ヤリスとフィットともに12月デビュー&2020年2月発売!! どっち買う??

 当初11月下旬から来年2月へと発売開始が先送りとなったフィット。これによりトヨタのヤリス、ホンダのフィットがともに12月発表、来年2月発売という運びになった。平成の時代から鎬(しのぎ)を削ってきた2台だけに、因縁めいたものを感じずにはいられない。

 フィットのサイズはまだ未発表、価格はどちらも未発表で、両車ともに未試乗の状態ではあるが、静止状態でも見て座ってみれば、わかることはたくさんある。

 永遠のライバル2車を自動車評論家・渡辺陽一郎氏が解説&比較。購入計画のご参考にぜひ!

【画像ギャラリー】やはり2台は宿命のライバル!!? 新型ヤリス・新型フィットをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月10日号


■ボディサイズは同等でも、中身はこんなに違う!!

優しい顔のフィット(上)と鋭い顔のヤリス(下)。ボディパネルの造形もシンプルなフィットと複雑なヤリスで対照的だ
ヤリスのボディサイズは全長3940×全幅1695×全高1500mmと発表。フィットのボディサイズは未発表だが、もちろん5ナンバーサイズだ

●視界

 両車のボディサイズは同程度だが、斜め後方の視界はフィットが少し勝る。前方視界は同等だ。

 ヤリスはフロントピラーを手前に引き寄せ、フィットは細くして、前方視界を向上させた。視界の勝負は、後方の違いでフィットの勝ちになる。

●内装・居住性

 内装の質と居住性は、前席と後席を分けて比べる。まずインパネは、ヤリスが平凡な形状ながら上質だ。フィットは開放感を伴うが、ハンドルも2本スポークで個性的だが質感は高くない。

 前席の座り心地は同等だ。両車とも腰から大腿部をしっかりと支えて座り心地がよく、長距離移動でも疲れにくい。インパネの質の違いにより、前席はヤリスの勝ちだ。

 後席はヤリスが狭い。現行ヴィッツと比べても、足下空間が狭まった。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、ヴィッツが握りコブシふたつ分でヤリスはひとつ半。

 前後席に座る乗員同士の間隔もヤリスはヴィッツを37mm下回る。さらに床と座面の間隔も32mm減ったから、腰が落ち込み膝の持ち上がる座り方になる。

ヤリスのリア。下のフィットと比べるとシュッと収められた感がある

 フィットの後席乗員の膝先空間は、ヤリスと同じ測り方で握りコブシふたつ半だ。明らかに広く、着座姿勢もちょうどいい。

 荷室もフィットが広い。燃料タンクを前席の下に搭載して荷室の床を低く抑え、リアゲートの角度は立てたからだ。ヤリスの荷室面積にも不満はないが、フィットよりは狭く、リアゲートも寝かせたから積載容量が下回る。

 従って後席と荷室はフィットの圧勝だ。ちなみにヤリスはヴィッツに比べてホイールベースを40mm延ばしたが、前輪を前側へ移動させているので、後席と荷室には反映されていない。

フィットのリア。ヤリスに比べてこんもりとした感が強く、後席と荷室にスペースを取ったことが見てとれる

 今後はヤリスのプラットフォームを使って、かつてのファンカーゴのような天井の高い小型車を開発する計画もあり、ヤリスは前席優先になった。

●エンジン

 エンジンは両車ともノーマルタイプとハイブリッドを用意する。

 ヤリスは新開発の直3、1.5Lとこのハイブリッド仕様、従来から設定されていた直3、1Lを搭載する。1.5Lはヴィッツの1.3Lと比べて、動力性能と燃費が勝る。その代わり1L車の価格は、1.5Lに比べて15万~20万円安くなるようだ。

ヤリスのパワーユニットはすべて直2の1L、1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッド。流通ジャーナリスト 遠藤徹氏が入手した情報によると、ハイブリッドはWLTCモードで35.4km/Lの驚異的な低燃費を実現するという

 フィットは直4の1.3Lと1.5Lハイブリッドを設定する。ハイブリッドはエンジンが発電機を作動させ、その電気を使ってふたつのモーターを駆動する方式だ。

フィットのパワーユニットは直4、1.3Lのガソリンと「e:HEV」と呼ばれる1.5Lの2モーターハイブリッド。左の室内写真を見てもわかるとおり、視界のよさにもこだわり、使いやすさを最重視

 エンジンは主に発電を担当するから、回転数が速度の増減に左右されにくい。高効率な回転域を使えるため、燃費をいっそう節約できる。モーター駆動だから、加速が滑らかで瞬発力も高い。

●走行安定性

 走行安定性はプラットフォームを刷新したヤリスに期待したい。そうなるとヤリスの1.5L車は、動力性能と安定性が優れ、車内は前席優先だから、1~2名で乗車するクルマ好きのユーザーにピッタリだ。

 一方フィットは、後席と荷室が広いから、ファミリー層に適する。ハイブリッドを選ぶと、上質な走りを味わえて燃料代も節約できる。

*   *   *

 以上のようにヤリスとフィットは同じカテゴリーに属するが、クルマの性格はかなり違うのだ。

「ベーシック」、「ホーム」、「ネス」、「リュクス」、「クロスター」。ニーズに合わせて5つのバリエーションを用意するフィット。SUVタイプのクロスター(写真)は最低地上高を30mmアップ
ヤリスにはGR系のスポーツモデルも予定されている。最強のGRMNは250psの直3、1.6Lターボを搭載する4WDになるという情報だ(画像は予想CG)

【画像ギャラリー】やはり2台は宿命のライバル!!? 新型ヤリス・新型フィットをギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ