GRヤリスに「真の最高仕様」あり!?? 現役最強モデルに”隠しダマ”??

 セリカGT-FOUR以来、20年ぶりにトヨタが作った4WDマシンが「GRヤリス(プロトタイプ名 GR-4)」だ。WRCのホモロゲーションモデルは、随所に”スペシャル”を手に入れ、モンスターモデルとして登場した!

 まずは2020年1月10日から6月30日まで、「ファーストエディション」(7月から商談開始)の事前受付を実施。カタログモデルとなるGRヤリスも、2020年8月に登場する。

 試乗した自動車評論家から「切れ味バツグン」との評価を受けるGRヤリスだが、実は”隠しダマ”があることがわかった。今回は、WRX STIやランエボも驚く新世代スポーツ4WDとなったGRヤリスのポテンシャルと、気になる隠しダマの詳細を紹介していきたい。

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部、国沢光宏
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号

【画像ギャラリー】新世代スポーツ4WD「GRヤリス」の内外装をチェック!!


■WRX STIもランエボもぶっちぎる! GRヤリスのポテンシャル
TEXT/ベストカー編集部

 東京オートサロンでワールドプレミアとなったトヨタの「GRヤリス」はWRCで勝つために生まれたモデル。ヤリスと名が付くが、中身は完全に別物! その中身はモンスターそのものだった。本題に入る前に、なぜGRヤリスのようなホモロゲーションモデルが必要なのか? について簡単に説明しておきたい。

壇上の「モリゾウ」こと豊田章男社長がマスタードライバーでもあり、GRヤリスを評し「野性味がほしい」とさらなる進化を求めた。ファーストエディションは396万円(RZ)と456万円(RZハイパフォーマンス)を設定

 WRCにはベース車両から改造していいものとそうでないものがあり、高いポテンシャルを持つモデルを開発し、ホモロゲーションモデルとして申請すれば、それだけWRカーやその下のクラスとなるR5、R2といったモデルの開発に有利なのだ。

 ただし、ホモロゲーションモデルとして認められるには、連続した12カ月間に2万5000台以上の生産が必要になる。だからGRヤリスは限定モデルではなく、カタログモデルであり、本誌がお伝えしているようにトヨタの元町工場に専用ライン(GRファクトリーという)を設け、熟練工が組み立てていく。そんなGRヤリス、どこがモンスターなのか見ていこう。

■ENGINE
専用開発の3気筒1.6Lターボ

 G16E-GTSという型式を与えられたまったくの新開発エンジンは、3気筒ながら272psのハイパワーと37.7kgmのビッグトルクを生む。ヤリスWRCは4気筒の1.6Lだからイメージは繋がるが、なぜ3気筒なのか? ひとつは軽さのため、もうひとつは、3気筒は排気干渉がなく中低速トルクが出しやすい特性に加え、ターボの高性能化でハイパワーも手に入れることができるようになるからだ。

 新開発のエキマニ一体型のIHI製シングルスクロールターボは熱ダレがなく、伸びやかな加速を見せる。なおインタークーラーは水冷式ではなく空冷式。これはラリーにつきもののクラッシュ時の修復を考えてのこと。配管がある水冷式は作業の手間が増えるからだ。なお、アイドリングストップも装着される。

G16E-GTSエンジンはボア×ストロークが87.5×89.7mmというロングストロークタイプ。IHI製の大型インタークーラーによって272psを獲得した

■CHASSIS & BODY
シャシーとボディも専用設計となる

 GRヤリスはフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーン、プラットフォームはフロントがヤリスと同じGA-Bで、リアがカローラなどと同じとなる。これは、新型4WDシステムの搭載に加え、強靱な足回りが必要だからだ。

 さらに、ボディはルーフにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)と呼ばれるカーボン素材、ボンネット、左右のドア、トランクリッドをアルミ製として軽量化。わずか1280kgに車重を抑えている。これはスバル「WRX STI」に比べて210kgも軽く、おかげでパワーウェイトレシオは4.71kg/psとWRX STIの4.84kg/psを下回る。つまりWRX STI以上の強烈な加速が予想されるということだ。

CFRPやアルミを使い、1280kgに抑えた軽さがGRヤリスの魅力だ。1300kgを切る軽くコンパクトなボディと最高出力272ps、最大トルク37.7kgmのスペックが組み合わさった走りは、想像するだけで楽しそう

■4WD SYSTEM
センターデフのない電子制御カップリング

 ベストカーでおなじみの「竹ちゃんマン」こと竹平素信氏が、『みんなの駐車場』のコラムでセンターデフか否かを気にしていたが、GRヤリスはセンターデフのない電子制御カップリング4WD。開発陣によれば、センターデフ式も一時考えたが、重くレスポンスがよくないという理由で、多板クラッチ内蔵の電子制御カップリングが選ばれた。「スポーツ4WDはセンターデフ」という考えは捨てなければならないようだ。

 プロトタイプに乗った時の印象は、アクセルを踏むとけっこうリアが出るというもの。しかも、ステアリング修正時のレスポンスがいいから、運転が楽しい。

センターデフではなく電子制御カップリング4WDを採用し、軽さとフレキシブルさが特長。耐久性にも問題ないという

 なお、GRヤリスはNORMAL(前60・後40)、SPORT(前30・後70)、TRACK(前50・後50)というトルク配分がセンターコンソールのスイッチで選べ、昨シーズンまでトヨタのワークスドライバーだったタナックはSPORTモードで走った時が最もタイムが速かったとか。

 また、今回発売となったRZはオープンデフ、RZハイパフォーマンスには前後にトルセンデフが装着される。

■SURPRISE MODEL
GRヤリス CVTコンセプト

 オートサロンの会場にひっそりと置いてあったもう1台のGRヤリスは「CVTコンセプト」を名乗り、FF。GR SPORTの位置づけになりそう。1.5LNAとCVTのラインナップはノーマルのヤリスにもあり、直列3気筒DOHC1490ccで120ps/6600rpm、14.8kgm/4800〜5200rpmと発進ギア付きCVTだ。

 ただし、ボディはターボと同じものを使うというから1トンを切るかも知れず、キビキビした走りが楽しめそう。モータースポーツ初心者にうってつけのモデルだ。

ターボモデルと変わらない顔つき。それもそのはず、ボディやシャシーはターボと同じで230万円ほどか。3気筒1.5Lは120psとハイパワーではないが、発進ギア付きのCVTによって加速もよさそうだ
CVTモデルながらシートやコックピットはターボモデルと大きく変わらずスポーティだ

■隠しダマの競技車ベース車両を手に入れWRCに出場したい!!
TEXT/国沢光宏

 オートサロンで正式発表されたGRヤリスを見ていたら、GAZOOの人から「何台お買い上げいただけますか?」と聞かれた。そのほか、ラリー関係者や読者の方からも「オーダーしましたか」。う〜ん! 私ってGRヤリスを買う人に見えるんだろうか? まぁ見えるんでしょうね! というか、買わないでどうするってクルマですよ。スバルや三菱自動車に対し、こんなクルマを作ってほしいとお願いし続けてきましたから。

 長い前置きになりました。ファーストエディションのオーダーを入れたかと聞かれたら「入れてません」。なぜなのか説明したい。まずGRヤリスを買ったなら、当然のごとく競技に出たくなる。いや、必ず出ます。出るからには、相応のリザルトを残したいところ。勝てないのに競技に出てもツマらん。MIRAIやリーフで競技に出るのは性能を引き出すため&ガソリン車と比べた時の実力をチェックするためだ。

 今回発表されたGRヤリス、競技車両のベースモデルは発表されなかった(2020年8月の発売までには発表予定)。競技に出ようとするなら、レギュレーションを守らなければならない。

参考出品のラリー仕様。2020年8月の発売時には、86の発売時に設定された「RC」のようなモータースポーツ用モデルがラインナップされるといい、それこそがラリーを楽しむのに最適のマシンだ
マッドフラップを装着すると、ラリー競技車という雰囲気が一気に増す

 もし「インタークーラーウォータースプレー※をあとから付けたらダメ」というレギュレーションなら、ファーストエディションの上級グレードを買わないとならない。その場合、BBSのアルミなど豪華装備はすべて不要になってしまう。トルセンのLSDだって競技には使えない。

※編集部注:インタークーラーウォータースプレーとは、インタークーラーに水を霧状に噴射し、蒸発する際の気化熱を利用して吸気温度を下げるシステム

 さらに! 競技車両ベースはエアコンが付いていない(ベストカーが全日本ラリーに出場した86RCを思い出してほしい)というから、カタログ重量も軽くなる。競技に軽い状態で出られるワケ。

 競技車両ベースは350万円を切るといわれているため、ファーストエディションの上級グレードより100万円くらい安くなる可能性があります。だったら競技車両ベースを発売するまで待ったほうがいい。競技関係者の皆さんもスッピンのGRヤリスが発表されるまで待ちだと思う。

 個人的には東南アジアとかのラリーに出場できるよう、国際格式の競技に出場可能なスペックにしたい。GAZOOも計画しているようだけれど、その情報はいまだ出てきていないのだった。FIAのレギュレーション自体、流動的になっているからGAZOOも動けないのか? おそらく年末あたりになったら様々な情報が出てくると考えます。その時点でGRヤリスを買う方向になるハズ。マレーシアのラリーでチャンピオンを狙うか?

 私の「卒業式」はGRヤリスの競技車両でWRCに出ること。2018年と2019年に、フォードMスポーツからフィエスタR2をレンタルしてWRCドイツに出場した。トヨタもGRヤリスの競技車両をレンタルするプログラムを立ち上げたらいいと思う。トミ・マキネンのチームでなく、サテライトチームを作ってもいい。そいつに乗ってWRC ラリー・フィンランドに出場し、オウニンポウヤで大ジャンプしたらもう思い残すコトはありません。

WRCにヤリスWRCを投入しているトヨタは、第2戦 ラリー・スウェーデン(2020年2月13~16日)で優勝。優勝したエルフィン・エバンス(前列右)/スコット・マーティン(前列左)と、3位に入ったカッレ・ロバンペラ(後列右)/ヨンネ・ハルットゥネン(後列左)。第1戦のモンテカルロでは、セバスチャン・オジエが総合2位を獲得している。2021年には、GRヤリスをベースとしてニューマシンが登場する
あえてWRX STIと比べてみると、こうなる。ちなみにWRX STIは最終スペックだ

【画像ギャラリー】新世代スポーツ4WD「GRヤリス」の内外装をチェック!!