新型ハリアー、ついに発売秒読み!! SUV界のパイオニア 2020年春ごろデビュー!?


現行モデルよりも大型化

上が現行ハリアーで下が新型。新型ハリアーはRAV4との差別化のため上級移行する。ボディサイズは大型化され、ホイールベースも延長

 ボディサイズはハリアーの現行モデルが全長4725mm、全幅1835mm、全高1690mm、ホイールベース2660mmのミドルクラスSUVだ。

 それに対してRAV4は全長4600×全幅1855×全高1690mm、ホイールベースは2690mmであり、ハリアーのほうが全長が125mm長いだけでほぼ同サイズとなっている。

 ホイールベースはRAV4のほうが30mm長い。したがって次期型は全長を4800mm程度に延長し、ホイールベースも2750mmと格上のモデルに相応しサイズで仕立てるはずである。

 当然ことながら新世代におけるトヨタのクルマづくりの考え方である「TNGA」を採用する。

新型は選択肢の幅を広げる

現行ハリアーの2.5Lハイブリッドは4WDのみの設定だが、RAV4同様にFFもラインナップ。新型では選択肢を広げてユーザーの獲得を狙う(写真はRAV4)

 パワーユニットは現行ハリアーが2LガソリンNA、2Lターボ、2.5Lハイブリッドなのに対してRAV4は2LガソリンNA、2.5Lハイブリッドのみで2Lターボがないだけ。

 しかも2.5Lハイブリッドはハリアーが4WDのみなのにRAV4は2WD(FF)もラインナップしているので、RAV4のほうが選択の幅が大きい。

 このため本来「ハリアーの2.5LハイブリッドのFFを購入したいお客さんがRAV4に鞍替えするケースも多くみられる。」(首都圏カローラ店、ネッツ店営業担当者)との指摘もある。

 駆動方式の選択肢の少なさがハリアーの販売が頭打ちになる要因のひとつになっているともいえる。

 こうしたことから次期型ハリアーのパワーユニットは2Lターボ、2.5LハイブリッドでどちらもFF、4WDをラインナップし、2Lターボは6AT、2.5LハイブリッドはCVTとの組み合わせとなる。

ハリアーの歴代モデルはデザインコンシャスなインテリアを採用してきた。現行ハリアーのインテリアはユーザーからも大好評のため、新型でも踏襲されるはず

 3.5Lハイブリッドは今夏にも投入する次期型ランドクルーザー300に積まれるので今回は見送られるはずである。

 これによってRAV4との棲み分けがより明確になる。

 このほか安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」はアルファード、クラウン並みに最新のデバイスが標準装備される。

 車両本体価格は350万~550万円あたりで従来よりもクォリティアップ、安全強化などを含めて約50万円のアップとなる。

 RAV4よりも100万円程度高くなるが、RAV4は今夏にもPHVが設定されるので、こちらを含めると最高グレード同士の比較では50万円くらいしか差がない勘定になる。

新型ハリアーには新型ランドクルーザーに搭載予定の3.5Lハイブリッドは搭載されない。トヨタのSUVではランドクルーザーとRAV4の間のポジションとなる

次ページは : 証言1:首都圏トヨペット店営業担当者

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ