【新生マツダのシンボル2車種に暗雲!? 光明!??】マツダ3&CX-30の評価と課題

 マツダは2019年に期待の新型2モデルを送り出した。5月に発売した「アクセラ(日本名)」改め「マツダ3」と、10月に発売した「CX-3」と「CX-5」の中間を狙った「CX-30」だ。

 プラットフォームは共用化した最新のものを使用、ディーゼルのような圧縮着火を併用する新しいガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」も搭載した。マツダとしては、これでもかと新世代SKYACTIV技術を注ぎ込んでいる。

 そこまで気合が入ったモデルならば、さぞ販売面も……と思うのだが、そう上手くはいっていないこともあるようだ。発売からマツダ3は8カ月、CX-30は3カ月経った今の販売に関する成績をチェックしていきたいと思う。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今回チャックした2モデルの内外装と、追加されたCX-30のSKYACTIV-X搭載車のスペックまで紹介


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ