スープラ復活から150日経過! 新型納車待ちは今も1年以上なのか!?

 デビュー当初は、「あのスープラが復活する!」と各種メディアで取り上げられ、トヨタも大々的にCMを打ったため話題になっていた新型『スープラ』だが、最近はその情報もぱったり…。

 実際に街中で見ることもないし、世の中の話題も『グランエース』や『ヤリス』に持っていかれてしまっている感は否めない。

 では、実際の販売の現場ではどうなっているのか? 依然として、日本に入ってくる台数が少なく、バックオーダーが膨らんでいる状態なのだろうか? 現在の販売状況を調査してみた。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA、Magna Steyr、編集部

【画像ギャラリー】2020年にはレーシングカーも登場! スープラのグレードをおさらい


■人気グレードはRZ。日本より北米市場で需要拡大

 復活した新型『スープラ』が発表、発売になったのが2019年5月17日だった。それから早くもおよそ150日が経過した。

伝統の直6エンジン搭載グレードの「RZ」(=手前、ボディカラー白)と2L直4エンジン搭載の「SZ」(=奥、ボディカラー黒)

 発売以降の登録推移をたどると5月はゼロ、6月:8台、7月:39台、8月:79台、そして9月:156台となっている。月を追うごとに2倍以上のペースで急増しているものの絶対的な台数はまだ少ない。当初公表した月販計画は220台だった。これから見てもちょっと物足りない印象が伺える。

 トヨタによると「受注はかなりの台数に達しているが供給が間に合っていない。海外に工場があるのと、アメリカでの需要が旺盛であるため両方で取り合い状態になっているためだ。今後は登録ベースでももっと増えると思う」とコメントしている。

 これまでの受注台数は公表されていないが、トータルだと3000台規模に達していると思われる。全数、受注してからの組み立て発注で、第1段階の初期オーダー分は大部分を占める最上級グレードの3Lである「RZ」(8速スポーツAT)はボディカラー別の限定生産で、こちらはすべて成約者が決まった。

 即完売したので第2弾の申込を受付けているところであり、こちらについても順調に受注が進んでいるという。組み立てているのはマグナシュタイヤー社のオーストリア・グラーツ工場で、ラインオフ後に船積みされ、約1カ月かけて輸入される。この新型スープラはトヨタとBMWの共同開発で、パワーユニットは3L直6と、2L直4。

マグナシュタイヤー社のグラーツ工場は、自動車メーカーの受託生産を行なう工場で、現在はメルセデスベンツのGクラス、BMW5シリーズ、ジャガーE-PACE/I-PACEなどの組み立て・製造を行なっている

 グレード構成は3LのRZ、2LはSZ-RとSZで合わせて3タイプ。このうち受注が集中しているのがRZで、2Lの希望はまだわずかにとどまっている。今後、時が経過すれば下級シフトし、2Lも売れるようになると見られている。

 ボディカラーはホワイトメタリック、アイスグレーメタリック、シルバーメタリック、ブラックメタリック、プロミネントレッド、ディープブルーメタリック、ライトニングイエローの7色。

ボディカラーは全8色(実質7色だが…)。マットストームグレーメタリックは2019年の割り当て台数が24台と少なく、購入者を抽選で決定。次回の発売時期は未定だ

 最上級のRZはそれぞれ生産するボディカラーの台数が決まっており、シルバーメタリック、ディープブルーメタリック、ライトニングイエローメタリックは第2弾の生産分も終了に向けてカウントダウンに入っているようだ。

■新型スープラ、購入するための流れはどうなっているのか?

 扱い店はトヨタ全系列店だが、従来モデルではカローラ店の専売だったこともあり、同系列店を中心に引き合いが多くなっている。

 首都圏にある某カローラ店でRZ(車両本体価格702万2778円)に、ガラスガードコスメ、ETC、ドライブレコーダーなどオプション16万5000円程度をつけて、法定、法定外諸費用を含めてそろばんを弾いて貰うと、総額747万円弱と出た。値引きは車両本体から5万円くらいから。付属品は5~13万円のコーティングサービスをしている店舗もある。

 納期はRZで約1年、ほかは半年程度となっている。申し込みの予約金は2万円、成約すると30万円の申込金が必要になる。成約すると正式な納期日程が提示される仕組みとなっている。

 扱い店はトヨタ全系列店だから、条件よく購入するには東京以外ならトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店を回り、競合させながら交渉を進めるとよい。ただほかの量販モデルと違い、生産枠があり、納期が長いのでどこも強気の商売をしている。

 扱い店によって異なるのは、車両本体以外の下取り車の買い取り額、付属品、オプションサービスなどだから、こちらに重点を置いて交渉を進めるとよい。最上級のRZを中心に今後は毎年のようにカラーリング、オプションなどのラインアップを変える変更があり、これで高い商品力を維持させる方針のようである。

欲しい人しか買わないクルマなので、販売店としても強気の商売といった印象だ

■新型スープラの現状を、販売店に直撃

証言1:首都圏カローラ店の営業マン
 歴代スープラはカローラ店の専売モデルだったので、同系列店が最も受注台数が多い状況にある。今のところ、ほとんどが最上級のRZで占められる。昔のスープラファンがこぞって買い求めている状況だ。したがって中心の年齢層は50~60代と高い。高額であり、若い層はあまり多くない。

 試乗車はいずれもRZであり全社で3台程度用意し、各拠点で1カ月くらいの持ち回りで配置するようにしている。この店舗はRZをまだ1台しか売っていないが問い合わせはかなりある。話題性があるので、これによってほかの扱いモデルの商談機会の増加にも繋がっている。

証言2:首都圏トヨタ店営業マン
 ひと頃に比べると、商談の件数は頭打ちになっている印象がある。今現在の納期はRZが2020年5月以降、2Lが4月以降となっている。

 カラーは外装と内装の組み合わせで、それぞれ出荷台数が決まっており、ほかは選べないようになっている。予約金は総費用の10%程度をいただくようにしている。

証言3:首都圏トヨペット店
 問い合わせはかなりあるが、商談に結び付くのは少ない状況にある。納期はRZが2020年4月以降、2Lは5月以降となっている。予約金はないが、成約し登録時に全額をいただくようにしている。

証言4:首都圏ネッツ店
 スープラの売れ行きはぼつぼつといったところで、発売当初からするとかなり鎮静化している。納期は2020年の5~6月で成約した時点で明確になる。ボディカラーによって選べるグレードが左右される。予約金は予約してから5日以内に30万円、10日以内に残りの全額を振り込んで貰うようにしている。


 国内での受注は一段落といった感じの新型スープラだが、すでに受注している分をさばくために、今注文しても納車されるのはどの販売店でも2020年4月以降になる。日本への割り当て台数にも限りがあるだけでなく、生産自体も追いついていないのが現状のようだ。

 生産をマグナ・シュタイヤー社のグラーツ工場に一任している関係で、トヨタとしてもこの供給不足を打破することは容易ではないだろう。

【画像ギャラリー】2020年にはレーシングカーも登場! スープラのグレードをおさらい

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ