【日本車の鬼門!!?】 果敢に挑み散っていったクーペ風5ドアハッチバック 6選


 クーペスタイルの5ドアハッチバック。ここではリアピラーに傾きが付けられクーペライクな見た目をしているが、セダンのように独立したトランクがなく、リアゲートが上に開くタイプのクルマを指す。

 なんとなく日本人好みにも思えるデザインだが、この手の4ドアセダンベースの5ドアハッチバックは日本ではなかなか根付かず、当然ながら短命に終わってしまったクルマも多い。

 そんな不遇のモデルたち6台をご紹介。世界的なクーペスタイルの流行も起きていることだし、いまならウケるかも!!?

【画像ギャラリー】スカイライン、ギャラン…静かに姿を消していったハッチバックモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■日産 R30スカイラインハッチバック(1981年)

 6代目に、趣味を楽しむ洒落た仕様として初設定。1.8L直4のTIと2L直6のGTを用意。直6ターボも選べた。ワゴンと棲み分けができず、一代限りで消滅。

セダン、クーペ、ワゴンに続き、4タイプ目のボディとしてラインアップされた5ドアハッチバック。1981年にスカイライン史上初のハッチバックモデルだったが、モデルチェンジのタイミングで姿を消した

■日産 P10プリメーラ 5ドアハッチバック(1990年)

 ドイツを唸らせた日産車にも5ドアが存在。英国生産の輸入車で、仕様は2LのAT車のみ。実は、歴代すべてにハッチバックがあるが、日本では2代目まで。

5ドアハッチバックモデルはイギリス・サンダーランド工場で生産された

次ページは : ■日産 ブルーバードオーズィー(1991年)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ