【ベンツ、シボレー、プジョー…】2019“影が薄い”輸入新車 5選の評価


 2019年も、さまざまな新車が登場。国産車では、名門の新型カローラやRAV4、マツダ3などがデビューし、話題となりました。

 一方、輸入車ではBMW 3シリーズやメルセデスベンツ Aクラスなど定番どころの新型車も登場していますが、(良し悪しはさておき)日本での注目度は国産車>輸入車というのが実情でしょう。

 輸入車でさらに定番モデルでもないとなれば、なかなか日の目を見る機会は少ないものですが、今年も実力派の輸入車たちがひっそりと日本で発売されています。

 本稿では、12月6日に発表される『日本カー・オブ・ザ・イヤー』を目前に控え、そんな“地味だけど実力ある輸入車”たちを紹介。

 日本の外に出れば、また輸入車に造詣が深い方にとっては、“全然地味じゃない車”も含まれますが、そこはご愛敬ということで、本賞ノミネート車(2018年11月1日~2019年10月31日までに日本で発表・発売されたモデル)の中から5台を解説します。まずは大物の新型車の影に隠れた、この車から!

文:伊達軍曹
写真:編集部、CITROEN

【画像ギャラリー】カー・オブ・ザ・イヤー『10ベスト』に入った輸入車は??


ベンツ 新型Bクラス「Aクラスの影に隠れながらイマイチじゃない!」

メルセデスベンツ Bクラス/全長×全幅×全高:4425×1795×1565mm、価格:392万-422万円

 2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーの「10ベストカー」には、同門のAクラスが華々しく選ばれたわけだが、2019年6月に発売された3世代目の「Bクラス」は、特に話題になることも「10ベスト」に選ばれることもなく、淡々とした毎日を送っている。

 地味な存在ではあるが、3代目Bクラスは決してイマイチな車ではない。

 エンジンはAクラスと同じ1.3L直4ガソリンターボと2Lディーゼルターボで、トランスミッションも7速または8速のDCT。

 2枚のスクリーンを並べたダッシュボードなどもAクラスを踏襲しており、対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」も全車に標準装備だ。

 それなのにほとんど話題にすらならないのは……プロポーションの問題だろうか? シュッとしてるAクラスよりも、ほんの少しだけデブだという。ちょっとだけボディが大きいから、むしろ使いやすいのに。

プジョー 新型508「イカした佇まいと小気味いい走りに狂喜」

プジョー 508(2018年11月発売 ※SW=2019年6月発売)/全長×全幅×全高:4750×1860×1420mm(セダン)、価格:424万7000-526万6000円

 筆者を含む「モテないカーマニア」界隈ではけっこうな話題となった新型プジョー508。

 天才バカボンのウナギイヌっぽいフォルムのセダンだった先代から、イカしたファストバックスタイルに大変貌した一台で、1.6Lガソリンターボと2Lのディーゼルターボエンジン、および最新世代の8速ATを伴って2018年11月に限定モデルのみ先行登場。

 そのイカした佇まいと小気味良い走りに、筆者を含むモテないカーマニアたちは「これはどう考えても売れるだろ!」と狂喜した。

 だが、カーマニアが推す車というのは得てして売れないもので、新型プジョー508も、公道で走っている姿を筆者が見たのはこれまで1回だけ。その1回も、もしかしたらメディアに貸し出した広報車か、ディーラーの社用車だったかもしれない。

 それはさておき、新型プジョー508はいい車である。売れてないということは(たぶん)値引き幅もそれなりにデカいはずなので、日本カー・オブ・ザ・イヤーのことなど気にせず、プジョーディーラーにてチェックしてみることを強くおすすめしたい。

次ページは : シトロエン 新型C3エアクロスSUV「流行りのSUV×優れたデザイン」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ