【日本車の鬼門!!?】 果敢に挑み散っていったクーペ風5ドアハッチバック 6選

 クーペスタイルの5ドアハッチバック。ここではリアピラーに傾きが付けられクーペライクな見た目をしているが、セダンのように独立したトランクがなく、リアゲートが上に開くタイプのクルマを指す。

 なんとなく日本人好みにも思えるデザインだが、この手の4ドアセダンベースの5ドアハッチバックは日本ではなかなか根付かず、当然ながら短命に終わってしまったクルマも多い。

 そんな不遇のモデルたち6台をご紹介。世界的なクーペスタイルの流行も起きていることだし、いまならウケるかも!!?

【画像ギャラリー】スカイライン、ギャラン…静かに姿を消していったハッチバックモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■日産 R30スカイラインハッチバック(1981年)

 6代目に、趣味を楽しむ洒落た仕様として初設定。1.8L直4のTIと2L直6のGTを用意。直6ターボも選べた。ワゴンと棲み分けができず、一代限りで消滅。

セダン、クーペ、ワゴンに続き、4タイプ目のボディとしてラインアップされた5ドアハッチバック。1981年にスカイライン史上初のハッチバックモデルだったが、モデルチェンジのタイミングで姿を消した

■日産 P10プリメーラ 5ドアハッチバック(1990年)

 ドイツを唸らせた日産車にも5ドアが存在。英国生産の輸入車で、仕様は2LのAT車のみ。実は、歴代すべてにハッチバックがあるが、日本では2代目まで。

5ドアハッチバックモデルはイギリス・サンダーランド工場で生産された

■日産 ブルーバードオーズィー(1991年)

 8代目ブルーバードの4ドアセダンがベース。FFの2L直4エンジンに4ATを搭載。オーストラリア工場製で、1991年5月から3カ月間限定で発売された希少車だ。

2代目ピンターラの2.0L5ドアハッチバックが逆輸入された形になるのが「ブルーバードオーズィー」

■マツダ ランティス(1993年)

 個性的なスタイルが自慢の5ナンバーモデル。ハッチバックは、クーペという位置づけ。トップモデルは2L V6のタイプR。JTCCにも参戦した。

ファミリア アスティナ/ユーノス100の後継モデルとして登場したランティス

■三菱 ギャランスポーツGT(1994年)

 ハッチバックなのに、RVブームにあやかろうと、グリルガードやルーフレールなどを装着。しかもスポーツ路線を狙い、トップグレードに240psのGTを設定した。

7代目ギャランの派生車にあたるギャランスポーツGT。ドアから後方をクーペ風に寝かせ、リアにはスポイラーを装備している

■三菱 ギャランフォルティススポーツバック(2008年)

 ギャランを名乗るが、世界的にはランサーに相当。セダンよりも若々しいキャラクターで、2L車のみを設定。プチエボと呼べるラリーアートもあった。

欧州仕様には1.8Lの設定もあるが、日本ではセダン同様2L・MIVECのみだった

【番外コラム】 輸入車には多いのに……ナゼ日本人にはクーペっぽい5ドアハッチバックはウケないのか?

 クーペっぽい5ドアハッチバックがなぜ日本人にウケないのか、渡辺陽一郎氏に聞いた。

「ルーフが低くて背中がなめらかに見えるデザインは、日本では1980年代に流行しており、もうウケないんです。

マーク2みたいな4ドアクーペや3ドアハッチバックは流行しましたが、背の高いコンパクトカーやミニバンに取って代わられました。

クーペっぽい5ドアハッチバックとしてCLSが2000年代に入ってきたけど、日本のユーザーからは今頃? って感じで古臭く受け止められたんですよ」

●アウディ A7 スポーツバック

5ドアハッチバック(ファストバックデザイン)は、リアゲートを開く時に後ろのスペースがいらないため、欧州では実用面でも受け入れられているのだ

【画像ギャラリー】スカイライン、ギャラン…静かに姿を消していったハッチバックモデルたちをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ