【売れなきゃ困る「本命」に黄信号】好調!? 不調!?? マツダ CX-30は本当に売れているか!?

 マツダが販売の柱と位置づける新型SUV「CX-30」の初期受注を発表。マツダ自身が「好調」と表現するその数字は、他社のSUVと比較して好調と言えるのか。そして、身内への影響は?

 マツダは、2019年12月25日に「CX-30の受注が好調」という報道発表を行った。CX-30は9月20日に発表、10月24日に発売となり、12月下旬の受注台数は1万2346台に達した。

 CX-30は、「CX-5に続き、今後のマツダの柱の一つと位置付ける、全く新しいSUV」とマツダ自身が明言する渾身の作。

 マツダにとっては“売れてもらわなくては困る”本命SUVのCX-30は、想定どおりのスタートダッシュを決めることができたのか。初期受注の評価や他社の人気SUVとの比較、そしてマツダ車全体への影響なども含めて検証したい。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、MAZDA

【画像ギャラリー】超美しいけど後席は狭め!? 新型CX-30の内外装をじっくり見る


CX-30は実質的に約1万2000台を「半年で」受注?

2019年10月に発売されたCX-30。全長4390×全幅1795×全高1540mmという扱いやすいサイズで、CX-3とCX-5の中間に位置するSUVだ

 魂動デザインとSKYACTIV技術に基づくマツダ車は、OEM(相手先ブランド製造)車を除くと8車種を用意するが、この内の4車種はSUVで占められる。今は国内、海外ともにSUVが流行しているから、マツダもラインナップを充実させた。

 マツダのSUVの中で、設計の新しさで注目されるのがCX-30だ。プラットフォームや各種のメカニズムは、マツダ3と共通点が多く、エンジンについては火花点火制御圧縮着火方式の「SKYACTIV-X」を採用した。

 魂動デザインもマツダ3と併せて新しい段階に入ったから、ボディスタイルは新鮮だ。マツダ3と同様、ボディサイドに周囲の風景がダイナミックに映り込む。

【関連記事】マツダ CX-30の試乗レポートはこちら!

 マツダは冒頭のとおり受注台数を発表したが、一連のプロセスで注意したいのは、CX-30の価格などを発表したのが9月でも、CX-30の外観は、2019年3月のジュネーブモーターショーで公開されていたことだ。

 この時に興味を持ったユーザーは、販売店に問い合わせるなど購入に向けて動いていたから、受注期間を3か月と見るのは短すぎる。実質的に半年くらいの実績と見て良いだろう。

サイズや価格帯がやや異なるものの、2019年11月発売のトヨタ ライズは、1か月で3万2000台を受注

 また、発売から数か月後に1万2346台という受注台数は、新型車としてさほど多くない。

 例えば同じマツダのCX-8は、高価格のLサイズSUVでありながら、2017年12月の発売から1か月後の受注が1万2000台を超えていた。2017年に登場した現行CX-5は、1か月後の受注が1万6639台であった。

 他メーカーのSUVを見ると、2019年11月に発売されたトヨタライズは、1か月後の受注が3万2000台に達する。トヨタRAV4は、2019年5月に発売して1か月後に2万4000台だ。いずれもCX-30の1万2346台を大幅に上まわった。

CX-30の発売は諸刃の剣!? 身内にも影響大

日本市場ではアクセラから車名変更し、2019年5月にデビューしたマツダ3だが、CX-30とユーザーを喰いあっている面は否めない

 CX-30が登場したことで、マツダ3の売れ行きが下がったことも気になる。

 マツダ3は、2019年5月に発売され、9月の登録台数は7533台と好調であった。それが10月には1891台と大幅に減っている。10月は台風19号によって甚大な被害を被り、消費増税も行われた。

 マイナス要因も多かったが、7533台から1891台という格差は極端だろう。10月にCX-30が2525台を登録すると、入れ替わるようにマツダ3が減っている。

 CX-30はSUV、マツダ3はファストバック(ハッチバック)とセダンだからボディタイプは異なるが、先に述べたとおり内外装とメカニズムには共通点も多い。

 しかも、マツダのディーラー網は全国に約800店舗だから、トヨタ全店の4900店舗、ホンダの2200店舗、日産の2100店舗に比べて大幅に少ない。同時期に複数の新型車が登場すると、1車種当たりの販売力が弱まってしまう。

 両車ともに「SKYACTIV-X」の発売が遅れたから(マツダ3は2019年12月、CX-30は2020年1月)、発売時期が実質的に重なった。発表/発売時期を離すことも大切だ。

CX-30の評価と課題 更なる販売増へ打開策は?

正念場を迎えるCX-30。マツダにとって重要な「売れる車」としてのポテンシャルは高いだけに、さらなるテコ入れは必至だ

 それでもCX-30は、人気の高いSUVに属するからマツダ3よりも販売面で有利だが、ファミリーカーとして使うには後席と荷室が狭い。

 CX-30の位置付けは、CX-3とCX-5の中間とされるが、実用性はCX-3に近い。実用重視のユーザーは、ボディが少しワイドでもCX-5を選ぶ。

 そして、CX-30とCX-5は、価格があまり変わらない。2Lガソリンエンジンを搭載する20Sプロアクティブ(2WD)同士で価格を比べると、CX-30が261万2500円、CX-5は285万4500円だ。

 価格はCX-5が24万2000円高いが、CX-30ではオプション設定になる運転席パワーシートなどのセットオプション(6万6000円)を標準装着した。そうなると実質差額は17万6000円に縮まる。

 この差額で、CX-5であれば後席と荷室が大幅に拡大されて内装の質も高まるから、CX-5が買い得と判断するユーザーも多い。

2017年2月に発売されたCX-5。初代モデルはSUV販売年間No.1にも輝いた人気車だが、こちらもCX-30と価格の面ではかなり近い

 だからといって、CX-5の売れ行きも安泰ではない。2019年12月に改良を受けた影響もあり、11月と12月は大幅に落ち込んだ。最近のマツダはマツダ3とCX-30を発売しているのに、国内販売総数はいまひとつ増えていない。

 この状況を打開するためにも、今後のCX-30は、特別仕様車の設定など販売のテコ入れを積極的に行うだろう。その対象は、主にガソリンとクリーンディーゼルターボだ。

「SKYACTIV-X」は、2Lガソリンエンジン搭載車に比べて68万2000円も高いから、売れ筋にはなり得ない。

 ディーゼルの価格もガソリンに比べて27万5000円高いが、購入時に納める税額は、売れ筋グレードの場合で8万~9万円安い。そうなると実質19万~20万円で、高性能かつ低燃費のディーゼルが手に入り、CX-30のなかでは最も買い得だ。

 ディーゼルを中心に、内外装の質を高めたり、360度モニターやドライバーモニタリングを割安に装着する安全指向の特別仕様車を設定すれば、有効な販売促進対策になるだろう。

 また、CX-3のディーゼル車では6速MTを選べるのに、CX-30では、同じエンジンを搭載しながらATしか用意されない。6速MT仕様は大量には売れないが、趣味性を重視するCX-30としては欲しいラインナップだ。

 CX-30は、日本の市場と相性が良いコンパクトSUVで、実質的にCX-3の進化版でもあるから、マツダとしては国内販売の主力商品に育てたい。今後もさまざまな工夫を施すに違いない。

【画像ギャラリー】超美しいけど後席は狭め!? 新型CX-30の内外装をじっくり見る

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ