eKクロススペース&eKスペース誕生!! スーパーハイトワゴンの新風となれるか?

 2020年2月6日に正式発表、3月19日の発売開始がアナウンスされた三菱のスーパーハイトワゴン eKクロススペース・eKスペース。

 およそ6年ぶりのフルモデルチェンジとなった今回も日産との共同開発、2月25日に発表となった日産(デイズルークスあらため)ルークスと同時発売となる。

 ここではその概要をご紹介!

 なお、価格はeKクロス スペースが165万5500円(NA・2WD)~199万1000円(4WD・ターボ)、eKスペースが139万9200円(NA・2WD)~176万7700円(4WD・ターボ)となっている(いずれも税込)。

●「eKクロススペース」「eKスペース」ここがポイント!
・日産と共同開発されたeKワゴンのトールバージョン
・進化した高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」搭載
・ 4つの機能が加わり更に安全性を高めた「三菱e-Assist」搭載
・従来車からホイールベースを65mm延長、室内高はN-BOXと同じ1400mm
・小さいお子様のいる家庭での使用を想定しリヤシートのスライド量をクラストップに
・「日産ルークス」も同時デビュー!

【画像ギャラリー】スペック・価格表、さらにはルークスの画像も! まとめてギャラリーでチェック!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■SUVテイストの「eKクロススペース」、親しみやすい「eKスペース」

 三菱eKスペース、eKクロススペースは昨年3月に登場したeKワゴン、eKクロスの背を高くしたスーパーハイトワゴン。

 その中身は「eKシリーズ」を踏襲しており、エンジンは直3、659ccのターボとNA。

タテ目のダイナミックシールドを採用するクロスにも「スペース」を設定。室内高はN-BOXと並ぶ1400mmと公表されており、室内の広さをアピール

 ともに一部廉価グレードを除きマイルドハイブリッド仕様で、CVTと組み合わされる。

 装備もeKシリーズに準じており、高速道路での半自動運転を実現する「マイパイロット」や先進安全装備の「eアシスト」が設定されるほか、eKスペースシリーズ独自の装備として、雪道や泥濘路の下り坂で速度を制御する「ヒルディセントコントロール」も用意される。

インパネは左右のエアコン吹き出し口が丸から逆台形に変わっている以外はeKシリーズと共通。質感は高い

 室内高は1400mmと公表されており(下段の画像を参照)、これはスーパーハイトワゴン軽で室内が最も広いとされるN-BOXと同じ。

こちらはeKスペース。上がターボ、下がNAのeKスペースのフロントマスク。NAはグリルがボディ同色

 また、スライドドアの開口幅も従来型よりも90mm広い650mmを確保しており、乗降性が大きく進化していることがうかがえる。

 同時に兄弟車となる日産デイズルークスも登場(2020年2月25日発表、こちらも3月19日発売開始)。

 流通ジャーナリスト遠藤徹氏の情報によると、新型の車名は「デイズ」がなくなり「ルークス」になるという。差別化を図りたいということだろう。

 N-BOX、タントが君臨するスーパーハイトワゴン軽市場はまさに激戦区。そこに挑むeKスペース、eKクロススペースに勝算はあるか。

 まずは試乗してその完成度を確かめたいところだ。

スライドドアの開口幅は650mmで従来型から90mm拡大。高さと幅の広がりで乗降性が向上

【画像ギャラリー】スペック・価格表、さらにはルークスの画像も! まとめてギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ