【王座奪還なるか!?】新型フィット、受注殺到ですでに納期が4月以降!?

 2020年2月14日に発売されることが発表されたホンダ「新型フィット」。予約受注目標は3万台で、2019年末時点ですでに予約が1万台を超える人気ぶりとなっていた。

 新型フィットはバリエーションが5つあり、「それぞれどう違うのか?」「納車にどれくらいかかるのか?」「いくらぐらい値引きが期待できるのか?」など気になることが山盛りだろう。

 今回はそんな購入を考えている人が気になるポイントについて、多岐にわたるディーラーに情報網を持つ遠藤徹氏が取材。納期情報から賢い買い方まで、獲れたての最新情報をお届けする。

文/遠藤徹
写真/HONDA

【画像ギャラリー】どれにしようか思わず迷う! 新型フィットの5バリエーションをチェック!!


■5つのバリエーション展開で攻める新型

 2月13日発表、14日発売のホンダ「新型フィット」が絶好調の滑り出しを見せている。2019年12月中旬に先行予約を開始している。

 1月末現在の納期は1.3LガソリンNAが4月上旬、1.5Lハイブリッドは5月ゴールデンウイーク明け頃となっている。発売前の予約受注目標は3万台に設定しているが、どうやらこれは達成するのが濃厚となっている。

 今回の新型フィットは「ライフスタイル セレクト」のバリエーション展開をしているのが大きな特徴。装備内容によって、「ベーシック」「ホーム」「ネス」「クロスター」「リュクス」の5つのライフスタイルバージョンから選べる仕組みとしている。

幅広いユーザーの好み、ライフスタイルに対応するため、5つのバリエーションをそろえた 。これはホンダとしても初めての試みとなる

 それぞれ1.3LNAガソリン、1.5Lハイブリッド、2WD、4WDを設定。ベーシックはシンプルで飾り気のない装備内容。それでも主要装備内容はホンダセンシング、LEDヘッドライト、前席用サイドエアバッグシステム、フルオートエアコン、電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能など必要最小限の装備を施している。

 ホームは毎日の仕事・育児など生活の中でリラックスできるこだわりの空間で、質の高い暮らしを探求するためのタイプ。主要装備は、ベーシックの内容に加えて本革巻きステアリングホイール、コンビシート、シフトパッド、クロームメッキ・フロントグリルもールディングなど。

 ネスは、毎日の通勤時間を気持ちのいいスタートに変える、フィットネスライフを与えるような装いを想定。主要装備はベーシックに加えて16インチアルミホイール、撥水ファブリックシート、ソフトパッドなど。

各バリエーションに合わせた内外装を用意した新型フィット。シートも構造から見直すなど、乗る人にいかに居心地のいい空間を提供するかを追求している

 クロスターはSUVテイストの仕立てで週末を家で過ごすよりも、家族や親しい友人と出かけたくなる、エンジョイライフにしようとの狙いを込めている。主要装備はベーシックに加えて専用デザイン16インチアルミホイール、専用エクステリア、撥水ファブリックシート、ソフトパッド、ルーフレール(専用メーカーオプション)など。

SUVテイストのブラックのオーバーフェンダーや、ルーバーデザインのフロントグリルなどの専用エクステリアを採用した「クロスター」
アクティブなイメージを求める人にはピッタリのデザインとなっている

 リュクスは2人でゆったりとドライブをしたくなるような、優雅で心地よい時間と充実感のあるカーライフの実現が狙い。主要装備は、ベーシックに加えて専用デザイン16インチアルミホイール、本革シート、本革巻きステアリングホイール、ソフトパッド、プラチナ調クロームメッキ・フロントグリルモールディング、プラチナ調クロームメッキ・ドアミラー、プラチナ調クロームメッキ・ドアロアガーニッシュ、アームレスト付きセンターコンソールボックス+ワイヤレス充電器(メーカーオプション)など。

 価格設定はベーシックが最も安く、ホーム以下装備の充実とともに高くなり、リュクスが最も上級の位置づけとなる。2020年1月末現在の受注構成を首都圏のケースで見るとホームが最も多くシリーズ全体の40%、次いでクロスター30%、残りが10%ずつといった割合となっている。

 1.3LNAガソリンと1.5Lハイブリッドは、半分ずつの割合で売れている。現時点での購買層は、大半が歴代フィットユーザーで占められている。2020年2月14日の発売時には展示車、試乗車が全店舗に配置され、本格的な販売活動に入れば、他のホンダ車や他銘柄からの代替えを進むものと思われる。

パワーユニットは4気筒の1.3Lガソリンエンジンと、1.5L+2モーターのハイブリッドの2種類で、これまで「i-MMD」と呼んでいた2モーターハイブリッド

■ライバルとの競合が吉。賢い新型フィットの交渉術

 ライバルのトヨタ「ヤリス」がほぼ同じ時期に発売になり、先行予約もスタートしているわけだが、こちらとの競合も少しずつ目立つようになっている。3月いっぱいの受注分については残価設定クレジットで組むと1.9%の特別低金利で通常の3.5%よりも1.6ポイント引き下げている。

 車両本体からの値引きは基本ゼロとしているが、こちらの低金利では通常よりも15万円ほど金利が安くなる計算であり、利用者は受注台数の60%以上となっている。

 売れ筋のホーム 1.5Lハイブリッド(車両本体価格)に、有料色のプラチナホワイトパール、メーカーオプションナビ、ETC、ドライブレコーダー、ボディコーティング、サイドバイザー、フロアマットなど、45万円相当の付属品をつけて弾いて貰うと法定、法定外の諸費用を含めて合計290万円強となった。

 初回答の値引きは5万円程度の提示が多い。これを5年60回払い、1.9%の残価設定クレジットで組むと最終支払金67万円強を残して、毎月4万円強の分割払いとなる。通常の3.5%だと3000円ほど高くなるので、15万円くらい金利分が安くなる。

 ベストな新型フィットの購入作戦はヤリスを中心に、「ノート」「アクア」「マツダ2」のライバル車と扱うホンダカーズ店同士の競合を絡ませて攻めることにつきる。

フィットよりも少し早い、2020年2月10日に発売が決定しているトヨタ「ヤリス」。競合車としたは間違いなく筆頭に上がる

 ホンダカーズ店は比較的大型のメーカー資本店と、小規模な地場資本店がある。メーカー資本店のほうが値引き幅は大きいケースが多いので、こちらの店舗を可能な限り多く回り、同一車競合をさせると好条件が出る確率が高くなる。

 現時点だとバックオーダーが多数あり、納期が4カ月後で強気の商売をしている。ただ、なかにはその需要を当て込んで先行発注分をプールしている店舗も多いので、これを狙えば1カ月以内でスピーディに手に入るケースもあるので試してみよう。

■販売店が明かす、気になる最新納期事情

●証言:首都圏ホンダカーズ営業担当者
 2019年12月中旬から先行予約をスタートさせているが、絶好調の滑り出しとなっている。

 フィットは4代目を迎え、大きな代替え母体があるので楽に売れる。今のところ先行予約段階ということもあり、大部分は歴代フィットの下取り車となっている。車両本体からの値引きはゼロを基本にしているが、残価設定クレジットの利用だと3月末まで実質年利は1.9%を設定、通常の3.5%よりも1.6ポイント引き下げているので、これが効いている。

 受注台数60%以上のお客さんが利用している。1.5Lハイブリッドのほうが納期は長い。1.3Lガソリンは4月、ハイブリッドは5月となっている。正式に発売になれば、納期はさらに先送りになる見通しだ。

【画像ギャラリー】どれにしようか思わず迷う! 新型フィットの5バリエーションをチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ