旧型カローラなぜ今も現役? 間もなく国産唯一の5ナンバーセダンとなる!?

 新型カローラ発売後も実は旧型カローラを“併売”!! 今後、国産唯一の5ナンバーセダンとなる可能性もある「アクシオ」はなぜ今も現役で、いつまで販売されるのか?

 トヨタ、そして日本車を代表するカローラがフルモデルチェンジし、新型が登場したのは2019年9月。今から約半年前のこと。新型カローラは、セダンでは歴代初の3ナンバー車となったことでも話題となった。

 しかし、実は新型の発売後も5ナンバーサイズの旧型「カローラアクシオ」が販売を継続。他社の国産5ナンバーセダンはホンダ「グレイス」(海外名:シティ)を残すのみだが、こちらも海外で新型シティが発表されており、存続するとしても3ナンバー化は必至だ。

 つまり、カローラアクシオがこのまま販売を継続されれば、ついに国産唯一の5ナンバーセダンとなってしまう可能性もある。

 なぜ、新型の発売後も旧型カローラは現役を続けるのか? そこにはどのようなニーズがあるのか? 今後いつまで生産を続けるのかに関する見通しも含めて解説したい。

文:遠藤徹
写真:TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】どれだけ変わった!? 新旧カローラ&プレミオ/アリオンを徹底比較!!


旧型のカローラアクシオ&フィールダーはいつまで販売?

2019年9月の新型カローラ登場後も引き続き販売を継続している5ナンバーセダンのカローラアクシオ

 カローラシリーズは2019年9月17日にフルモデルチェンジし、3ナンバーサイズに拡大された。ところが5ナンバーサイズである従来モデルのアクシオ(セダン)とフィールダー(ステーションワゴン)は1年間継続生産されることになった。

「法人需要を中心にニーズがあるのでしばらく従来モデルを継続販売することにした」(トヨタ)と新型車発表当時に説明していた。法人需要ではレンタカー、企業の社員の業務用が中心となっている。

 それに一般ファミリーユーザーでシニア世代や女性層で取り回しの良い5ナンバーアクシオのニーズが根強いとの見方があったことなどが要因として上げられていた。取り回しがよく、狭い車庫や駐車場でも停車しやすいといったメリットもある。

 実際に一般のファミリーユーザー向けの販売も継続している。

 販売関係者は、「現在でも需要は多少あるので、販売を続けている。ただ絶対的な販売台数は少ないために、ある程度受注がまとまってから生産し、納車する受注生産方式にしているので注文をしてから3か月程度の納期がかかる」(首都圏カローラ店営業担当者)とコメントしている。

プレミオとも競合!? カローラアクシオは予定通り生産終了に?

カローラアクシオは全長4400×全幅1695×全高1460mmと、今では数少なくなった5ナンバーセダン

 1年間の継続期間というのを公表しているので、普通に考えれば今年8月いっぱいでアクシオ、フィールダーは生産中止となる可能性が強い。

 しかしながら、現時点では扱うカローラ店には生産中止するというメーカーからの通達はまだ届いていないので今後どうなるかはっきりしない状況にある。

 加えてトヨタの5ナンバーサイズセダンはまだ他にもある。トヨタ店扱いの「アリオン」とトヨペット店の「プレミオ」である。

 (プレミオ/アリオンに関しては)どちらかに統合され1本化する、両モデルとも廃止になる、まったく新規のニューモデルに集約される、などがこれまでの情報であった。

2007年6月に現行型が発売されたプレミオ。2016年6月の改良モデル(=写真)で現在の姿にデザインを変更。改良を重ねながら販売を継続している

 2020年5月にトヨタブランドは全系列店併売態勢に移行する。この際は両モデルとも継続し従来モデルが全系列店併売になる。

 こうなると1.5L車を中心にカローラアクシオ、アリオン、プレミオの5ナンバーサイズセダンが全系列店で扱われ、競合してしまうので整理する必要が生じてくる。

 現段階では今後どうするかは明らかになっていないので、しばらくこのまま継続し、売れ行きの推移を見ながらどうすべきかを決めて行くことになりそうだ。

 これら5ナンバーサイズセダンでメインに売れているのは、1.5L・NAガソリンモデルだ。

 車両本体価格はカローラアクシオが154万6600~181万600円、アリオンが193万3000~231万2000円、プレミオが194万4000~234万9000円であるから、法人向けであれば安いアクシオを選ぶ確率が高くなるので、アリオン、プレミオは必要なくなるとの見方もある。


 ただ、一般ファミリーユーザーは質感の高い小型車であるアリオン、プレミオの方も好むユーザーもいるはずなので、上級志向者は両モデルのどちらかを選ぶはずである。

最新の販売事情「多くは60歳以上のお客さんが中心」

カローラアクシオとともに、5ナンバーサイズの従来型カローラフィールダーも継続販売されている

【証言1:首都圏カローラ店営業担当者】

 2019年9月にカローラシリーズがフルモデルチェンジし、3ナンバーサイズに拡大した時点では、5ナンバーサイズの「アクシオ」はステーションワゴンの「フィールダー」とともに1年間、法人向けを中心に継続販売するということだった。

 最近はまだ売っているが、オーダーがある程度まとまった段階で組み立てる方式にしているので注文を受けてから納車まで3か月くらいかかる。法人だけでなく一般のお客さんも時々買ってくれる。多くは60歳以上の年配のお客さんである。

 いつまでも新型と旧型を並行生産するわけにはいかないので、秋口には生産が止まるのではないかと予想している。現行プリウスも同じようにしばらく新旧両モデルの並行生産を続けた経緯がある。

2019年9月に登場した新型カローラ。国内仕様のセダンでは歴代初の3ナンバー車となった

【証言2:首都圏トヨタ店営業担当者】

 2020年5月からは全系列店の全トヨタ車の併売がスタートする。この際カローラ、アリオン、プレミオは、そのままとりあえずグレード調整せずに併売すると聞いている。

 同じ1.5Lモデルでもコンセプト、価格、装備内容などが異なるので、お客さんに対しては好みの車種を選んでいただき、どのような売れ行きになるかを見極めてから、今後どうするかを決めるのではないかと予想している。

【証言3:首都圏トヨペット店】

 2020年5月からカローラアクシオ、プレミオ、アリオンと3車種の5月からを扱うことになる。アリオンよりプレミオのほうが価格は多少高いが、モデルそのものは同じだから、いずれはどちらかに1本化されると聞いている。

 最近ではアリオンが残りプレミオが廃止になることが有力になっているようだ。

 カローラアクシオは、2019年9月の新型車発売から1年間の限定での継続販売らしいので、こうなるとアリオンだけに1本化するということになるが、それがいつになるかはまだ明確になっていない。

【画像ギャラリー】どれだけ変わった!? 新旧カローラ&プレミオ/アリオンを徹底比較!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ