【その「数歩」が危険!! 火災発生多発!!】セルフスタンド給油でなぜ静電気除去が大切なのか? 


まとめ

 このような事故を受け、現在は給油ノズルには静電気を逃がす仕組みが施されるなど対策が進んでおり、セルフスタンドにおける静電気火災は徐々に減少している。

 しかし、ガソリンが危険物であることに変わりはない。その認識を忘れることなく、作業することが大切だ。

 そして、着衣の材質によっては、静電気除去してもすぐに帯電してしまうこともある。心配な時は、片手をボディに触りっぱなしにしているといいだろう。

 現時点は静電気除去シートに触れなくても給油できてしまう。日本では死亡事故などは起こっていないようではあるが、静電気除去シートに触れないと給油できなくなる仕組みも、必要なのかもしれない。