【災害時でもほとんどの家電が使える!】 停電に強い最新国産車 30選


■白物家電をクルマのコンセントで使ってみた!

 ベストカーでは過去に白物家電をクルマに搭載されているAC100V、1500Wコンセントで使えるかテストを行っている。使用したクルマはMIRAI。

 最大消費電力800Wの電気ケトル、1200Wのドライヤー、セラミックファンヒーター、1240Wの炊飯器が問題なく使用できたほか、最大消費電力1400Wのアイロンも使用できた。

 停電時にアイロンがけはしないだろうがお湯を沸かしたり米が炊けるのは非常に心強い。

MIRAIのコンセントを使用してアイロンがけをする現ベストカーWeb編集部・林。いい笑顔すぎる

【番外コラム】EVを家庭用蓄電池に! 「V2H」を覚えておこう

 日産のリーフ、三菱のi-MiEVなどのEVは、V2H(Vehicle to Home)という、クルマから家に電力を供給する、EVを蓄電池替わりにするシステムに対応している。

 実は電気自動車はお得なのだ。例えばパナソニックの家庭用蓄電池LJB1156だと、容量は5.6kWhで114万4000円(定価)。リーフの場合、e+の容量が62‌kWhで423万9400円、さらに走行可能(当たり前)と蓄電池と比べてお得。

 また三菱自動車では、10月3日から「電動DRIVE HOUSE」という三菱自動車の電動車両の購入と合わせてV2H導入に必要なシステムを簡単に導入できるサービスを開始した。V2Hに興味のある人は、一度商談してみてもいいだろう。

【画像ギャラリー】ドラレコと並んでもはや必須能力!? AC100V、1500Wのコンセントを装備できるクルマたちをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)