【「静かに乗りたい人」に最適!!】ダンロップ新『VEURO VE304』は圧倒的な静粛性!!


 住友ゴム工業はプレミアムコンフォートタイヤの新製品、『ダンロップVEURO(ビューロ) VE304』を3月1日から順次発売を開始。

 ビューロVE304は名称からわかるとおり、従来モデルのビューロVE303の後継モデルとなっているが、どんな進化を遂げているのか気になるところだ。

 ダンロップの最新のプレミアムコンフォートタイヤについて解説すると同時に、リプレースタイヤの魅力、ビューロVE304はどんな人にオススメなのかをタイヤのスペシャリストの斎藤聡氏が考察する。

文:斎藤聡/写真:住友ゴム工業、平野学、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新製品ダンロップビューロVE304は15インチから21まで全64サイズ!!


リプレースタイヤはウリにする性能に特化できる

ビューロVE304はダンロップの最新プレミアムコンフォートタイヤで圧倒的な静粛性の高さがセールスポイント

 リプレースタイヤの魅力は何か。それはある特定の性能を特化させることができるところにある。純正装着タイヤ=OEMタイヤは安全性、運動性、快適性、耐久性などのバランスをとった、言ってみればバランス系タイヤ。

ダンロップの最上級プレミアムコンフォートタイヤがビューロVE304で、全64サイズをラインナップし、幅広い車種に対応している

 もちろんプレミアムクラスのクルマならタイヤへの要求も高くなるからタイヤのグレードも上がるし、スタンダードな性能のクルマならばタイヤにコストがかけられないので、要求性能もそれなり…という傾向にある。

 もちろん、これはリプレース用タイヤについても同じことが言える。ひと口にリプレース用タイヤといっても、プレミアムタイヤからスタンダードタイヤまで性能には大きな違いがある。

純正装着されているタイヤは万人向けに静粛性、グリップ性能、ウェット性能、燃費性能などをバランスさせているのに対しリプレースタイヤは特化できる

 だからすべてのリプレースタイヤが優れているわけではない。ただひとつ言えるのは、タイヤにキャラクターを付けることで、ウリにする性能により重心を置いたタイヤを開発することができる。

ダンロップは低減が難しかったノイズを抑えることに成功

 例えば、今ではいくつかの自動車メーカーに純OEMタイヤに採用される、タイヤ内部に貼る吸音スポンジは、もともとは住友ゴムが開発し2006年にダンロップ ル・マンLM703で初めて採用された技術だ。

 当時はタイヤを叩いた時に響く250Hz前後のノイズは、抑えるのが難しい音域といわれていた。

 その前後の周波数はパターン設計である程度低くできるのだが、250Hz前後の周波数は、タイヤの中の空気の振動である空洞共鳴音が主因なので、パターンデザインでは低減するのが難しいと言われていたのだ。

ダンロップの独自技術のサイレントコアの搭載により空洞共鳴音が主因となる250Hz前後を抑えることに成功。ビューロVE304にも採用されている

 ダンロップはタイヤ内部にスポンジを貼ることで、これを低減することに成功。ル・マンLM703 に続いてプレミアムコンフォートタイヤであるビューロVE303にも搭載される。

 ビューロへの採用によって吸音スポンジの効果が高く評価され世界的に注目を集めるきっかけとなった。そしてこんなチャレンジはリプレースタイヤだからできることでもある。

次ページは : こだわりのデザインが性能を大きく進化させた

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ