATのみのラインナップとなる。月産台数は400台。

 1984年11月、それまでの40系の後継として登場したランクル70。国内では2004年7月に販売を終了しているが、70はランドクルーザーの本流であるヘビーデューティシリーズとして、現在も海外向けに生産、販売が継続されている。

 今回、基本部分はそのままに、時代にマッチした環境対応などの改良を実施して改めて日本国内での販売が再開されたのだ。

 ランクル70は2014年8月から2015年6月まで、30周年を記念して期間限定で国内復活販売されたことがあるが、今回は期間や台数を限定することなく、カタログモデルとして継続的に販売する。

■レトロなデザインはそのままに中身は進化

70は従来通り背面タイヤを装備し、荷室扉は横開き。全長4890mm、全幅1870mm、全高1920mmでホイールベースは2730mmだ
70は従来通り背面タイヤを装備し、荷室扉は横開き。全長4890mm、全幅1870mm、全高1920mmでホイールベースは2730mmだ

 歴代70の丸目ヘッドランプはデザインをそのままに、LED化が図られ、Bi Beam LEDヘッドランプ(ロー・ハイ)と、LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ)が、機能性を高めながら70らしさを強調。機能性と伝統を調和させた、アイコニックなデザインに進化した。

 気になるボディカラーは3色展開。スーパーホワイト2(040)、アティチュードブラックマイカ(218)、ベージュ(4E9)を用意する。特にベージュは、1980年のランクル60から43年もの間、親しまれ続けてきた伝統のボディカラーだ。

道なき道をいくランクル70
道なき道をいくランクル70

 ボディサイズは全長4890×全幅1870×全高1920mmでホイールベースは2730mm。トレッドはフロント1555mm、リア1460mmだ。最低地上高は200mmを確保している。車両重量は2300㎏。

 2014年に再販された76型のバンと比較すると、全長が80mm延伸されたが、テールライト一体型のリアバンパーに変更された影響だろう。また前作と違って乗用車登録となるため、車両重量が180㎏重くなっている。

 オフロード走行に関わる対地障害確度は、アプローチアングルが33度、ランプブレークオーバーアングルが26度、ディパーチャーアングルが23度に設定。最小回転半径は6.3mだ。

ランクル70はラダーフレームを採用する
ランクル70はラダーフレームを採用する

 骨格には、先代から継続採用(一部改良)された高剛性ラダーフレームを採用。フロントサスペンションには操縦安定性に優れたコイルスプリングサス、リアには頑強性の高いリーフスプリングを用いたリジットサスを採用し、オフロード走破性と乗り心地の両立を図っている。

 堅牢なフレームに支えられる足元には、16インチのタイヤホイールを装備。タイヤサイズは265/70R16で16×7Jのアルミホイールを設定した。PCD150でボルト数は5となる。

次ページは : ■2.8L直噴ターボディーゼル+6速ATを組み合わせる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!