【災害時でもほとんどの家電が使える!】 停電に強い最新国産車 30選


 9月9日に千葉県を直撃した台風15号の影響で、大規模・長期間に渡る停電が発生した。記録的な暴風によって電柱や鉄塔が倒されてしまったためだ。

 そんな中、東京電力は電気が使えない地域に電気自動車やハイブリッド車約40台を派遣し電力供給を行った。ハイブリッド車や電気自動車は災害などで停電が発生した際に非常用電源として役立てられるのだ。

 クルマ選びの際、停電の際に電源にできるというのは重要な要素なのではないか。ここでは、家庭用の家電のほぼすべてが使用可能、お湯を沸かせる電気ポットやケトルが使用可能な「AC100V、1500Wのコンセントを装備できる」クルマを集めた。

 1500W給電が無理なクルマの場合の備えも伝授!

【画像ギャラリー】ドラレコと並んでもはや必須能力!? AC100V、1500Wのコンセントを装備できるクルマたちをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
車両解説:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■AC100V、1500W給電が可能なクルマ14台

●トヨタ アルファード

 高級ミニバンの代名詞・アルファードハイブリッド(HV)。AC100V、1500Wのソケット数は標準装備グレードでは5個、メーカーオプション(6万6000円)となるグレードでは3個設定されている。車両本体価格は446万6000円~。

●トヨタ RAV4

 各要素の絶妙なバランスにより大人気となっているミドルSUVであるRAV4。HV全グレードにメーカーオプション(4万4000円)で設定されており、ラゲッジスペースにソケットを1個設置できる。車両本体価格は326万1500円~。

●トヨタ プリウスPHV

 センターコンソール後部とラゲッジスペース、2個のソケットに加え、充電口からの取り出しも含めメーカーオプション(7万7000円)で設定されている。車両本体価格は323万7300円~。

●トヨタ カローラスポーツ

 VWゴルフをターゲットとするカローラスポーツは、HVのセンターコンソール後部とラゲッジスペースにソケット2個をメーカーオプション(5万2800円)で設定している。車両本体価格は250万4700円~。

●トヨタ C-HR

 クーペルックのコンパクトSUVとして堅調な販売をキープしているC-HRは、HV全グレードにメーカーオプション(4万4000円)で、ソケットをひとつ(コンソールボックス後部)装備できる。車両本体価格は266万2407円~。

●ホンダ オデッセイハイブリッド

 比較的全高の低いラージミニバンながらキャプテンシートもゴージャスなオデッセイは、HV全グレードでオプション設定されている(8万8000円)。本体価格は381万9445円~。

●ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド

 ミドルハイトミニバンであるステップワゴンは、HVの最上級グレードとなるスパーダHV G EXホンダセンシングに標準装備。センターコンソール後部に、USBポートの代わりに装着される。車両本体価格は362万5600円。

●日産 リーフ

 電気自動車のリーフは、標準装備やメーカーオプションでなく、AC100V、1500Wを取り出せる「リーフto100V」(32万7800円)をアフターパーツとして設定している。車両本体価格は330万3300円~。

●日産 e-NV200

 電気自動車で5人乗り商用バンと7人乗りワゴンがあるe-NV200は、センターコンソールと後席前にソケット2つ(消費電力合計1000Wなら15時間使用可能!)を全グレードに標準装備する。車両本体価格は402万8200円~。

●三菱 アウトランダーPHEV

 世界一売れているプラグインハイブリッドカーで超万能なクルマであるアウトランダーPHEVは、センターコンソール後部とラゲッジスペースにソケット2個を全グレードに標準装備。車両本体価格は393万9100円~。

●三菱 i-MiEV

 衝突安全の法規対応で全長を伸ばしたため軽自動車ではなくなったi-MiEVは、ディーラーオプションでAC100V 1500Wを取り出せるミーブパワーボックス(15万6933円)を設定する。車両本体価格は300万3000円~。

●三菱 ミニキャブミーブ

 電気自動車専用の軽1BOXバンとなるミニキャブミーブもi-MiEVと同様にディーラーオプションでAC100V、1500Wを取り出せるミーブパワーボックス(15万6933円)を設定する。車両本体価格は180万1800円~。

●レクサス UX250h

 輸入車をターゲットとするコンパクトプレミアムSUVであるUXは、HVのUX250h全グレードでセンターコンソール後部とラゲッジスペースにソケット2個が、メーカーオプション(4万4000円)で設定されている。車両本体価格は432万8704円~。

●レクサス ES300h

 HV専用のプレミアムセダンであるES300hは、センターコンソール後部とラゲッジスペースの2個のソケットがバージョンLに標準装備、それ以外のグレードにメーカーオプション(4万4000円)で設定されている。車両本体価格は580万円~。

●その他のAC100V、1500W給電が可能なクルマたち16台

次ページは : ■1500W給電が無理なクルマは、インバーターを用意しよう!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ