【ワゴンR&ムーブの二強を打破!!】日産 デイズがバカ売れ!? 人気の秘訣と最新事情

ルークス登場後も好調をキープ

人気のスーパーハイトワゴンとして最後発となるルークス。デイズとの相乗効果の期待がかかる。月販目標はデイズの7000台の上を行く1万台突破

 2020年3月19日には兄弟車的存在の新型ルークスが発売になり、デイズとの相乗効果によってさらなる攻勢を強めている。

 デイズはハイトワゴンのヒンジ開閉ドアバージョンであり、ルークスはさらに背を高くした、両側スライド開閉ドアを採用したスーパースペースワゴンバージョンである。

デイズは頭上の余裕こそスーパーハイトワゴン軽に劣るものの、上質な乗り心地を実現し快適性が高い。シートの質感も高い

 デイズと基本コンポーネントを共用し、クオリティ、使い勝手、安全対策の強化、プロパイロットの装備に加え、スライドドア開閉の利便性を向上させた、オートスライドドアの装備を加えている。

 ルークスはデイズの月販7000台規模に対して1万台突破を目指している。

 3月下旬現在の納期は新型ルークスと同じ約2カ月、1年経過しても引き続き好調な販売を維持している状況にある。

リアから見るとギュッと引き締まった塊感があるのがよくわかる。個性的なルーフのツートーンカラーの人気も高い

デイズ+ルークスでシェアアップに自信満々

 ライバルはN-BOXを筆頭にタント、スペーシアと軽自動車の主役級が肩を並べている。新型ルークスが今後本格的な販売に入れば、3強の追撃が本格化するのは確実で、どこまで追い上げられるか注目される。

 これまでデイズと合わせてカウントし、これが公表されることでライバル他車との競争状況が読みにくかったが、今回モデルから明確なブランド分けをしている。

日産車はインテリアデザインに定評があり、それは軽自動車のデイズも例外ではない。軽自動車としては上質感があり、素材にもこだわっている

 このことはデイズ、ルークスとも別個に対抗しても十分に戦える商品力を備えているとの日産サイドの自信の表れとも受け取れる。

 日産の販売力そのものはホンダとほぼ肩を並べ、国内2番手を維持しているから、これら新型軽自動車が出揃ったことで今後軽自動車マーケットの台風の目となる可能性もある。

証言1:首都圏日産店営業担当者

 現行デイズは2019年3月28日に発売し、間もなく1年が経過する。現時点でも引き続き好調な販売推移を見せており、納車が約2カ月待ちとなっている。

 今回から日産主体の開発プロジェクトで取り組み、プラットフォーム、エンジン、トランスミッション、駆動系、足回りとも全面刷新したのが売りとなっている。

日産が得意とするマイルドハイブリッドのS-HYBRIDの採用により、動力性能と燃費性能を高い次元で両立させていることは見逃せないポイント

 ホイールベースも延長、室内居住空間の拡大、使い勝手の向上させている。

 エンジンは新開発のマイルドハイブリッドのNAとターボだから走りもよく、ライバル他車を大きくリードしているので競合しても負けるケースは少ない。

 日産の登録車は古い車種ばかりで売りにくい。このため新型の軽自動車にいっそう力が入るので、このことが販売台数の増加という結果に結びついているという事情もある。

ホイールベースを延長したことにより走りのスタビリティが上がると同時に、室内のスペースユーティリティ向上にも大きく貢献

 ルークスも新型になったので、さらに対抗しやすくなっている。ただ先行した新型デイズは新型ルークスと同じ納期で予想以上に健闘している。

 デイズが新しいマーケットを開拓し、後発の新型ルークスの市場を先に刈り取ってしまったという側面もありそうである。

次ページは : 証言2:首都圏日産プリンス店営業担当者

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します