【「ガタガタ」って何の音?】ブレーキを踏むと聞こえる音の原因と対策方法

【「ガタガタ」って何の音?】ブレーキを踏むと聞こえる音の原因と対策方法

 交換やメンテナンスが必要なパーツといえば、タイヤやエンジンオイル、バッテリーやワイパー、もっと言うとエンジン冷却水やブレーキフルード、タイミングベルト等々、挙げればキリがなく、そのどれもが、重要なパーツである。

 その中でも、故障したら危険なものTOPは「ブレーキ」であろう。

 そんなクルマの最重要パーツである「ブレーキ」からの異常サインのひとつに、ブレーキ踏みつけ時の「ガタガタ音」がある。

 ブレーキを踏んだ際、「ガタガタ」という音とともに、異常振動を感じることがあれば、あなたの愛車はすでに危ない状態かもしれない。

文:吉川賢一、写真:ベストカー編集部


ブレーキペダルからのガタガタ振動はクルマからの「危険サイン」

 サスペンションやタイヤなどに不備がないのに、ブレーキング時に、ブレーキペダルや車のフロアがガタガタと振動する現象は、「ブレーキジャダー(Brake judder)」と呼ばれる。

 「judder」とは「揺れる」という意味であり、日本ではこの「ブレーキジャダー」のように、クルマにおける異常振動を表す言葉として用いられている。

 ステアリングホイールが回転方向に振動する「ステアリングシミー(Steering shimmy、「shimmy」=「振動」)」を伴うこともある。

 一般的に、ブレーキジャダーの原因は、ブレーキのディスクローターが何らかの原因で歪んだり、厚みが不均一になったことで、減速時に発生する制動トルクが変動し、これが振動となってしまうことにより発生する。

 <strong>ディスクブレーキ</strong>(ブレーキパッドをディスクローターに押しつけることによって自動車を制動するブレーキシステム )
ディスクブレーキ(ブレーキパッドをディスクローターに押しつけることによって自動車を制動するブレーキシステム )

 ディスクローターは車輪と一緒に回転するため、この振動は、周期的に発生する。これがサスペンションと共振現象を起こして、振動が増幅され、車体のフロアやステアリングラックを伝わり、ブレーキペダルやステアリングホイールに異常が現れる。

 ブレーキジャダーが発生してしまうと、異常な振動に加えて、ペダルを踏み込んでもブレーキが効きにくくなり、制動距離が伸びる。

 コーナーを曲がる際、コーナー手前でいつも通りのブレーキングをして減速しようとしても、減速できずに、オーバースピードとなり、コーナーで膨らんでしまうことも考えられ、大変危険だ。

次ページは : ディスクローターの歪みや偏摩耗はなぜ起きるのか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します