【ついにSKYACTIV-X登場間近】今年の風雲児「マツダ3」はどれを買えばいい?

 2019年5月のデビューから半年が経過した「マツダ3」。アクセラから改名した同車だが、2019年12月中旬にSPCCI(火花点火制御圧縮着火)方式を採用した新エンジン「SKYACTIV-X」をついに投入する。

 マツダのリリースによれば、SKYACTIV-Xを搭載したマツダ3は、12月5日に全国で発売される。

 そうなると、マツダ3のエンジンラインナップはガソリン、クリーンディーゼル、SKYACTIV-Xの3種類となる。さらに2WDと4WDを選べるとあれば、購入を考えている人にはどれがお薦めのグレードなのか悩ましい問題となる。

 今回は、注目のSKYACTIV-Xも購入対象として含めた場合、どのグレードが最もお得にマツダ3の走りを楽しめるのか、多角的に解説する。

※11月25日 12時にSKYACTIV-Xの情報を追加しました。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、MAZDA

【画像ギャラリー】ファストバック専用の赤レザーを採用したクリーンディーゼル最上位モデルもある!


■種類が多いエンジンラインナップ、まず脱落するのは?

 マツダ3のバリエーションは多岐にわたる。ボディはファストバック(5ドアハッチバック)とセダンの2種類を用意した。エンジンは、ガソリンが直列4気筒の1.5L(ファストバックのみ)と2L、1.8Lクリーンディーゼルターボ、さらに2LスカイアクティブXも選べる。

マツダ3 ファストバック(222万1389~328万1055円)
マツダ3 セダン(251万5741~320万9555円)

 1.5Lガソリンとクリーンディーゼルターボの発売は2019年5月だが、SKYACTIV-Xは、開発の最終段階で使用燃料をレギュラーガソリンからプレミアムに変更して半年以上遅れた。それでもようやく動力性能と燃費数値が明らかにされ、普通にグレードを選べるようになる。

 ファストバックとセダンは価格が等しい。従って純粋に使い方や好みに応じて選べばいいが、受注状況を見ると、ファストバックが80%でセダンは20%だ。従来型となるアクセラの時代から、イメージリーダーはファストバックで、1.5Lエンジンを選べることこともあって比率を高めた。その半面、ファストバックの後方視界はセダンに比べて悪いから注意したい。

 エンジンに基づく価格の違いもチェックする。1.5Lは装備がシンプルだから比べにくいが、2Lの20Sプロアクティブは、1.5Lの15Sに比べて29万4352円高い。このうちの約22万円は、前側方接近車両検知機能、交通標識認識システム、アダプティブLEDヘッドライト、エアコンのフルオート機能、車載通信機、アドバンストキーレスエントリーといった装備の違いで埋まる。そうなると1.5Lと2Lエンジンの正味価格差は7万円前後だ。

 一般的に気筒数や燃料の噴射方法などが同じ場合、排気量が違ってもコストに大差は付かない。100ccの排気量相場は約2万円だ。そうなると500ccなら10万円だから、実質差額が7万円なら2Lが少し割安といえるだろう。

 またマツダ3はボディが比較的重く、1.5Lのファストバックでも車両重量は1340kg(6速AT)に達する。1.5Lは実用回転域の駆動力を重視した扱いやすいエンジンだが、マツダ3のスポーティな性格を考えるとパワー不足だ。

 前側方接近車両検知機能や交通標識認識システムは、1.5Lエンジン搭載車ではオプションでも装着できない。つまり1.5Lは動力性能が不満で安全装備の水準も下がるため、エンジンは2Lガソリン、ディーゼル、スカイアクティブXから選びたい。

■SKYACTIV-X の競争力をエンジン価格差などからチェック

 そこで次は3種類のエンジン価格差を算出する。プロアクティブツーリングセレクション同士で比較すると、2Lガソリンに比べてディーゼルは27万5000円高く、SKYACTIV-Xはさらに40万7407円上まわる。ガソリンとSKYACTIV-Xの間には、68万2407円の開きがある。

 SKYACTIV-Xは圧縮着火を利用する画期的なエンジンだが、構成するメカニズムも多い。エアーサプライシステムと呼ばれるスーパーチャージャー、モーター機能付き発電機を使うマイルドハイブリッドシステム、クリーンディーゼルが採用するようなガソリンパティキュレートフィルター、高燃圧噴射システムなど、高コストな機能がズラリと装着される。

2019年12月中旬に追加される「SKYACTIV-X」。マツダの次世代エンジンだが、ガソリンエンジンでの予混合圧縮着火(HCCI)を、世界で初めて実用・量産化できるところまできた

※価格はすべて消費税込み

 さらに今まで用意されていなかった新しいエンジンだから、量産効果はまったく見込めない。このようなメーカー側の事情もあり、SKYACTIV-Xは同排気量のガソリンエンジンに比べて価格が約68万円上乗せされた。CX-30にも同様のことが当てはまる。SKYACTIV-Xはスペシャルティなエンジンで、一般的な推奨グレードにはなり得ない。

 そうなると選ぶべきは、2Lガソリンかディーゼルだ。価格は前述のようにディーゼルが27万5000円高いが、プロアクティブツーリングセレクション同士の比較で、購入時に納める税額はディーゼルが8万円安い。従って実質差額は19万5000円に縮まる。

 そしてWLTCモード燃費は、ガソリンが15.6km/Lで、ディーゼルは19.8km/Lだ。レギュラーガソリンの価格が1L当たり145円、軽油が125円として計算すると、1km当たりの走行コストはガソリンが9.3円、ディーゼルは6.3円になる。ディーゼルは1km当たり3円の節約が可能で、19万5000円の実質差額を取り戻せるのは、6~7万kmを走った頃だ。

 ユーザーのエンジンフィーリングに対する好みに大きな差がなければ、ディーゼルが買い得になる。1年間に1万kmを走ればエンジン価格差を6~7年で取り戻せて、なおかつ最大トルクも27.5kgm(1600~2600rpm)に高まり、ガソリンの1.4倍に達するからだ。ディーゼルは経済的で動力性能も優れている。

熟成が進んだマツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」

 クリーンディーゼルは、今でもクリーンエネルギー自動車として環境性能割(自動車取得税の後継となる税金)が非課税になり、自動車重量税も免税だ。加えて税額の違いで軽油価格もガソリンより安いため(軽油の税抜き本体価格はガソリンよりも高額だ)、ディーゼルは出費を抑えられる。

 駆動方式の違いにも注意したい。マツダ3の場合、2Lガソリンエンジンだけは前輪駆動の2WDのみで4WDは設定されない。そうなると4WDが欲しいユーザーの多くは、ディーゼルを選ぶ。

■BCお薦めの最もお買い得なグレードは、これ!!

 ディーゼルには、3種類のグレードを用意した。このなかで最も買い得なマツダ3のベストグレードは、XDプロアクティブツーリングセレクションだ(価格は291万1741円)。

 XDプロアクティブツーリングセレクションは、DXプロアクティブに、渋滞時の運転を支援するクルージングトラフィックサポート(XDプロアクティブのオプション価格は5万5000円)、運転席の電動調節機能などを含むドライビングポジションサポートパッケージ(6万6000円)、スーパーUVカットガラスやCD/DVDプレーヤーなどのセットオプション(4万9500円)という合計17万500円相当の実用装備を加え、価格アップは12万円1000円に抑えた。

 300万円近い価格設定は高めに受け取られるが、マツダ3・XDプロアクティブツーリングセレクションには、それに見合うエンジンと安全&快適装備が搭載される。マツダ3の買い得グレードと考えていいだろう。

お薦めのグレード「XDプロアクティブツーリングセレクション」は、2WDが291万1741円、4WDが314万8241円となっている
SKYACTIV-Xのエンジンスペックが、2019年11月25日についに発表! 発売は12月5日となる

【画像ギャラリー】ファストバック専用の赤レザーを採用したクリーンディーゼル最上位モデルもある!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ