【「静かに乗りたい人」に最適!!】ダンロップ新『VEURO VE304』は圧倒的な静粛性!!

 住友ゴム工業はプレミアムコンフォートタイヤの新製品、『ダンロップVEURO(ビューロ) VE304』を3月1日から順次発売を開始。

 ビューロVE304は名称からわかるとおり、従来モデルのビューロVE303の後継モデルとなっているが、どんな進化を遂げているのか気になるところだ。

 ダンロップの最新のプレミアムコンフォートタイヤについて解説すると同時に、リプレースタイヤの魅力、ビューロVE304はどんな人にオススメなのかをタイヤのスペシャリストの斎藤聡氏が考察する。

文:斎藤聡/写真:住友ゴム工業、平野学、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新製品ダンロップビューロVE304は15インチから21まで全64サイズ!!


リプレースタイヤはウリにする性能に特化できる

ビューロVE304はダンロップの最新プレミアムコンフォートタイヤで圧倒的な静粛性の高さがセールスポイント

 リプレースタイヤの魅力は何か。それはある特定の性能を特化させることができるところにある。純正装着タイヤ=OEMタイヤは安全性、運動性、快適性、耐久性などのバランスをとった、言ってみればバランス系タイヤ。

ダンロップの最上級プレミアムコンフォートタイヤがビューロVE304で、全64サイズをラインナップし、幅広い車種に対応している

 もちろんプレミアムクラスのクルマならタイヤへの要求も高くなるからタイヤのグレードも上がるし、スタンダードな性能のクルマならばタイヤにコストがかけられないので、要求性能もそれなり…という傾向にある。

 もちろん、これはリプレース用タイヤについても同じことが言える。ひと口にリプレース用タイヤといっても、プレミアムタイヤからスタンダードタイヤまで性能には大きな違いがある。

純正装着されているタイヤは万人向けに静粛性、グリップ性能、ウェット性能、燃費性能などをバランスさせているのに対しリプレースタイヤは特化できる

 だからすべてのリプレースタイヤが優れているわけではない。ただひとつ言えるのは、タイヤにキャラクターを付けることで、ウリにする性能により重心を置いたタイヤを開発することができる。

ダンロップは低減が難しかったノイズを抑えることに成功

 例えば、今ではいくつかの自動車メーカーに純OEMタイヤに採用される、タイヤ内部に貼る吸音スポンジは、もともとは住友ゴムが開発し2006年にダンロップ ル・マンLM703で初めて採用された技術だ。

 当時はタイヤを叩いた時に響く250Hz前後のノイズは、抑えるのが難しい音域といわれていた。

 その前後の周波数はパターン設計である程度低くできるのだが、250Hz前後の周波数は、タイヤの中の空気の振動である空洞共鳴音が主因なので、パターンデザインでは低減するのが難しいと言われていたのだ。

ダンロップの独自技術のサイレントコアの搭載により空洞共鳴音が主因となる250Hz前後を抑えることに成功。ビューロVE304にも採用されている

 ダンロップはタイヤ内部にスポンジを貼ることで、これを低減することに成功。ル・マンLM703 に続いてプレミアムコンフォートタイヤであるビューロVE303にも搭載される。

 ビューロへの採用によって吸音スポンジの効果が高く評価され世界的に注目を集めるきっかけとなった。そしてこんなチャレンジはリプレースタイヤだからできることでもある。

こだわりのデザインが性能を大きく進化させた

ビューロVE304のトレッド面を見ると4本の縦溝を基調とした非対称のリブデザインを採用。外側3本の縦溝は3D波型グルーブでストレートグルーブは1本のみ

 新たに登場したビューロVE304は、プレミアムコンフォートタイヤとして静粛性をさらに進化させている。具体的には、先代VE303と比べ、パターンノイズを24%、ロードノイズは29%低減している。圧倒的な静粛性がこのタイヤの最大の特長だ。

 トレッドデザインは、4本の縦溝を基調にした左右非対称のリブデザインで、左右のショルダーブロックは溝というよりサイプと呼びたくなる細溝で、ブロックを小さく切り分けているのが特徴。これは静粛性とコンフォート性を高めるためのデザインだ。

3D波型グルーブの効果は絶大で、ストレートグルーブだけでVE303に比べてパターンノイズを24%低減し、ロードノイズを29%低減に大きく貢献

 とても凝ったデザインで、4本の縦溝のうち外側3本はストレートグルーブではなく3D波型グルーブと呼ばれ、微妙に波型を描いた縦溝となっている。

 この縦溝デザインによってロードノイズを大幅に低減。29%のロードノイズ低減に大きく貢献しているのだという。

1年2年経過後の性能も考慮

 静粛性・快適性に軸足を置いたタイヤであることは間違いないのだが、優れた静粛性を実現しながら、タイヤとして求められる安全性も作り込まれているところも、このタイヤの大きな魅力だ。

 タイヤの転がり抵抗とウエットグリップを格付けするタイヤグレーディングでは転がり抵抗がA、ウエットグリップはa(64サイズ中63サイズ)を獲得。低燃費タイヤとしても堂々たる性能を備えている。

 コンパウンドには“水素添加ポリマー”という材料が配合されている。

水素添加ポリマーのイメージ図。ウェットグリップ性能を高める効果がある。また、摩耗時の排水性の低下を抑える効果も併せ持っている

 これはゴムの質をしなやかに保つ働きを持ち、ウエットグリップ性能を高める働きがあると同時に、熱やオゾンと反応しにくい分子構造を持っているので、摩耗時のウエットグリップ性能の低下を抑える働きもある。

 さらに、この4本の縦溝はタイヤが摩耗すると溝幅が広くなるように設計されており、摩耗時の排水性の低下を抑える耐ハイドロプレーンング性能を高めている。

 新品時の性能だけでなく、1年2年経過した時のウエットグリップ性能や、排水性まで考えて作られているのだ。

ショルダー部分には大きく304と入っている

操縦安定性はさらに進化

ビューロVE304は静粛性が最大のセールスポイントだが、操縦安定性も従来モデルよりも大きく向上している点も見逃せない

 そしてもうひとつ、プレミアムコンフォートタイヤで大切な性能が操縦安定性だ。社内テストではレーンチェンジ時のふらつき(ヨーレートピーク)を先代モデルに対して10%向上(少なく)しているという。

 先代モデルのVE303も操縦安定性では評価の高いタイヤだったが、VE304はハンドル操作対してよりリニア(≒素直)に応答してくれる。

 トレッドブロックの(リブ)剛性を整えふらつきを抑えている。

ハンドル操作に対してリニアに応答してくれるVE304は、クルマの挙動が乱れやすいワインディングなども安心して走ることができる

 また、ノイズの低減に役立っているというタイヤケースの一番上に巻かれるベルト=ハイブリッドバンドは、2本の材質の異なる糸を縒って作ることでしなやかさと強靭さを併せ持っている。

 トレッド面の内部の動きを抑えノイズを低減するとともに、高速域ではタイヤ形状を整える役割を持っているのだ。これによって素直な操縦性を作り出す役割も果たしている。

 といった具合に、実はリプレースタイヤでも性能アップは例えばコンフォート性能を高めたぶんベースの性能も底上げしているわけだ。

圧倒的な静粛性

 繰り返しになるが、リプレースタイヤの魅力は、ある性能をより高めることができる点にある。ただし、スポーツカーに快適性、あるいはコンフォートサルーンに必要以上のスポーツ性を求めてもかなわない。

 そのクルマの特長をよりグレードアップするようなタイヤ選びをすることで、リプレースタイヤを選ぶ効果は大きくなるのだ。

 VE304について言えば、その静粛性は圧倒的で、このタイヤを付けるだけで、1ランクか2ランクくらい上の静粛性、快適性が得られるはずだ。

高速道路はスピードが高いため必然的にロードノイズも大きくなる。高速道路を頻繁に使う人で静粛性を求めるならビューロVE304は打ってつけ

 プレミアムサルーンの快適性をグレードアップさせることはもちろん、高速道路で会話がしにくく感じるミニバンや、騒がしく感じるコンパクトカー、そんなクルマに装着しても、たぶんビックリするくらい効果が期待できると思う。

 適切にリプレースタイヤを選べば、いま乗っているクルマがぐっと魅力的になる。これこそリプレースタイヤ選びの真骨頂なのだ。

高級LクラスミニバンのアルファードもビューロVE304を装着すれば室内は装着前よりビックリするくらい静かになること請け合いだ

【画像ギャラリー】新製品ダンロップビューロVE304は15インチから21まで全64サイズ!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ