新型ハリアー、ついに発売秒読み!! SUV界のパイオニア 2020年春ごろデビュー!?


 日本でなかなか定着しなかったSUV人気を定着させた重要なモデルと言っていいのがトヨタハリアーだ。日本ではもはやSUVはブームではなく定番となってきている。

 現行ハリアーがデビューしたのは2013年11月だから2020年1月の時点で丸6年が経過、2020年5月に新型に切り替わることが濃厚と言われている。

 しかしデビューまで半年を切っている段階にもかかわらず核心に迫る情報は出てきていない。そこで、販売会社と太いパイプを持つ遠藤徹氏が販売会社に入っている情報などをもとに新型ハリアーの最新情報を徹底的に調査した。

文:遠藤徹/写真:TOYOTA、MAZDA、MERCEDES-BENZ、BMW、DS、ALPHA ROMEO、平野学、奥隅圭之、西尾タクト、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ハリアーのライバルとなるアンダー1000万円の輸入車クーペSUV


好調RAV4の陰で販売は半減

2013年にデビューした現行ハリアーは、2017年にマイチェン&ターボの追加をした。デビュー時からデザインはあまり変わっていないが古臭さはない

 ハリアーは5月下旬にもフルモデルチェンジすることが濃厚になっている。2020年5月にトヨタ4系列店が全国レベルで「トヨタモビリティ店」に統合され、これにタイミングを合わせるのが得策との読みがあるようだ。

 現行モデルは2019年4月に発売した新型RAV4が絶好調の売れ行きを見せており、こちらとのクラス分けが明確でなくダブる部分があるためか、最近はハリアーの販売実績が半減状態で推移している。

 両モデルを全国規模で併売すれば、現行ハリアーの売れ行きがさらに激減するとの配慮もあり、世代交代する必要があるとの判断があるようだ。

新型ハリアーは現行よりもリアピラーが寝たクーペSUVと生まれ変わる。スタイリッシュなオンロードSUVという色をさらに強める

RAV4との差別化が最大のテーマ

2019年4月に日本マーケットで復活するや否や大人気となったRAV4。3種類の4WDシステムをラインナップするなどすばらしい走破性を誇る

 したがって次期型はサイズ&クオリティアップし上級シフトさせることでRAV4とのコンセプト分けを明確にするものと思われる。

 コンセプトはRAV4がワイルド感を強調した4WD中心のオフロード派なのに対してハリアーはシティ感覚を盛り込んだ2WDメインのオンロード走行派といった仕立てで、従来コンセプトをさらに質感に磨きをかけたハイオーナーコンセプトで進化させる見込みである。

 またRAV4は2列シート5人乗りに限定させているのに対して次期型ハリアーは3列シート7人乗りも新たに加えることでライバルのエクストレイル、CX-8、CR-Vと対抗させることにも配慮する可能性がある。

新型ハリアーには現行モデルにない3列シートが設定される可能性が高い。写真は3列シートSUVとして人気が高いマツダCX-8のインテリア

次ページは : 現行モデルよりも大型化

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ