マジかよスゲーな!! 新型スイフトMTだけ唯一の免税に!! 新開発エンジンの燃費が衝撃すぎ!! 価格は172万7000円~

マジかよスゲーな!! 新型スイフトMTだけ唯一の免税に!! 新開発エンジンの燃費が衝撃すぎ!! 価格は172万7000円~

 7年ぶりのフルモデルチェンジとなるスズキ 新型スイフト。目玉は新開発の3気筒1.2Lエンジンとトランスミッションで、メインはマイルドハイブリッドとなるが、ピュアなガソリンもラインアップ。価格は172万7000円~233万2000円となる。CVTは12月13日、MTは年明け1月17日の発売予定。

文:ベストカーWeb編集部/写真:奥隅圭之

【画像ギャラリー】いやいやこの内装超イイやん!! 新型スイフトの全貌を写真で(8枚)画像ギャラリー

■エンジン性能爆上がり!! まずは燃費を見て

新開発のエンジンはRSt以来の3気筒に。現状ターボはないが、もしや追加される可能性も!?
新開発のエンジンはRSt以来の3気筒に。現状ターボはないが、もしや追加される可能性も!?

 電動化が当然の今、我らがスイフトはまさかの新開発エンジンを搭載。

 先代モデルに当初設定されていたRSt以来久々の3気筒エンジン採用となるが、今回はターボはなし。

 上からMZ→MX→XGとなるが、ベースのXG以外はマイルドハイブリッドが組み合わされ、WLTCモード燃費は24.5km/L(MTモデルは25.4km/L)。一方のガソリンモデルは23.4km/Lをマーク。

 ご覧の通り、マイルドハイブリッドとガソリンを比べると燃費に大差はなく、逆に言えばそそれだけエンジンの素性がいいのだ。

 ちなみにエンジンに加えてCVTも新開発となるが、MTは先代モデルのキャリーオーバーとなる。

 3気筒エンジンは振動や音などネガな部分が取り沙汰されがちだが、そこはスズキ。しっかりと対応しているのだ。

 たとえば構造用接着剤を現行モデルよりも多用。さらにダッシュパネルの板厚アップやフロアカーペットの目付アップなど対策を講じているのだ。

■高級車並!! 先進安全装備が充実しすぎ

新型スペーシアと同様にデュアルセンサーブレーキサポートIIを標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで従来よりも認知範囲が格段に広く
新型スペーシアと同様にデュアルセンサーブレーキサポートIIを標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで従来よりも認知範囲が格段に広く

 先進安全装備もレベルアップし、衝突被害軽減ブレーキはもちろん全車速追従式クルーズコントロール(以下ACC)も全車標準。

 最上級グレードのMZのみ電子パーキングブレーキが採用され、ブレーキホールド機能も完備。

 それ以外のグレードの停止保持時間は数秒間となるが、違いはその程度にとどまる。

 最大のトピックスはACC作動時にカーブに差し掛かった際に、クルマが検知して自動で減速してくれるカーブ速度抑制機能が全車標準となったこと。

 この機能一部の高級車には採用され始めているが、手ごろな価格帯のスイフトに採用されたことは素直にスゴい!!

次ページは : ■スポーツカー並やん!! 内装の工夫が最高すぎ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!