GRヤリスに「真の最高仕様」あり!?? 現役最強モデルに”隠しダマ”??


 セリカGT-FOUR以来、20年ぶりにトヨタが作った4WDマシンが「GRヤリス(プロトタイプ名 GR-4)」だ。WRCのホモロゲーションモデルは、随所に”スペシャル”を手に入れ、モンスターモデルとして登場した!

 まずは2020年1月10日から6月30日まで、「ファーストエディション」(7月から商談開始)の事前受付を実施。カタログモデルとなるGRヤリスも、2020年8月に登場する。

 試乗した自動車評論家から「切れ味バツグン」との評価を受けるGRヤリスだが、実は”隠しダマ”があることがわかった。今回は、WRX STIやランエボも驚く新世代スポーツ4WDとなったGRヤリスのポテンシャルと、気になる隠しダマの詳細を紹介していきたい。

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部、国沢光宏
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号

【画像ギャラリー】新世代スポーツ4WD「GRヤリス」の内外装をチェック!!


■WRX STIもランエボもぶっちぎる! GRヤリスのポテンシャル
TEXT/ベストカー編集部

 東京オートサロンでワールドプレミアとなったトヨタの「GRヤリス」はWRCで勝つために生まれたモデル。ヤリスと名が付くが、中身は完全に別物! その中身はモンスターそのものだった。本題に入る前に、なぜGRヤリスのようなホモロゲーションモデルが必要なのか? について簡単に説明しておきたい。

壇上の「モリゾウ」こと豊田章男社長がマスタードライバーでもあり、GRヤリスを評し「野性味がほしい」とさらなる進化を求めた。ファーストエディションは396万円(RZ)と456万円(RZハイパフォーマンス)を設定

 WRCにはベース車両から改造していいものとそうでないものがあり、高いポテンシャルを持つモデルを開発し、ホモロゲーションモデルとして申請すれば、それだけWRカーやその下のクラスとなるR5、R2といったモデルの開発に有利なのだ。

 ただし、ホモロゲーションモデルとして認められるには、連続した12カ月間に2万5000台以上の生産が必要になる。だからGRヤリスは限定モデルではなく、カタログモデルであり、本誌がお伝えしているようにトヨタの元町工場に専用ライン(GRファクトリーという)を設け、熟練工が組み立てていく。そんなGRヤリス、どこがモンスターなのか見ていこう。

■ENGINE
専用開発の3気筒1.6Lターボ

 G16E-GTSという型式を与えられたまったくの新開発エンジンは、3気筒ながら272psのハイパワーと37.7kgmのビッグトルクを生む。ヤリスWRCは4気筒の1.6Lだからイメージは繋がるが、なぜ3気筒なのか? ひとつは軽さのため、もうひとつは、3気筒は排気干渉がなく中低速トルクが出しやすい特性に加え、ターボの高性能化でハイパワーも手に入れることができるようになるからだ。

 新開発のエキマニ一体型のIHI製シングルスクロールターボは熱ダレがなく、伸びやかな加速を見せる。なおインタークーラーは水冷式ではなく空冷式。これはラリーにつきもののクラッシュ時の修復を考えてのこと。配管がある水冷式は作業の手間が増えるからだ。なお、アイドリングストップも装着される。

G16E-GTSエンジンはボア×ストロークが87.5×89.7mmというロングストロークタイプ。IHI製の大型インタークーラーによって272psを獲得した

次ページは : ■CHASSIS & BODY シャシーとボディも専用設計となる