新型eKスペース世界初披露!! 三菱は新型軽と小型SUVで勝負!!【東京モーターショー2019】

■来春発売の新型eKスペースに間違いなし

 2019年10月23日(水)、三菱自動車は東京モーターショー(東京ビッグサイト西ホール)のプレスブリーフィングにて、新型軽自動車スーパーハイト軽ワゴンコンセプトと、PHEVの小型SUV「MI-TECH CONCEPT」の2台を世界初披露した。

【写真ギャラリー】新型スーパーハイト軽と夢の小型SUV(内装もアリ!!)

スーパーハイト軽ワゴン。ライバルはホンダN-BOX

 最大の注目車はやはり来春「eKスペース」の次期型として発売予定の「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」だろう。日本の全新型車のなかで最も売れている王者ホンダN-BOX、ライバルであるダイハツタント、スズキスペーシアといった強豪ひしめくカテゴリーに、日産との共同開発車として投入する。

 勝負のポイントは室内の使い勝手とデザイン、安全技術。日産のプロパイロット技術を応用した「MI-PILOT」を搭載し、クラストップレベルの安全性能を売りにする。

 また、今年(2019年)3月に投入され、好調な売れ行きを見せている軽ワゴンのSUV風グレード「eKクロス」、このスーパーハイト軽版も投入されるかどうかも見どころ。昨今どのカテゴリーでも「SUV風グレード」が売り上げの伸ばすなかで、元祖SUVメーカーともいえる三菱がどういう手を打ってくるか。発売が楽しみだ。

広大なスペースが特徴。三菱らしく、若干のSUV風味

■市販化できればPHEV界に革命が

 また、前述のように、もう一台お披露目されたコンセプトカー「MI-TECH CONCEPT」も、注目すべき点がいくつかあった。

 このコンセプトカー、駆動力はモーターを使用するが、充電用として(ガソリンエンジンではなく)「ガスタービンユニット」を搭載しているとのこと。ガソリンや軽油を使ったエンジンよりも小型化でき、さらにガソリン、軽油、灯油、アルコールなどの燃料が使用可能だという。

三菱MI-TECH CONCEPT。小型SUVのPHEVということで、もし市販できればPHEV界に大きな変革を巻き起こすことができるだろう

 従来、PHEVはバッテリーのスペースとエンジン、モーターが積まれる関係で、小型化が難しかった(だから市販PHEV車は中型車以上ばかり)。しかし今回発表された技術が実現したら、PHEV界に革命が起こるだろう。

 発表されたコンセプトカーはバギー風で、正直いってまだまだ市販に時間はかかりそうだが、「三菱はこれから、SUVと電動車で生きていく」というメッセージが色濃く伝わる発表だった。

屋根も両サイドのドアもなく、まだまだ市販は遠そう。しかし志は高く、三菱の方向性もよく伝わる展示だった

 東京モーターショー2019は、10月25日から11月4日まで一般公開。東京都江東区の東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、メガウェブで開催される。チケットは一般2000円(大人)。各プレイガイドにて販売されるが、初の試みとして高校生以下は入場無料となる。

【写真ギャラリー】新型スーパーハイト軽と夢の小型SUV(内装もアリ!!)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ